② 治療の真理

テーマ:
今から30年前、父は免許取得の目的で
指圧学校に入った。
手技治療はすばらしい治療法で、
指圧はとくにすぐれている。

全身にくまなく触れ、深部にも進する。
浪越校長は、「押せば命の泉湧く」といったが、
これは治療の極意だといえる。

経絡とか経穴などという形にとらわれないで、
誠心をうちこんでやれば、命の息吹が感じられる。

患者さんの苦しみ、それが楽になっていく
状態が手に取るようにわかってくる。

この積み重ねが、骨盤調整法、
仙腸関節の発見に進展していった。
当時の父は、夜も昼もない、
夜中でも電話がかかれば診にいった。

過労が重なり、自身が激烈な腰痛になった。
私らも一生懸命になって治療したが、
いくら治療してもそばから
過労しているから効果はでない。

それでも患者さんが来ると治療をしている。
なんともかんとも言いようのない凄さだ。

「どんなにひどい腰痛でも、
腰痛では命はなくならない」と、
歯をくいしばってやっていた。
プロの根性、そんな姿を見た。

そのたゆまざる連続、それが骨盤調整法を
着々と完成させていったのだと思う。

毎月2~3回専門家への講習会があるが、
治療技法がどんどん変わっていく。
患者さんに対しても治療法が変わっていく。
こうして得た治療法が講習会で生きてきてるようだ。

普通では、2年3年夢中でやる人はいるが、
80歳過ぎたころには治療法が変わっていき、
単純化し、途切になっていく。
これは驚異としか言いようがない。

どんな病気も適切な治療をすれば治るのだ、
という信念を待っていたようだ。

それが10年ほどして、
病気は患者自身が治すものだ
という考えに変わってきた。

どんなに良い治療をしても、
患者に「治す力」がなければ(老齢とか死病)
治らないのだと知った。

あらゆる病気は、本人の待つ自然良能が治すので、
医、薬、治療は、助手の役目しかできない。

治療は、人の命と対決する仕事なのできびしい、
いつでも追及していなければならない。

自然良能があらゆる病気を治すのだとわかれば、
難症者が治っても当たり前。

どんなに努力しても、
「治らなかった」というのも当たり前である。
つまり、治療をしていて迷いがなくなるわけだ。

治療法には、それぞれ限界がある。
未熟な治療師で治らない病気でも、
高度な技術を待った治療師なら治せる。

より高い技術を修得すれば、
それだけ多くの病人の苦しみを助けることができる。

「技術」は死ぬまで勉強だといわれている。
口では言うが、なかなか実行できないものだ。
まさに言うは易く、行うは難しである。

われわれ弟子たちもうかうかしていられないと思う。
最後に再度いう。
あらゆる病気を治すのは、自然良能(自然治癒力)だ。
その力を発揮させるのが治療法である。


月刊自然良能より


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
健康になったら何がしたいですか・・・?
腰痛 椎間板ヘルニアのことなら津留治療院にお任せください!

腰痛、椎間板ヘルニアでお悩みの方、 治療しても改善がない方
ひとりで悩まず電話またはメールでの無料相談をご利用ください。

長崎市筑後町3-22-803   095-820-5440

腰痛 ヘルニア専門 津留治療院

腰痛119番 津留治療院

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^