継続的な復興支援のかたち

テーマ:
 
先週、名古屋で40年ぶりに最高気温を更新した
とんでもなく暑い日。
 
Amazonの出品ツールを開発提供されている
株式会社カプセルZさん主催のバーベキューに
参加させていただきました。
 
こちらがカプセルZ社長の福田さん
(人生で最大に感謝して尊敬している3人の1人)
 
 

 

とんでもなく暑い日にもかかわらず
集まったのは総勢140名以上…

 

(しかも熱中症になった人は0人)
 
 
このバーベキューパーティーは
毎年開催されているのですが、
 
今回は西日本豪雨災害の
チャリティーイベントとして開催されました。
 
image
(スポンサーとして協力させていただいた記念ののぼり旗)
 
 
もはやバーベキューじゃない。
食フェスだ!ってぐらいの
高級で美味しいお料理の数々…
 
 
なのに、参加費ゼロ…!
 
 
そのかわり、
Tシャツを買ったり、義援金を寄付したりして
被災地の方々に使っていただくというイベントです。
 
 
Tシャツが販売されると同時に
被災地でボランティアされている方に
こまめに義援金を送って
 
避難所の方々への支援や
復旧作業に必要な道具購入に
使っていただいてました。
 
 
 
主催者の福田さん、はじめは
 
偽善者とかパフォーマンスだって言われるかも…
 
とも思ったそう。
 
 
けれど、こういう時にこそ
素直に心を痛められる大人でありたいし、

あれこれ御託を並べずに、
すぐに動ける方が単純にカッコいい大人だ
 
と考え開催してくれました。
 
 
 
そして、豪雨災害から1ヶ月経った今日。
 
 
広島へ直接行き、現地を歩き、
ボランティアの方々や
呉市の副センター長とお会いされたそうで。
(今日現在で支援金約80万円と支援物資を送りました)
 
 
 
バーベキューの時には
たくさんの参加者が
このチャリティーTシャツ↓を着ていました。
※ Tシャツは こちら で購入できます
※ 新しい販売ページも製作中だそうです
 
 
よく見ていただくと
「Z FES」の文字があるのを
お分かりいただけるかと思います。
 
これは、来年5月11日開催予定の
「Zフェス」というイベントにも着ていけるんです。
 
 
こうやってイベントとからめて
チャリティーをやることで、
定期的に復興支援のお手伝いができます。
 
 
 
この前、福田さんが
ボランティアのリーダーの方と
電話でお話された時、
 
 「やっぱりイベントとかにして
 楽しさもセットにしないと、
 継続的にボランティアは
 集まらないと思うんですよね〜!」 
 
と仰っていたそうです。
 
 
それはきっと、
ボランティアだけでなく
復興支援に対する気持ちも同じだと思います。
 
 
 
たとえば、
 
バーベキューに参加した人たちは
来年の夏になったら
 
1年前はこんなことがあったなぁ
あの時は豪雨災害のチャリティーに参加したなぁ
今年も何か支援できるかなぁ
 
と思うかもしれません。
 
 
 
バーベキューには参加しなかったけど
Tシャツを買った人たちも
このTシャツを見るたび
豪雨災害があったことを思い出し、
 
どのぐらい復興できただろう?
 
と考えるかもしれません。
 
 
 
楽しかったイベントの思い出と一緒に
チャリティーのことも考え、
 
広島や岡山、愛媛に旅行して
美味しいものを食べたり
お土産を買ったりすることで
地元の人たちを応援しよう
 
と家族やお友だちと出かけるかもしれません。
 
 
 
ただ心を痛めるだけでなく、
どうすれば応援できるのか?
を真剣に考えることで、
 
単発ではなく継続した応援のかたちを
作り上げた福田さんはやっぱり
尊敬するし大好きです✨
 
 
 
カプセルZのイベント情報は
こちら↓のLINE@で知ることができます
 
真面目なビジネスの話もしてくれたりする
とってもオススメのLINE@です。
 
とりあえずでもいいので
登録しておいてくださいね♡
 
 
ー つるぎ ゆうこ
 
 
 
 
 
PS
このチャリティーTシャツ。
私は白とピンクを買いました。
 
個人的な感想として
想像以上に着心地がよく、
街なかでも普通に着られるデザイン。
 
なんならあと何枚か自分用に
買おうかなと思ってるぐらいです(笑)
 
男性用のTシャツサイズっぽいので
普段、メーカーによって
MやLを着る私でもSでOKでした。
 
チャリティーやイベント関係なく
オススメのTシャツです✨

 

※ Tシャツは こちら で購入できます
※ 新しい販売ページも製作中だそうです
 
 
 
 

自分に合った発信のしかたを

組み立てられる講座申込み受付中

お申込み受付は8/25まで