沖縄県の受託事業で「おきなわサイエンスキャラバン」という離島・遠隔地等コミュニケーション推進プロジェクト構築事業がありますが、今回はたのしい教育研究所代表の喜友名一先生による理科の授業が南大東小中学校の中学1年生と小学6年生を対象に行われました。
 先生の授業は、最初にこうしたらどうなるのか、生徒に仮想を立てさせ、それを実際に実験してやってみせる。

 では次にこうしたらどうなる。というように、いろいろと生徒たちの考えを引き出し、生徒をとりこにしていくような授業でした。


 中学1年生の授業


 小学6年生の授業

 とてもわかりやすく楽しい授業でした。こどもたちも大喜びでした。

 喜友名先生ありがとうございました。