馬キチです!

 

G1安田記念が近づいてきましたね。

 

今回の安田記念の目玉と言えばアーモンドアイ

 

強すぎる牝馬として、去年クラシック3冠を達成し、ジャパンカップも優勝。

 

今年はドバイターフも優勝しました。

 

こんな強い牝馬が負けることなんてあるのか?

 

あるんです。

 

なぜそう言えるか?

 

今年の東京競馬場は芝のG1レースが荒れがちだからです。

 

NHKマイル、ヴィクトリアマイル、オークス、ダービーと4連続で10万馬券が出てるのに安田記念が荒れないという予想をするのは流石に無理ってのが理由ですね。

 

超高速馬場により、ペースむちゃくちゃになっているようで、オークスを勝ったデムーロジョッキーはペースが遅すぎて前が残りそうだったから早めに仕掛けたって言っています。逆にペースが速くてレコードタイムになってます…。

 

そんな難しい馬場で休み明けのルメールジョッキーが海外帰りのアーモンドアイに乗って勝てるのか?

 

実力的には勝てると思うが、これだけ荒れるレースが続いている東京競馬場のG1レースなので、荒れると予想したほうがいいように感じる。先週なんて荒れると予想したのにサートゥルナーリアは負けないと言っちゃてる…本当に今年のG1は難しい。

 

今回の安田記念はダノンプレミアムとアーモンドアイに票が集まりそうなので、荒れるとまた3連単が10万オーバーになる可能性が高く、穴等には予想しがいのあるレースになりそうだ。