「島根県西部」の秋を行く | つりざんマンの日記

つりざんマンの日記

ブログの説明を入力します。
小さな食料品店の5代目。63歳の時、身体を壊しリタイヤ。幼少の頃から魚釣りが好き。過去の思い出に浸りながら、今もヨレヨレで竿を振る。趣味多彩だが、どれも花が咲くことはなかったなぁ〜・・ガハッ!そんな毎日の自分日記です。


テーマ:
小学校時代、自分が描いた「火の用心」のポスターが掲示板に貼られて以来、「絵が上手い」と、未だに錯覚しているワタシ・・・(^○^)。

人生65年で、一枚だけ油絵を描いたが、
今、日本画教室で勝負中・・。

島根県浜田で全国学生の日本画大賞展をやっていると言うので・・・

「行って来まーーーーーーすっ!」

鬼女房・・「パート休みじゃ!連れていけ!」

ムム・・・・「ハイ↘。」


で、、秋ドライブを、兼ねて・・
廿日市から標高700mの吉和→六日市
→益田ルートで・・・


吉和はすっかり秋の気配・・・


吉和で一番好きな景色です・・・





六日市の彼岸花はまだ2分咲き・・・


その横の畑は、真っ白な蕎麦の花畑・・・





津和野日原到着。
高津川 イリョウの瀬です・・・


4年前の秋・・この場所でワタシが釣りました・・・




津和野のシバちゃんに電話・・
「もしもし。。益田で一番旨いうどん屋を教えて!♪」

「ん〜〜〜んっ・・人それぞれだけど、僕は『萬栄』(^○^)!」

ナビをセットして、現地到着も、、、
なんと解りにくい↘。
入り口に2台の車で店が見えん↘。
裏に回ると、、駐車場があった・・



間違いなく、、旨ーーーーーいっ!♪♪♪

麺は固たさも丁度いい!♪
 
大満足で、
大将! ごちそうさん!♪♪♪♪




鬼女房・・「益田のうどんがこんなに旨いのならもう一軒!」

えーーーーーーーっ!(汗)
で、、他の店でもう一杯。(^○^)

ダメじゃーーーーっ!
ワタシも鬼女房も消化不良で苦しい (;>_<;)。


石正美術館に到着・・・


ヨタヨタ歩きで館内へ・・


受付のお姉さんに展示説明を聞いてたら、、
鬼女房が突然・・・お腹を押さえて、、

オナラを・・「ブリブリーーっ!↘↗↘↗」

受付嬢・・・・・( ゜o゜)。。えっ?

ワタシ、
逃げるように展示室へ・・・・ド汗。。。!!


先ずは、、石本 正画伯の作品を・・・

(館内 撮影禁止でポスターより・・)

どんな画家の作品を見ても思うが・・
年齢を重ねるほどに迫るものがある!

石本 正 語録・・
燃え尽きるように、枯れ行く姿が一番美しい」(92歳)

ん〜〜〜〜〜〜〜んっ・・・感動!



そのあと、学生達の作品見学したけど、
日本画のイメージからかけ離れてる。。。
日本昔話とウルトラマンぐらいの違いじゃね!
これを現代日本画って言うのだろう。



浜田港です・・・


しまねお魚センターです・・・


買いました・・(^-^)。。。



帰り浜田道・・・
ワタシと鬼女房のオナラが止まらん!

「芸術は爆発だーーーーっ!!!」(岡本太郎)


ほいじゃまた!♪

はたやんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス