不健康のもと三白の害

そして「塩」

これがまた悪い。
健康管理で知られた言葉に
「三白の害」というのがある。

「白い塩、白い砂糖、白米」だ。

精製したものはいけないのである。
なかでも惑いのが塩なのだ。

肥るのに気をつけようと、前項で書いたが、
一般的には甘いもの、
油っこいものが駄目と言われているが、
もっとも気をつけなくてはならぬのは塩である。

日本人は漬物と味噌汁が好きである。
それだけで、いくらでも食べられる。
大食いは当然肥る。

食べものの調味の基本は塩といえるほど、
用途は多種多様にわたる。
塩分は必要不可欠な要素だが、
摂り過ぎは害になる。

統計的にみても、長寿者の多い、少ないは
塩の摂取量に反比例するようだ。

沖縄県がその好例で、
食べものでも漬物が少ない。

反対に漬物が多種ある東北地方では、
塩の摂り過ぎで、
血圧、腎臓等多くの悪例が挙げられる。

また、塩分過多は癌になる可能性が
高いと言われている。


月刊自然良能より

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
健康になったら何がしたいですか・・・?
腰痛 椎間板ヘルニアのことなら津留治療院にお任せください!

腰痛、椎間板ヘルニアでお悩みの方、 治療しても改善がない方
ひとりで悩まず電話またはメールでの無料相談をご利用ください。

長崎市筑後町3-22-803   095-820-5440

腰痛 ヘルニア専門 津留治療院

腰痛119番 津留治療院

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^