好きな若手騎手は武藤雅馬キチです!

 

今週末は東京競馬場で久しぶりのG1レース、天皇賞秋が開催されますね。

 

このレースで注目しておきたい騎手を選んでみたので紹介しておきます。

出走予定はnetkeibaさんのサイトを参考にさせてもらっています。

 

ルメール騎手

もはや説明不要な勢いですね。今年は牝馬三冠に菊花賞制覇と無茶苦茶勝っている現在リーディングトップの外国人ジョッキー。

 

レイデオロという昨年のダービー馬と共に参戦予定ですがここも勝って10月のG1レース総なめも感じます。

 

デムーロ騎手

先週の菊花賞は惜しくも鼻差で2着!しかし先に抜け出すというまさに勝ちに行く競馬をやっていたのは印象的で、負けず嫌いなデムーロ騎手の騎乗には今回も期待が持てる。

 

本来重賞の鬼なのでここで中距離最強馬のスワーヴリチャードにまたがり本領発揮するかが見どころ。

 

武豊騎手

今年の重賞の複勝率が高い。ここ最近のG1レースでは3回連続3着だし、その前もオールカマーで3着などなんか3着以内にはちゃんと入ってくる競馬をしている気がします。

 

去年はキタサンブラックで天皇賞秋を制しているだけあってこのレースの勝ち方はわかっていると思われ、今年も期待出来るでしょう。

コンビを組むマカヒキも勝ちはしていないものの安定して掲示板を確保している実力馬なのでダービー勝ちきったこの東京競馬場で一発ハマれば勝ちも期待できます。

 

川田騎手

スプリンターズステークスで優勝した川田騎手は秋華賞でミッキーチャーム2着と惜しいところでした。その前の週は京都大賞典でサトノダイヤモンドとのコンビで優勝しており、かなりこの秋の成績は安定していい成績をおさめています。

 

菊花賞はオーストラリア遠征で回避となったが天皇賞秋は毎日王冠で3着に入ったキセキとのコンビで挑む。

昨年の菊花賞馬であるキセキは春の成績こそ振るわなかったが夏のリフレッシュを終えて秋がこの馬の季節となりそう。

 

和田騎手

スプリンターズステークスでラブカンプーにまたがり2着であり、宝塚記念では1着と人気薄でも上位に来る騎手。

逆に人気丸かぶりの時にはあまり勝たないのでこの騎手の馬を買いたい時は大体単勝オッズが15〜30倍程度の時。今回もヒモにしておきたい騎手ですね。

 

福永騎手

今年のダービージョッキー。大外をぶん回すのが得意で内に入るとなぜか前がどん詰まりになりがちな騎手だったのだが今年はそういうこともあまり見られなくなり普通にどこでも競馬が出来る騎手になったように感じます。

 

コンビを組むのはドバイで同じコンビで勝ったヴィブロス号ということもありここは優勝争いに参加できそうな気がします。

 

天皇賞秋注目騎手紹介まとめ

天皇賞秋は勝ちそうな騎手が勝ちそうな人気馬に乗っているので大荒れは無さそうな感じですがこれだけ有力馬が揃うと誰が勝ってもおかしくなく、非常に楽しみなレースになりますね!