うまっす!馬キチくんです!

 

今週末は恐らく今年一番激熱なレースとなるであろう天皇賞秋ですね。

 

アーモンドアイを筆頭に、サートゥルナーリアにダノンプレミアム、アルアインにワグネリアンにアエロリットという顔ぶれが揃いまさに怪獣大戦争の様相。

 

その中でも今回はアーモンドアイが飛ぶという話をします。

エネイブルが負けた凱旋門賞

競馬のG1レースってのは結構法則があって一度起こったことが連続しがちという法則もその一つ。

 

例えば2017年末のイスラボニータ引退レースで完勝の後、有馬記念キタサンブラック引退レースで優勝→東京大賞典コパノリッキー引退レースで優勝という連続が起こり、去年はジャパンカップ3歳牝馬のアーモンドアイ優勝の後、チャンピオンズカップで3歳牡馬のルヴァンスレーヴ優勝、有馬記念は3歳牡馬のブラストワンピース優勝で東京大賞典も3歳牡馬のオメガパフューム。

 

マジでこういうことが起こりがちなのが競馬なの。ってことで絶対女王エネイブルが凱旋門賞で負けたことにより、日本の絶対女王アーモンドアイが天皇賞秋で負ける可能性が無茶苦茶高いと感じてしまう。

 

私が単勝を買う

そしてもう一つの理由として、私が全力でアーモンドアイの単勝を買おうとしているところだ。

 

私の中ではアーモンドアイが負ける理由が全く思い浮かばない。前回3着になった安田記念だがあれは完全に豊さんのロジクライが思い切り斜行した被害をモロに受けたからである。正直あの被害を受けて3着に入ったというのはオルフェーヴルが阪神大賞典で暴走しながら2着に入ったのと同じぐらいえげつない結果だと思っている。

 

そして斤量がライバルよりも2キロ少ない。

 

もはや負ける要素が全く見当たらないわけである。今回も変な馬がよれて邪魔をする可能性があるがそんなの1%あるかないかのレベルだと思う。

 

というわけで予想オッズ1.7倍なら1万円賭けてもいいと思っている。1%ぐらいしか負けるリスクがないたった2分で170%になる投資と考えると本当に割が良い投資だ。

 

まとめ

俺は今年大殺界であり、10月は月の大殺界でもある。そしてその通り、10月はすべての週でマイナス収支になっている。軸が惨敗して紐決着ってのが何回もあって紐のボックスだったら毎週プラス収支じゃねえか!みたいな状態になっとる。

 

ってことで、俺がアーモンドアイの単勝を買うからアーモンドアイが飛ぶ可能性が高いのだ!何ということだろうか!俺が逆神になろうとは!

 

ということで信じるか信じないかはあなた次第です。