自分の認識と疎通する
  • 31Mar
    • 自分とは何者なのか -当たり前を覗いてみる31-

      自分とは何者なのか -当たり前を覗いてみる31-自分とは何者なのか、それは、別のことがで言えば、アイデンティティーや在り方、心や魂など、さまざまな言葉で語られる自分自身のことですね。自分自身に対する理解は、どんなに理解しても理解しきれないことがあります。仏陀やイエスの時代から語られているのですから、人は壮大な歴史をかけて自分探しをしているのかもしれません。自分自身をどう思うのかは、自分自身にしか決められないことです。誰かとの関係はそこには必要ありません。どう思われるのかをついつい気にしがちですが、その時は、「どう思われるのかを気にする自分」になっているだけです。また、自分が決めることについて、自信がないと思いがちですが、その時は、「自信がない自分」になっているだけです。常にどこから出発してどこへ向かうのかに自然と立ち戻っているのが、自分とは何者なのかになります。あなたが見ている世界のすべては、あなたが何者なのかによって映し出される世界です。エネルギー、イメージ、感情、考えに影響を与えているものです。あなたは何者ですか?---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「北海道 Re・riseフェスティバル~北海道が生まれ変わる!SNS3.0」5月24日(土)13:00-16:00★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」★配信Youtube登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 27Mar
    • 図解 今こそ日本が団結する時!コロナ危機を大反転させるクリーンジャパン戦略

      図解 今こそ日本が団結する時!コロナ危機を大反転させるクリーンジャパン戦略東京では都知事の会見が25日に引き続き、27日でも行われてます。このブログのベースとなっている認識技術 nTechの創始者であり、令和哲学者でもあるNohJesuがYoutubeで、新型コロナウィルスについて配信しています。今回は、27日に配信された、「今こそ日本が団結する時!コロナ危機を大反転させるクリーンジャパン戦略」について、勝手に図解解説したいと思います。スライドの一番下にPDFファイルへのリンクを貼ってます。スマホなどで細かい字が見えづらい方はそちらもご利用ください。今回のYoutubeは、政策提言になります。この世界的危機の中、なんとか持ちこたえている日本。しかし、重大局面という単語が知事からも出ている通り、感染拡大に行くのか、持ちこたえるのかに注目が集まっています。NohJesuの政策提言は、新型コロナウィルスを終息させていくための提言となってます。対コロナウィルス戦争というタイトル記事もよく目にするようになりました。ウィルスへの危機に対して、世界中が対策に苦慮しています。政府の対応に初めは批判が集まりましたが、結果的に日本だけが持ちこたえている状況になりました。今後、リーダーの基本方針と一致した国民の行動が要になってきます。ヨーロッパではそれが活かされず、大変な状況になってしまいました。現在の日本政府の基本方針を分かりやすくまとめられたものをリンクしておきますね。「COVIT19に対してい日本がやっていること漫画」ウィルスの潜伏期間は、まだ様々な情報が交錯しています。情報が一致次第で14日間は変化するでしょう。汚染圏と非汚染圏を分けることは、命を守ることにもなり、経済活動を安心安全の環境で行えることも可能とします。非汚染圏を広げていくことによって、最終的には、病院のICUが汚染圏として残ることになるでしょう。今回はここまで。緊急開催として、オンライン会議も予定しています。もう、明後日の開催ですね。無料ですので、ご自宅や移動中などでご参加ください。予定では、ヨーロッパ在住の日本人からの情報共有や医師によるアドバイス、NohJesuによる解析などが聞けることになってます。すらいどのQRコードからサイトへ。サイト内に申し込みがあります。オンライン会議はzoomで行われる予定です。PDFファイルダウンロード---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「北海道 Re・riseフェスティバル~北海道が生まれ変わる!SNS3.0」5月24日(土)13:00-16:00★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」★配信Youtube登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

    • 新型コロナウィルス 心の平和をつくために出来ること 後半

      新型コロナウィルス 心の平和をつくために出来ること 後半自分が未知のことに対して不安を感じるのは誰も同じです。新型コロナウィルス(COVID-19)について、今後と見通しについて、感染したらどうすればいいのか。未知なことだらけだからこそ、これだけ大きな騒動になっているとも言えます。ここでは、自分の心の平和をつくるために出来る事を中心に2回に分けてお伝えしたいと思います。前半はこんなことをお伝えしました。◆問題解決とは、問題の発見である◆何が問題なのかは、分けるところから始める◆不安恐怖が生まれる瞬間◆不安恐怖の認識シュミレーションとやってみて気付いたこと今回は後半です。目次◆どうしてそもそも人間は不安恐怖を持ってしまうのか その法則性とは◆認識のクセが起こしてしまう問題とは◆質問によって心の平和に気付く◆私たちに出来ること◆どうしてそもそも人間は不安恐怖を持ってしまうのか その法則性とは不特定多数の人が不安恐怖を感じるということは、そこに法則性があるということになります。認識技術・nTechでは、その法則性を脳の認識構造で解き明かしています。脳は世界を認識するときにあるパターンをもって認識します。「パターン」を「クセ」と置き換えて、「脳の認識のクセ」と呼んでいます。脳が世界を認識するときには必ずこのクセが働くということになります。脳の認識のクセとは、1.全体をとれず部分だけを認識してしまう。2.共通をとれず違いだけを認識してしまう。3.経験知である過去のデータバンクとつなげて理解してしまう。4.脳の処理によって有限化させてしまう。※詳細はYoutubeにて簡易的に表現しなおすと、脳は部分だけを見て、経験知とつなげて勝手に理解しちゃう。ということです。具体例で表現すると、上司と一緒に飲みに行くと、普段接していた上司とは違う側面と出会うことで、上司の印象が変わる、なんてことが起きますよね。これは、いつも見ていた部分の情報で上司はこんな人だ、と自分が決め付けていたところから、違う部分と出会い、自分の知らない出会いによって、上司への決めつけが変わったということになります。さて、ここからそもそもなぜ不安恐怖を持ってしまうのか、ですが。自分という存在を見るときにも、常に認識のクセが働きます。すると、自分の部分だけを見て、過去とつなげて自分を理解し決めつけることになります。条件によって自分の全体像がコロコロと変わることが起きます。上司の例と同じですね。職場ではこの自分。友達とはあの自分。家族ではあっちの自分。自分という存在がコロコロと変わります。その結果、自分という存在に確信が持てなくなります。ここでいう確信とは、どんな条件でも変わらないという意味です。脳の認識のクセが働くと必ず、確信できない自分が生まれてしまいます。そして自分の足りない何かを見つけてはそれを補おうと、脳が勝手に始めてしまいます。その最も特徴的なのは、他人の目を気にするということです。不完全な自己存在を確立するために、他人を介在させて自分を存在させようと、脳が勝手にやっているんです。その不安定な自己存在という認識が、不安恐怖を生み出しています。存在できなくなることへの不安恐怖ですね。さらに、認識活動は無意識で脳が勝手に行なっているため、漠然としてしまいます。私たちの脳は、自分という存在に関わる情報や事柄について、不安恐怖を反射的に反応するようになっているのです。◆認識のクセが起こしてしまう問題とは私たちは常に認識のクセの影響下にあります。認識のクセに固定していると、部分的な情報だけをとって決めつけ、それを前提に考えや感情を走らせてしまいます。始めにお伝えしたお米が突然なくなった日の僕の反応がそうです。反射的に「お米、ヤバいんだ」と決めつけてしまいました。そのまま考えが走ると、「お米買わなきゃ」と、実際にお米を買うための行動をしていたでしょう。それが問題解決だと思い込んで。でもそうではありませんでした。一週間後にはお米が陳列してあり、その日からは一度も消えたことはありません。つまり、お米がなくなることは僕にとって何の問題でもなかったんです。認識のクセに固定していると、パッと見てふっと思ってしまったことを前提に、疑うこともなく行動に走ってしまいます。その結果が買いだめの現象であり、それによって社会不安を作り出してしまいます。また、デマや根拠のない取り組み、部分的な情報に振り回されることになります。では、どんな変化を起こすことが出来るのでしょうか。それは、脳が勝手にパッと見てふっと思ってしまうことを疑うこと。前提を観察する質問を自分自身に問うことです。◆質問によって心の平和に気付く前半を含め、ここまでを簡単に振り返ると、・問題解決とは、問題の発見と解決する準備。・新型コロナウィルス騒動の原因は、コロナウィルスではなく、漠然とした不安恐怖。(感染の原因は新型コロナウィルス)・漠然とした不安恐怖は、脳の認識のクセが原因。・認識のクセによって、反射的にパッと見てふっと思ってしまい、それを前提に考えが走ることを防ぎたい。不安恐怖に陥ってると、心がフアンフアンしてしまいます。この反対を心の平和とすると、今回お伝えしたことは、心の平和は自分達で守ることができるということです。では、その準備をしましょう。結論から言えば、準備することは質問です。質問によって、脳がパッと見てふっと思ってしまった勝手な決めつけと、自分の心を分けていきましょう。質問・あなたにとって何が問題なのか。・なぜ他の考え感情ではなく、その考え感情を生み出したのか。・その世界を生み出しているのは誰か。・その世界を生み出していきたいのか。・自分が生み出した世界の中にどんな自分がいるのか。スーパーでお米がなくなったことを事例にシュミレーションしてみます。Q:お米がスーパーになくなることの何が問題なの?A:普段の生活が出来なくなるQ:なぜ他の考え感情ではなく、その考え感情を生み出したのか?A:お米を買いたいときに買えなくなるのは不安だからQ:その世界を生み出しているのは誰ですか?A:買いたいときに変えなくなる不安を作っているのは自分自身Q:その世界を自ら生み出していきたいの?A:生み出したくはない、仕方なく生み出しているQ:その生み出した世界の中にどんな自分がいるの?A:安心安全でいたい自分がいるQ:不安を作り出したのは誰ですか?A:私です安心安全でいたい自分が、自ら不安を作り出していることがわかります。もちろん、ウイルスや生活用品など現実的な対応は、それはそれとして取り組む必要はあります。しかし、心の不安恐怖を物質や現象で解決できるのは一時的ですし、現象をパッとみて不安恐怖が助長することにもなります。これでは、家にどれだけ生活用品を溜め込んでも、心が休まることはありません。まずは、存在現象と認識を分けること。存在現象としてすべきこと、認識に対してすべきことを整理すること。認識に対しては、問いかけを自らにすることで、自分が不安を創り出している事を確認しましょう。その自分が変わらない限り、不安は消えることはありません。脳が勝手に作り出してしまう、パッと見てふっと思うことによる不安に振り回されないぞ!と決めることです。そこから心の平和を作ることですね。◆私たちに出来ること私たちにできることをまとめてみました。現実的に行えること・ワイドショーのように不安要素の高い情報を制限する・信用の高い情報源を複数持つ・自分の考えや感情などを紙に書き出す・1ヶ月程度の生活用品の備蓄を行う・新型コロナウィルスへの感染拡大防止の対応を行う心の平和をつくる・存在現象面と認識面と分けて考える・何を認識しているのかを質問して明らかにする・脳がパッと見てふっと思うことに振り回されないと決める・すぐに問題解決へ行動せず、何が問題でどんな準備が必要なのかを質問する・一人で取り組まず友人と連帯を作って取り組むまだまだ新型コロナウィルスの影響は消えることはなさそうです。ニュースでは、様々な問題が取り扱われ社会不安は増していくでしょう。しかしどんな時も、自分自身の不安恐怖やパッと見てふっと決め付けに振り回させるのではなく、アインシュタインやリンカーンの言葉のように、自分が何をすべきなのかを落ち着いておさえていきましょう。心の平和を一緒に創っていきましょう!◆nTech 認識技術が開催する新型コロナウィルスの不安恐怖に私たちに出来る事を、ポストコロナ時代へ向けて会議を行います。無料での開催ですので、ぜひご参加ください。(!)緊急開催(!)ピンチをチャンスに大反転!ポストコロナ on-line会議*****3月29日 20時30分~22時参加費:無料zoom開催*****HP&お申し込みhttps://peraichi.com/landing_pages/view/postcovid19◆不安恐怖への対応で参考になる情報もいくつか記載しておきますね。特別番組「いま あなたの不安は何ですか?」https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/special-program_0316/新型コロナウイルスなど、不安からくる"ストレス"に対処するには?https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1168.html臨床心理士に聞く、新型コロナウイルスによる不安や心配への対処法https://www.lifehacker.jp/2020/03/209173how-to-deal-with-coronavirus-anxiety.html新型コロナウイルスはどうして人を不安な気持ちにさせるのか?https://blog.counselor.or.jp/business_p/f535新型コロナウイルスで広がる不安。医師、木村知さんインタビュー。「検査結果は絶対ではありません。体調が悪ければまず休むことを徹底してほしい」https://kadobun.jp/feature/interview/ctjo98oyd5sg.html新型コロナウィルスと社会不安、メンタルヘルスhttps://news.yahoo.co.jp/byline/nishidamasaki/20200301-00165332/心理学者に聞いた、新型コロナウイルスの不安への対処法https://www.businessinsider.jp/post-208557【緊急調査】新型コロナウイルス感染症に関する 国民アンケートを実施しましたhttps://www.atpress.ne.jp/news/207975新型コロナウイルスの影響で、不安な気持ちを抱える子どもたちの心のケアhttps://www.plan-international.jp/news/info/20200304_21594/---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「北海道 Re・riseフェスティバル~北海道が生まれ変わる!SNS3.0」5月24日(土)13:00-16:00★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷3/28★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」★配信Youtube登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 25Mar
    • 新型コロナウィルス 心の平和をつくために出来ること 前半

      新型コロナウィルス 心の平和をつくために出来ること 前半認識の専門家として、このコロナウィルス関連の騒動に、何を言わなければならないのだろうか、何が出来るのだろうかと、この一週間ほど考えていました。ようやく、自分の所属している組織へその提案を投げることが出来たので、このブログでも発信できればと思います自分が未知のことに対して不安を感じるのは誰も同じです。新型コロナウィルス(COVID-19)について、今後と見通しについて、感染したらどうすればいいのか。未知なことだらけだからこそ、これだけ大きな騒動になっているとも言えます。ここでは、自分の心の平和をつくるために出来る事を中心に2回に分けてお伝えしたいと思います。目次(前半)◆問題解決とは、問題の発見である◆何が問題なのかは、分けるところから始める◆不安恐怖が生まれる瞬間◆不安恐怖の認識シュミレーションとやってみて気付いたこと◆問題解決とは、問題の発見である二人の言葉をご紹介します。アルバート・アインシュタイン「私は地球を救うために1時間の時間を与えられたとしたら、59 分を問題の発見に使い、1分を解決策の策定に使うだろう。」エイブラハム・リンカーン「もし8時間、木を切る時間を与えられたら、そのうち6時間は私は斧を研ぐのに使うだろう。」私たちはすぐに問題解決や行動に移そうとしてしまいますが、重要なのはそこではないよという言葉ですね。アインシュタインは、問題発見の重要性。リンカーンは、準備の重要性です。つまり、問題を解決するには、明確な問題の発見と解決する準備が必要であり、発見と準備が問題解決なのだということです。ここから、こんな質問が浮かび上がってみます。「新型コロナウィルスは、あなたにとって何が問題ですか?」◆何が問題なのかは、分けるところから始める先日、仲間うちで質問をしてみました。「新型コロナウィルスは、あなたにとって何が問題ですか?」・トイレットペーパーやマスクが無いこと・消毒するアルコールがいつもお店に置いてない・いつまでこの状態が続くのか不安・収入や雇用が失われるかもしれない出てきた答えはこのような感じ。同じような答えが浮かぶ方も多いと思います。実は、これらの答えは、新型コロナウィルス原因ではなく、普段の日常が送れないという不安恐怖が原因です。もし、スーパーにいつもトイレットペーパーが置いてあれば、トイレットペーパーの不安は消えるでしょうか?もし消えるのであれば、それは新型コロナウィルスが原因ではないことになります。見通しや雇用も、同じです。ここでひとつ整理すると、存在現象の観点で見れば、問題は感染であり、その原因は新型コロナウィルスとなります。この場合は、ちゃんと専門家の示す感染予防やウィルスへの対応が必要となります。認識(心理)の観点で見れば、問題は普段の日常が送れなくなることです。その原因は、私たち一人ひとりの中にある漠然とした不安恐怖となります。私たちはどこかで、今起きている騒動のすべてが、新型コロナウィルスに原因があると思い込んでいます。医学的な知識を持たない私たちには、新型コロナウィルスを統制することはできません。しかし、私たちの中にある漠然とした不安恐怖が原因で起こる騒動は、私たちにも統制することは出来ます。新型コロナウィルスが原因で起こる問題と漠然とした不安恐怖で起こる問題を分けることによって、私たちがすべきことが見えてきます。◆不安恐怖が生まれる瞬間僕がよく使っているスーパーのお米が、突然すべてなくなった日がありました。それを見た僕は、「お米、ヤバいんだ」と、パッと見てふっと思ってしまったんです。いつもあるはずのものが全部無くなっただけで、脳が勝手に新型コロナウィルスと因果関係をつなげて、不安を生み出してしまったんです。ネット上でも同じような報告が紹介されていました。「訳あってちくわを大量購入した時に起きた人間特有の心理に複雑な気持ち」なんだ、僕だけじゃなかったんだな(笑)他人事だと、ふふふと笑ってしまいますが、いやいや誰もがそうなるんですよ(笑)◆不安恐怖の認識シュミレーションとやってみて気付いたことでは、漠然とした不安恐怖が何を生み出してしまうのかをちょっとシュミレーションしてみます。〇現象面漠然とした不安恐怖→パッと見てふっと危機感を感じてしまう→漠然とした不安恐怖を存在現象で解決しようと買いだめをする→他人の買いだめを見て不安恐怖の感染が広がる→情報が拡散、デマが広がる、物資の不足→自宅待機、日常生活の崩壊→経済への影響、雇用不安、収入への不安→投資の回収、資産の移動、世界経済不安〇感情面漠然とした不安恐怖→パッと見てふっと危機感を感じてしまう→不安恐怖を存在現象で補おうとする→思った通りならないことと出会う→他人を審判・判断する、自分を評価する→内側に引きこもりがちになる、自分の基準や観点の固定が強くなるこのシュミレーションが正解だというつもりはもちろんありません。ざっくりとしたシュミレーションです。これを自分がやってみて気付いたことがあります。・人間は常に不安恐怖と隣り合っている。新型コロナウィルスはそのきっかけだったということ。・「人間vsウィルス」の形で表現されることが多いが、実は「人間vs不安恐怖」を有史以来ずっと続けているようだ。・一人ひとりの漠然とした不安恐怖が増大するのか克服されるのかで、経済や国内の雰囲気、個人の日常生活などへの影響が大きく変化する。今回の新型コロナウィルスのように、未知のものであり、想定を超えた感染力を見せつけられると、人間の不安恐怖は爆上がりしてしまい、これまで蓄積してきた社会インフラや秩序、生活慣習を、人間みずからが壊してしまう、そんな側面がどうやらあるように思います。私たちは、ひとり一人の中にある漠然とした不安恐怖に向き合い統制する術を、文化として身に付ける段階にいるのかもしれません。パラダイムシフトですね。では後半は◆どうしてそもそも人間は不安恐怖を持ってしまうのか その法則性とは◆認識のクセが起こしてしまう問題とは◆質問によって心の平和に気付く◆私たちに出来ることをお伝えしますね。---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「北海道 Re・riseフェスティバル~北海道が生まれ変わる!SNS3.0」5月24日(土)13:00-16:00★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷3/28★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」★配信Youtube登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 23Mar
    • 日本政府の新型コロナウィルの基本方針を知っていますか?

      日本政府の新型コロナウィルの基本方針を知っていますか?今日はちょっといつもとテイストを変えて、ここ一週間ほど、とても気になった日本の新型コロナウィルスへの政策についてお伝えします。日本政府の新型コロナウィルの基本方針を知っていますか?日本政府の新型コロナウィルの基本方針は、「感染した人の集団が次のクラスター(集団)を生み出すことを防止すること」なんです。すべての感染者を見つけ出して隔離することではありません。実は僕自身、一週間前まで知りませんでした。クラスターという単語は幾度となく聞いていましたし、海外の情報を聞くと日本はうまくいっているんだな、程度にしか考えていませんでした。より理解を深めていく中で、今では少し危機感を感じています。今日本は、欧米のように爆発的な感染となり都市を封鎖する、数歩手前にいるんだと個人的認識をしています。そのきっかけとなったのが、最前線で活躍されている押谷仁教授が持っている懸念です。押谷教授は、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議のメンバーです。世界保健機関 (WHO) 西太平洋地域事務局にて感染症対策アドバイザーとして勤務した経歴や、SARSへの事態収拾への対応に尽力された東北大学大学院医学系研究科微生物学分野教授です。押谷教授が、TV番組の中で、政府の基本方針を国民が理解していないことが、爆発的な感染拡大となる懸念を感じていると発言したことに、ゾクっとしました。確かに、僕は知りませんでした。大規模なイベントはさすがにまずいよなと思ってましたが、お花見?いいんじゃない。どちらかといえばダメだろうけど。でも、今しかできないしね、、くらいにしか考えていなかったんですね。↑こういう人が、感染拡大のきっかけをつくっちゃうんです。僕の危機感はこれくらいにして、日本政府の基本方針を分かりやすく説明している記事をいくつか紹介しますので、ぜひ一読ください。今、国内の新型コロナウィルスを押さえ込むことができなければ、都市封鎖しなければならないほどの感染拡大へと向かうことになります。日本の私たちに出来ること、すべきこと。今このタイミングで、理解する大事な内容です。政府方針が理解されていないことでまねく感染拡大が今、懸念されています。◆オーバーシュート起こさないためにすべきことhttps://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200322-00169120/ ・日本の患者増加は比較的抑えられている? ・都市部ではジワジワと患者数が増加している ・クラスターから流行が広がっている ・クラスターの連鎖、メガクラスターの発生で日本もオーバーシュート(爆発的増加)が起こりうる ・オーバーシュート(感染者の爆発的増加)を起こさないために我々にできることは?◆『Bloomberg通信がなぜ日本で感染爆発しないのか分からず、困っていたので、上から目線で教えようという妄想』のまとめhttps://togetter.com/li/1483987新型コロナウィルスに関する情報をTwitterで発信している@tsukuru_ouuさんが、ニューヨークにあるブルームバーグ通信社が配信した記事に対して、日本の政策をシンプルに分かりやすくまとめた内容です。ブルームバーグ通信社が配信した記事もまとめ内にあります。◆新型コロナウィルス 日本政府基本方針https://www9.nhk.or.jp/nw9/digest/2020/02/0225.htmlこちらの資料はNHKが2月25日にまとめた、日本政府の基本方針です。TV番組で行われた内容をテキストで配信しています。日付は少し前ですが、クラスター感染への対応を分かりやすく伝えています。◆参考 イギリス 政府方針https://news.yahoo.co.jp/byline/onomasahiro/20200321-00168922/こちらは日本の政策の比較としての資料です。状況に合わせて基本方針を変えざるを得ない混乱が読み解けます。また同時に、中長期的にコロナウィルスの危機が収束するとはどういうことなのかについても語られています。

  • 16Mar
    • 質問上手になる -当たり前を覗いてみる30-

      質問上手になる -当たり前を覗いてみる30-今日、住んでる賃貸のオーナーさんとケーブルTV屋さんが話しているところに出くわして、一緒に数分ほど雑談することがありました。オリンピックもあり、4K対応のサービスが当たり前になるよとか、そのうち5Gになるよとか、身近な雑談にまで、新しいフェーズの話題が出てきたなと感じてました。情報をたくさん持ってたり、分析が賢い人でも、質問して相手の宇宙を引き出すのは難しいものです。僕も、すっと欲しかった情報は質問でした。言葉に出来ない、そのさらに奥にある何かを引き出してほしいと、ずっと思ってた時期がありました。数十倍に拡大する情報よりも、たったいくつかの質問で人生が軽くなったり、方向が変わることかあるもんです。よい質問はよい気付きをくれます。よい気付きはよい選択をくれます。よい選択はよい行動をくれます。よい行動はよい出会いをくれます。よい質問と出会うのか、それともよい選択肢と出会うのかは大きな違いです。最近、出会った質問は何ですか?---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「北海道 Re・riseフェスティバル~北海道が生まれ変わる!SNS3.0」5月24日(土)13:00-16:00★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷3/21、3/28★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」★配信Youtube登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 10Mar
    • 情報が一般化したその先は -当たり前を覗いてみる29-

      情報が一般化したその先は-当たり前を覗いてみる29-TV離れが若い世代を中心にどんどん進んでいるようです。特に10代、20代、30代はTV離れが進み、50代以降の人はそれほど変わらずという統計データが出ています。理由は、「スマホとインターネットで情報は十分だからTVはそもそも家に無い」「TVのコンテンツがどれも一緒でつまらない」という理由のようです。それによって、情報がTVのように画一的な内容から、コモディティ(一般)化して多用化しています。このコモディティ化は、これまでにもたくさん私たちは経験しています。歌のうまい人しか人前で歌えなかった時代から、カラオケによって人前で歌うことがコモディティ化しました。料理が得意な人しか振舞えなかった美味しいレシピが、クックパッドによってコモディティ化されました。グルメな人しか知らなかったお店の情報が、食べログによってコモディティ化しました。特定の人だけの情報がコモディティ化することで、たくさんの人が得られるようになったんですね。そのために競争拡大と経済の活性化が起き、個人が豊かさと出会う機会が圧倒的に増えました。それらの影響がもっとも現れているのが、コミュニケーションです。知っている情報を共有したり、持っているスキルを教えたりと、自分だけが持っている情報を伝えるコミュニケーションが当たり前になりました。その結果、情報を発信することのコモディティ化が起きています。誰もがみな、情報を伝える側になっているんですね。その結果、そんなコミュニケーションがつまらなくなってきています。では逆に、どんなコモディティ化が起きるとより人との出会いが面白くなるのでしょうか。それは、人の内側からの創造性を引き出すコミュニケーションです。つまり、「伝える」とは逆の、「内面を引き出す」スキルのコモディティ化が起きた時、新しい時代が始まったといえるかもしれません。Youtubeの次は、人間の内面を創造性に変えていくコンテンツが時代の主流になっていくかもしれません。まぁ、僕が望んでいる未来なんですけど(笑)あなたが思う、一般常識化してほしいスキルは何ですか?---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「北海道 Re・riseフェスティバル~北海道が生まれ変わる!SNS3.0」5月24日(土)13:00-16:00★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷3/14、3/21、3/28★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」2月28日(金) 14:00-16:30・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」★配信Youtube登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 08Mar
    • 心を磨くには -心を磨くには28-

      心を磨くには -心を磨くには28-人間力や人間関係力が必要な時代になっていくと言われていますね。単純作業や計算業務、さらに総合判断などはAIが代行していくというニュースは今でも耳にします。逆に、創造的な仕事や心理学、問題発見、異なる価値観を疎通する力などは人間の力が必要なんだそうです。その上で、心を磨くってどう考えればいいんでしょう?シンプルに考えると、心を磨くには心と出会うことです。四角い心が丸くなるには、さまざまな心と出会う必要があります。では、実際に心と出会うってどうでしょう。言葉では簡単に表現できますが、結構難しいと思う方は少なくないんじゃないでしょうか。人間を代行できるAIの登場によって、注目されるのが、心を中心とした考え方です。・心と心が出会うにはどうすればいいのか。・心から考える・感じるとはどういうことか。・体の自分ではなく、心そのものの私になるにはどうすればいいのか。人の中心を心とするなら、体や考え、感情の出会いは表面的な出会いと言えるかもしれません。ちなみに、日常使う単語に「心の」を付けてみてください。心の人間力、心の関係力、心の仕事、心からの創造、心の家族、心の感情、心との出会いetcちょっとニュアンスが変わってきませんか?脳の認識する力には、ちょっと概念を変えるだけで、感じられる世界が変わり、そこから生まれる発想やイメージを変えていくことが出来ます。これからの時代は楽観的に見ると、人間がもっとも人間らしい時代となるかもしれませんね。もちろん、心を磨いた人が実感する世界だと思いますが。最近、心と出会ったのはいつですか?---------------------------------------------♪♪お知らせ♪★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷3/14、3/21、3/28★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」★配信登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 06Mar
    • 大阪で明日開催予定の教育系イベント、オンライン開催へ

      大阪で明日開催予定の教育系イベント、オンライン開催へ数か月にわたり準備してきた大阪でのイベントが、コロナウィルスの影響でオンラインの開催となりました。「大阪 Re・riseフェスティバル~Dignity2.0×SNS3.0で時代が変わる」https://rerise-festival.com/数週間前の首相からの学校休校養成、そして大規模開催のイベントの自粛要請。気持ちではコロナウィルスには負けないぞ!と言ってましたが、現実的にはね、いろいろとしなければならないこともあり、オンラインでの無観客イベントとなりました。僕は東京から大阪の支援ということで、大阪でイベントのポスターやチラシを設置して頂けたお店のリスト管理やマップへの掲載作業をしていました。大阪の実行委員のメンバーがコツコツと、寒い日も雨の日もお店を回って、設置して回って得られた協力店です。動ける人が多いわけでもない中で、声を掛け合いながら回ったお店は800店舗を超えます。実際に何かしらつながれた協力店は356店舗。2019年12月20日ごろから回り始めた数です。お正月を抜かして、約77日間でこの数字!すごいですよね。まだ、報告の上がってきていない情報もあるので、もう少し数は伸びるかな。大阪市北区を中心に回ってますので、見かけることもあるかもですよ。中には、イベントに興味を持って、「行くよ!」という方も20人ほどいたそうです。他にも、お店の方が主催しているイベントにゲストで呼ばれたり、店舗や地域の活性化のお話を上がってきているようです。やっぱり大きく動くと、それだけ反応もあるんですね。ちょうど今、前日のお昼は、特につながりの深い協力店へ、最後のご案内をしている頃ですね。本当なら、当日のイベント会場でスクリーンに協力いただいたお店と写真を流し続ける時間もあったはずなんですが、残念ながらその時間は無くなりました。せっかくなので、ここで少し。インスタにも載せているアカウントがあるので、そちらもご紹介します。あっ、そうそう、イベントの内容ですが、このイベント、実は大阪3.0構想を掲げて、世界基軸教育を提案するイベントなんですよ。しっかりと趣意書もあるんです。大阪3.0構想 趣意書.pdf江戸時代の天下一の大阪 1.0、明治以降の東洋一の大阪 2.0。そして、現在、東京一極集中や、人口減少による国内需要の低迷とデジタル至上主義化の時代に、世界を底上げする大阪 3.0 構想。地元の新聞紙にも掲載して頂いたり、ご紹介してくださる方がいたりと、本当に多くの方の協力があった、今回のイベント。イベントスタッフいわく、当日配布予定だったパンフレットだけでも、ひとつのセミナーが開催できる内容が詰まっているとのこと。オンライン開催のチケットを購入していただければ、このパンフも届けてくれるそうです。さて、僕はどこで視聴しようかな。チケットの申し込みは、↓こちらhttps://t.livepocket.jp/e/200307osakaチケットを申し込みいただくと、視聴可能なURLが届きます。注意が必要なのが、そのURLをLINEなどのアプリから開くとうまく開けないこともあるそうです。chromeやSafariなどブラウザで開くとよいようです。

  • 24Feb
    • 否定の反対は本当に肯定なの? -当たり前を覗いてみる27-

      否定の反対は本当に肯定なの? -当たり前を覗いてみる27-自己肯定の必要性って何かと話題になりますが、その解決法として「否定」をしないことをよく目にします。つまり、「否定」を否定していることになりますね。もうちょっと正確に言えば、人格や個性、尊厳に対して否定するのは良くないよということですね。でもちょっと待ってください。「否定」ってそもそも本当にダメなんでしょうか。実は、私たちは何度肯定されても自分という存在を確立することは出来ません。これはなぜなんでしょう?それは、肯定されてもそれは自分の部分を肯定しただけ、だからです。部分だけを肯定されても、自分のすべてを肯定されたわけではないから、確立まではいかないんです。だとしたら、否定も同じはず。どんなに否定されても、それは自分の存在のすべてを否定されることはないということになります。大人になり色々と知恵がついてくると、ちょっと肯定されても自信にはならなかったりします。でもちょっと否定されただけで、感情的になったりしますね。不思議です。肯定の反対は否定ではなくなっているようです。じゃぁ否定の反対って何でしょう?ちょっと否定の反対を考えてみました。しっくりした言葉は、安心です。現代の否定を前提に考えると、肯定よりも安心を求めている気がします。肯定は、能力や出来る人として認めるようなニュアンスがあるように感じます。でも否定は、心にズシンと刺さりますよね。だからこそ「否定」を否定する傾向になっているのかもしれません。では、どうして安心と否定が繋がるのでしょう。もはや否定は論理的なものではなく、感情的な言葉なのかもしれません。(←これを書いてて初めて気付きました)否定されたときって、自分という存在さえも感情的に捉えているような気もしてきました。あなたは、否定されたときにどんな感情が出てきますか?---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「大阪Re・rise Festival」Dignity2.0 × SNS3.0で時代が変わる3月7日(土)13時~16時★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」2月28日(金) 14:00-16:30・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」★配信登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 22Feb
    • 経済的な自由は得たのに、なんかモヤモヤしてしまう

      経済的な自由は得たのに、なんかモヤモヤしてしまう友人とこんな話をしてました。自分で起業して、経済的にはある程度自由になれた。自分がやっていることは嫌いではないし、続けていきたいとも思っている。このチャレンジで自分も変化できたと思う。でも、変化する前から何も変わらない自分もいる。その自分がどうやら不安を感じているようだ。これってどうすればいいの?本人は悩みってほどでもないんですが、モヤモヤはどこか感じてスッキリしない状況。日常生活はなにも不自由がない、、でもなんか引っかかってる。こういう話に認識技術から何が言えるのか、ちょっとまとめてみます。結論としては、・何にとらわれているのかを特定することが必要・自分のことを決めていないから起きる悩み・すべては脳の認識構造に原因があるです。◆今の経済的自由はなぜそこまでできたの?まず、自分で発信して経済的自由を得ようと思ったのはなんで?と掘り下げていきました。いきついたのは、「自信を付けたかった」ということ。自信を付けたくてチャレンジしたことが、今はうまくいっているんですね。本人の中では、その部分においては自信があるとハッキリ言い切ってました。じゃぁそのモヤモヤって何よ?って聞くと、「それがね、自信がないのよ」と本人が話しながら自分で気付いていましたが、自信を持ちたくてチャレンジしたことがうまくいっているはずなのに、自信がない自分がいる。ちょっと聞いただけでは理解できないですよね。そこでこんがらがってました。つまり、今自信が持てているのは表面的な「私」であって、もっと根本的な自分は「自信がない」と感じているということ。友人が何にモヤモヤしているのかというと、「自分に自信がない」ということだったんです。◆その原因はどこに?この自分に自信がないということを掘り下げていくときに、「そういえば、小さいころから感じていたことだったかも」努力して経済的にはうまくいったので忘れてしまっていたようです。こういう話になると原因捜しを始めてしまいますよね。例えば、家庭環境から影響を受けたからとか、親が忙しくてかまってくれなかったとか。この時に、存在や現象に原因を持ってきてしまうと、自分の変化が出来なくなってしまいます。認識技術を学んで、自分の認識と疎通をするという取り組みを経験して分かってきたことは、存在や現象にアプローチするのではなく、認識にアプローチをすることの重要性です。この友人の場合だと、自信がないと感じているのは、間違いなく「今ここにいる私」なんですね。今の私が何をどう思っているのか、どう感じているのかを観察していくと、「部分的な情報だけですべてを思い込んでいる」ことが観えてきます。友人の場合だとそれは、「親がかまってくれなかったこと」だったんですね。話を聞いていくと、まったくかまってくれなかったわけではないんです。旅行にも連れて行ってくれたし、高い学費も何も言わず払ってくれた、愛されているなと感じてもいる。でも、妹が生まれてからかまってもらえなくなったと。この部分だけが本人の中では、「私はかまってもらえないんだ」という思い込みになり、その「私」が今ここにいるんだ。となっていました。◆何が変わるべきなの?子どもの頃に自分のことを決め付けて、その私のまま今を生きている。この状態から変化を考えていくと、「かまってもらえる私になる」って思ったりしませんか?友人も同じことを言ってました。でも、よく見てみると受動的な言葉です。受動的な言葉で表現する人って多いんですが、実はこれでは、何も変われません。自分以外の人って、基本自分の思った通りにはならない人です。逆を考えると分かりやすいんですが、自分が他人の思った通りに常に行動するって、どうですか?絶対にないですよね。ありがちな言葉ですが、相手に変わってほしいと思うことは不幸の始まりです。つまり、「受動的な私」から「主体的な私」になること。これは友人のいきついた「何を変化すべきなのか」の答えでした。言い換えると「私が決める、私になる」ここまで来ると、あることが観えてきます。この友人の場合の「自信」とは、誰かがかまってくれること。受動的なニュアンスになっているということです。「誰かがかまってくれた結果、自信が持てる」と思っていた。でもそうじゃないんだと。「私が決めるから自信が持てる」という私になりたくない?ということですね。自分のことを決めていく経験を蓄積すれば、自信があるかないかで考える事悩むことは無くなるものです。自信が持てる世界のことを、あーだこーだと考える人はいません。◆ここからどのように変化するのか自分の認識と疎通が出来たら、次に考えたいのは具体的な変化ですよね。具体的な変化の時に、必ず考えなければならないことがあります。それは、そもそもなぜ人間は「自分のことを決められない」悩みを持つのか。ということです。変化は、具体的で客観的な観点を使わないと、よく迷子になってしまいます。変化したのかしてないのかさえ分からなくなるんです。個人の世界は、主観的で感覚的です。個人の世界の中で変化を起こそうとすると、必ずごちゃごちゃになって、根本的な変化までは至りません。確実な変化をするには、個人から抜け出して、人間という尺度で見ていくと、自分のことがよりシャープに見えてきます。そこで使うのが、認識の構造です。Youtubeに載せているで、時間がある時に見てみてください。不特定多数の人が同じ悩みを持つのであれば、そこには法則性があるということ。その法則性を脳の認識構造に基づくことで、なぜ「自分のことを決められなくなるのか」が分かるようになります。結論からいうと、脳の認識のクセが必ず「部分だけ」しか認識できないからなんですね。自分という存在の全体を認識できない。部分だけを認識して、「私は、、」と思い込んでしまう。すると、自分という存在に確信が持てなくなる。何か足りないと感じる。何か補わないと、、、と考えが走ってしまいます。それが、実はすべての悩みの原因なんです。部分しか認識しない脳の構造の影響を受けた考え感情を走らせている限り、この悩みは消えることはありません。この認識構造を深く理解すること、そして認識構造に基づいた考える力を身に付ける事が必要になってきます。そろそろ字数が多くなってきたので今回はこの辺で。Youtubeに解説は出していますが、理解を深めるには自分事とつなげていくことが一番の早道です。対面で講座という形でも行ってます。そちらであれば、本人の具体的な事例とつなげながら理解を進めていくことが出来ます。また、考える力を上げる講座もあります。ぜひ検討してみてください。「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」◆まとめ・何を悩んでいるのか、とらわれているのかを特定すること・受動的な変化ではなく、主体的な自分へと変わっていくこと。・変化は主観的・感覚的ではなく、客観的・再現性で創っていく。・なぜ私は、、ではなく、なぜ人間は、、で、シャープに観察する。・脳の認識構造に基づいて、確実に変化していく。では、今回はここまでです。ここまで読んでいただいてありがとうございました。---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「大阪Re・rise Festival」Dignity2.0 × SNS3.0で時代が変わる3月7日(土)13時~16時★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」2月28日(金) 14:00-16:30・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」★配信登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 19Feb
    • 情報に振り回されず、そこに意味を宿すには -当たり前を覗いてみる26-

      情報に振り回されず、そこに意味を宿すには -当たり前を覗いてみる26-情報のすべては方向性を持っています。例えば、信号機は安全性。カフェは時間を楽しむ。読書は新たな発見と気付きを得ること。なんて感じで。私たちはそんな方向性を共有しながら文化として享受しています。そして、方向性の前提となるのはそれに対する規定です。信号機とは何か。カフェとは何か。読書とは何か。本来、情報の規定は人によってそれぞれ異なるのが当たり前ですが、文化が発達していると共通認識として深く考えずに当然化してしまいます。そもそもを考える必要がなくなってしまうと、人は次々とくる情報を鵜呑みにし、振り回されていくことになります。なんとなく不安、漠然とした孤独、受動的な要求ばかりが膨らんでしまったりと。情報は振り回させるものではなく、自ら使うものです。そのためにも、そもそもの規定をじっくりと考える時間を持つことはとても大事なことです。さらに言えば、そんな対話をする関係は本質的な意味での豊かさや幸せを持続可能なものとしてくれるでしょう。方向性は規定によって初めて意味を持ち始めます。そう、情報に意味や価値が備わっているのではなく、そもそもの規定がその方向性に意味や価値を持たせるのです。信号機とは、・個々人のバラバラな認識をストップさせ、共通ルールに基づき安全を担保する秩序。カフェとは、・日常の雑多な流れから、統制された雰囲気による豊かな時間を受け入れられる空間。では、読書って何でしょう?---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「大阪Re・rise Festival」Dignity2.0 × SNS3.0で時代が変わる3月7日(土)13時~16時★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」2月21日(金) 14:00-16:302月28日(金) 14:00-16:30・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」2月21日(金) 、28日(金)9:10-12:10★配信登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 16Feb
    • 対話する朝活 うちゅくる

      対話する朝活 うちゅくる週末に渋谷で朝活をほぼ毎週やってます。いつも、初参加者がいてくれて、新鮮な雰囲気が続いています。今回は、その朝活うちゅくるの音声をYoutubeにアップしました。ちょっとだけ解説を。「対話する朝活 うちゅくる 2020.2.9」この日の参加者は4名でした。Youtubeには時間の都合上3名分をアップです。◆対話する朝活うちゅくるとはうちゅくるとは うちゅうを引き出す。うちゅうを創る。の略語です。対話 質問によって相手のうちゅうを引き出します。 対話による気付きや発見によって自分のうちゅを創ります。質問 相手の存在現象ではなく、認識にアプローチしていきます。 ・存在現象とは、   何がどうした、誰が何をした ・認識とは   何をどう思った、どう感じた、どう考えた その奥にある決めつけや思い込みに気付いていきます。自分発見の贅沢な時間を楽しむ 認識に質問されることで、話したことないことや言葉にもなってないことが次々と出てきます。 日常ではなかなか取れない、じっくりと質問され引き出される時間を楽しむ場です。◆おりょうひめさん 3:00引いたカードは「旅 Journey」Q:人間教育とは何ですか?自分で自分の足を引っ張る、人間が人間の足を引っ張ることをしているから、人間のバージョンアップした人間をつくること。Q:バージョンアップした人間とは?誰もが傷ついちゃうと思うこともないし、傷付ける相手もいない。尊厳でお互いを活かし合える関係性を創れる関係が創れること。Q:傷つく傷つけあう関係をひめはどう感じているの?心がいたいと思う。Q:教育でどうやって変えていくの?Q:なぜそれをやりたいと思ったの?Q:寂しいってどんな感じだったの?Q:それがどう変わったんですか?Q:本当の友達と思えるのかが引っかかってる?Q:その限界があったから教育が必要だと思ったの?Q:今週はどんな一歩を踏み出したいの?◆やゆー(僕です) 13:21引いたカードは「行い Doing」Q:どんな気付きがあったの?過去の現実ではなく、新しい現実を発見するには、自分事として危機感を感じること。自分の知らない世界と飛び込むことの大切さ。Q:それをやろうと思ったのも新しいことだから?ドラッカーの経営者に贈る5つの質問という本を読んでいたので、やってみようと思いました。Q:その本を選んだきっかけは?自分がすべてにおいて依存をしていることに気付いて、自分の学びにもなっていないし、人生が始まってもいないことに愕然とした。その時に、自分のアイデンティティを設定しなければならないという衝動が働いた。Q:その危機感を持ったきっかけは?Q:その気付きと今回の行動の共通点は?Q:この絵との関係はありますか?Q:今週はどんな一歩を踏み出したいの?Q:気付き発見を得るときに気を付けていることは?Q:気付いた発見したものをどうしていきたい?◆PILOさん 23:36引いたカードは「行い Doing」Q:直感が働くことは今までもあったの?人生で大切なことは直感が働いている。Q:直感を働かせず失敗したことは?他人軸を優先すると受動的になってしまう。指示待ちになっちゃう。自然と自分の上に相手を置いてしまう。そんな時は失敗しちゃってる。Q:これは!と気付いて改めようとしたんですか?仕事は出来ればいいと思ってた。関心がなかったので何をしなかった。今は仕事の構造改革をやってます。Q:直感を邪魔するものって何ですか?Q:直感に気付かないということがありますか?Q:直感を研ぎ澄ますためにやっていることは?Q:人と話をしている時はエゴが無いっていうこと?Q:昔から人と話すのは好きでした?Q:今週はどんな一歩を踏み出したい?◆まとめ対話する朝活は、次世代のライフスタイルを気軽に経験する場として設計しています。その特徴的なものが、認識に対するアプローチです。日頃、何がどうしたのか、誰が何をしたのかという存在現象の世界にフォーカスが当ててしまいますが、実は、意味や価値、課題や可能性は存在現象にはなく、認識によって創られています。例えば、「コップに入っている水をテーブルにこぼしてしまった。」これは存在現象です。これを問題が起きたと思ってしまうのは、認識なんですね。問題が起きたと思うから、解決しようとする。何か含物を探す。スッキリした状態へ戻そうとする。「何が問題なの?」と聞けば、水がこぼれたことと答えますね。このやり取りだと存在現象に問題があると思いがちです。「誰が問題だと決めたの」と聞くとどうでしょう。私が問題だと決めつけた、となれば、問題を生み出したのは私ということになります。さらに「解決したと判断できるのは誰?」と聞くと? 問題を生み出した人だけが、解決したと決定できる基準を持っていることが分かります。つまり、問題は存在現象にあるのではなく、認識の中で生まれ、消えていくものだといえます。これは人間関係やコミュニケーションでも同じことが言えます。相手が何を言ったのか、何をしたのか、は存在現象です。ここに問題はありません。それをどう思ったのか、何を感じたのかという「私」が問題だと認識した、決定したということになります。問題だと決定した「私」が相手を許すことが出来れば、解決したといえますね。存在現象と認識をしっかりと分けることによって、自分が何を観ているのか、何に反応しているのか、何を問題だと決めつけたのかを特定でき、観察できることを意味しています。これは本質的な問題解決や創造的な考え感情へとつながっていく、人間の基本機能の活用です。存在現象の会話になってしまいがちです。それが習慣になると、質問が難しかったり、思いや感情に対する創造性を喪失へとつながっていきます。これは人間が本来備えている基本機能をうまく使えていないことを意味します。対話する朝活は、そんな人間の認識にフォーカスして質問したり、引き出していく場です。この場は気軽に参加できるように、レクチャーはほとんどしていません。ほのぼのとした時間をつくっています。しっかりと認識にアプローチする質問力を身につける講座は、「相手を深く理解する質問レッスン」として準備しています。こちらも確認してみてください。「相手を深く理解する質問レッスン」https://peatix.com/group/7189742---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「大阪Re・rise Festival」Dignity2.0 × SNS3.0で時代が変わる3月7日(土)13時~16時★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷15日(土)★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」2月21日(金) 14:00-16:302月28日(金) 14:00-16:30・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」2月21日(金) 、28日(金)9:10-12:10★配信登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 10Feb
    • 遊ぶことは宝箱 -当たり前を覗いてみる25-

      遊ぶことは宝箱 -当たり前を覗いてみる25-小学生の姪っ子がいます。常に、遊ぼ遊ぼと、遊ぶことしか頭にありません。じゃあ、この遊びしようよ。と僕から提案することもしばしば。初めは出来ないことでも、一時間ほどで、あっという間に僕を追い越していきます。子供たちはどうのこうのという理屈なんてお構いなしで、動きながら身に付けていくんですよね。動きの中に学ぶべきチャンスがたくさん生まれ、ちょっとしたミスとの出会いを通してどんどん身に付けていくようです。少しだけ良くなっただけで喜び、アクシデントを面白がり、次へ次へとモチベーションが途絶えることがありません。それらのすべてを大人は遊びだとひと言でとらえがちですが、心が没入したくなる要素がふんだんに詰まっている宝箱のような世界です。私たち大人もこんなに心がワクワクする宝箱を持つべきだなと思いました。失敗を怖がり、どう思われるのかを気にし、相手に要求する、乾いたワクワクに安心してしまう。なんだか、大人が本当に学ばなければならないのって、子どもからなんじゃないかなと、実は本気で思っています。子どもを育むためではなく、子どもから大人が学ぶ子供学をつくってみたいなと思う今日この頃です。最近、ついつい心が動いてしまうような世界と出会っていますか?---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「大阪Re・rise Festival」Dignity2.0 × SNS3.0で時代が変わる3月7日(土)13時~16時★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷15日(土)★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」2月16日(日)9:00-12:00・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」2月14日(金) 14:00-16:302月15日(土) 14:00-16:302月16日(日) 14:00-16:302月21日(金) 14:00-16:302月28日(金) 14:00-16:30※大阪開催します。3月6日(金)14:30-17:30 in京橋https://www.street-academy.com/myclass/16721?conversion_name=direct_message&tracking_code=039e343697b12000c831598ef334611d・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」2月21日(金) 、28日(金)9:10-12:10★配信登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 07Feb
    • つながりを作る力 -当たり前を覗いてみる24-

      つながりを作る力 -当たり前を覗いてみる24-今、僕自身が思うつながりを作る力とは、相手の世界を引き出す力ではないかと思っています。相手の認識している世界を引き出すコミュニケーションが対話ですね。人は自分の知っている世界を伝えようとします。話を聞いていたとしてもついつい自分の話を重ねてしまいがちです。共感しちゃったりすると、尚更ですよね。お互いが主張し会う会話は、盛り上がりはしますが、言葉に出来ない本音を引き出すことは出来ません。いつも本は閉じられているように、相手の心に関心をもって引き出そうとしなければ、聞けない言葉があります。人生の豊かさは、じっくりと対話できる関係性があるかないかで決まります。言葉を超えた心の交流は、今までもそしてこれからも誰もが求めるつながりとなるでしょう。心による心への出会いは、時間や空間、距離や時代、あらゆる間を超えていくものです。あの人の心に何が書いてあるのか観るために、しばらく自分の発言を閉じてじっくりと感心を寄せてみてください。相手を深く理解するためにたったひとつだけ質問するとしたら、どんな質問しますか?---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「大阪Re・rise Festival」Dignity2.0 × SNS3.0で時代が変わる3月7日(土)13時~16時★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷9日(日)、15日(土)★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」2月16日(日)9:00-12:00・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」2月7日(金) 14:00-16:302月9日(日) 14:00-16:302月14日(金) 14:00-16:302月15日(土) 14:00-16:302月16日(日) 14:00-16:302月21日(金) 14:00-16:302月28日(金) 14:00-16:30・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」2月7日(金) 、14日(金)9:10-12:102月21日(金) 、28日(金)9:10-12:10★配信登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 05Feb
    • 何を観るのか -当たり前を覗いてみる23-

      何を観るのか -当たり前を覗いてみる23-経験が増えていくと、パッと見てふっと思うことが多くなってしまいます。パッと見てふっと思うとは、脳が勝手に思い始めてしまうことを指しています。これは、自分が考えているようで、実は何も考えていないことでもあります。例えば、アップルと聞けば色々と連想が起こりますが、ヘプタポッドと聞くとどうでしょう?連想が起きない人がほとんどなんですが、これは、脳の過去のデータバンク(記憶)に関連する情報がないからです。データバンクに関連する情報があるにせよ、ないにせよ、私たちの考え感情には、脳が出したふっと思ったことを前提に考えてしまう仕組みがあります。無意識のことですね。データバンクに関連する情報があれば、その情報を前提とした世界だけを見てしまいます。また、情報が無ければ、分からない、難しい、関係ないという思いが勝手に出てきて、その通りの関係を作ってしまいます。パッと見てふっと思う世界は、脳が勝手に見せている世界です。それは、自分が本当に見たい世界とは限りません。自分が何を観たいのか、観るべきなのかを探る繰り返しの中に、本来の自分が現れてきます。最近、観たい世界を観ていますか?---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「大阪Re・rise Festival」Dignity2.0 × SNS3.0で時代が変わる3月7日(土)13時~16時★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷9日(日)、15日(土)★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」2月16日(日)9:00-12:00・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」2月7日(金) 14:00-16:302月9日(日) 14:00-16:302月14日(金) 14:00-16:302月15日(土) 14:00-16:302月16日(日) 14:00-16:302月21日(金) 14:00-16:302月28日(金) 14:00-16:30・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」2月7日(金) 、14日(金)9:10-12:102月21日(金) 、28日(金)9:10-12:10★配信登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 03Feb
    • 人間の生まれ持った二つの精神性 -当たり前を覗いてみる22-

      人間の生まれ持った二つの精神性 -当たり前を覗いてみる22-人間が生まれた瞬間に持たざるを得ない精神性は、自発と受動です。オギャーオギャーと自分という存在を示そう、明らかにしようとする自発性と、とは言っても歩くことはできない、言葉も話せない、何かにつかむこともできない、助けてもらわなければ死んでしまう受動性。この両極を持っているのが生まれたのが人間です。始まりに矛盾を抱えていると、終わりの瞬間までその矛盾を持ち続けてしまいます。成長して、動き回ることもでき、話すことも、関係を選択することもできたとしても、「でも」「だって」「どうせ」と受動的な思いが自発性にブレーキをかけてしまいます。「出来ない」「足りない」「分からない」がこの典型ですよね。ここで面白いのが、受動は自発になりうるということ。「出来ない」で終わってしまえば受動ですが、「出来ないなら出来るようにすればいい」と切り替えれば自発になります。認識が変われば世界が変わる。最近、受動的になってしまったことって何ですか?---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「大阪Re・rise Festival」Dignity2.0 × SNS3.0で時代が変わる3月7日(土)13時~16時★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷9日(日)、15日(土)★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」2月16日(日)9:00-12:00・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」1月31日(金)14:00-16:302月1日(土) 14:00-16:302月2日(日) 14:00-16:302月7日(金) 14:00-16:302月9日(日) 14:00-16:302月14日(金) 14:00-16:302月15日(土) 14:00-16:302月16日(日) 14:00-16:302月21日(金) 14:00-16:302月28日(金) 14:00-16:30・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明2月2日(日) 09:10-11:00・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」2月7日(金) 、14日(金)9:10-12:102月21日(金) 、28日(金)9:10-12:10★配信登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 31Jan
    • 意思決定できないのは

      意思決定できないのは、時間を前提にするからです。存在を前提にするからです。自信を前提にするからです自分以外を前提にするからです。今ここには、時間はないし、存在もない。自信なんてまったく関係ないし、自分以外なんてどうでもいい。ただただ、私がどうしたいか、それだけがあるのです。やまだゆうき@分かり合える時代をつくる@g66kSRP9VWI44w6 意思決定できないのは、 時間を前提にするから、 存在を前提にするから、 自信を前提にするから、 自分以外を前提にするから。 今ここには、 時間はない、存在もない、自信なんて関係ない、自分以外なんてどうでもいい。 私がどうしたいか、それだけがある。 #意思決定 #今ここ2020年01月30日 21:18Twitterで流した言葉です。考えや感情、イメージはすべて自分の思い込みの世界なんです。札幌に行ったときにおお!と新鮮だなーと思ったのが、信号機なんですね。あちらの信号機は豪雪なので、信号機が横並びではなく、縦並びです。by Wikipediaまったく知らずに縦並びの信号機を見たので、新鮮だったんです。すげーと(笑)例えばこれが、豪雪だからとか北海道はとか、そんな情報もなく縦並びの写真だけを見たとしたら、写真の合成だろうなと、考えたはずです。僕の認識の世界では、信号機は横並び。そんなイメージに固定していたからです。日常の中にいると、そんな思い込みの記憶を前提に物事を考えてしまう習慣が根深くくっついています。自分がどうしたいのか、から出発する習慣ではないんですね。思い込みの世界は絶対ではありません。横並びだと思っていたことが、縦並びになったり。内側だと思っていたことが、外側になったり。相手の問題だと思っていたことが、自分が決めていたことだったり。思い込みを前提にしていると、私がどうしたいのかを、どんどん喪失することになります。私たちが生きている瞬間は、今ここしかありません。〇〇だと思ってしまった、感じてしまった私がいただけだったんだ。じゃぁ、私はそれをどう思いたいんだろう、感じたいんだろう。受動的な私から、創出的な私を意識していきたいですね。Twitterもぜひ見てください。一歩ずつに踏み出す朝活やってます。ぜひご参加ください。・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷2月1日(土)、9日(日)、15日(土)

  • 29Jan
    • 知るは観るために -当たり前を覗いてみる21-

      知るは観るために -当たり前を覗いてみる21-日々、情報と出会うことが当たり前の私たちですが、何のために私たちは知ろうとするんでしょう。そんなこと考えたことありますか?テレビや新聞、SNS、人との会話、、、ある人からの一言に傷ついた、なんてことも情報のひとつです。料理を頂くときに、何も知らなかければ「あれは美味しかったね」で終わってしまいますが、素材や調理法などの知識を持っていると、味わい深く楽しむことが出来ます。味覚だけではなく、料理の世界観を楽しむことが出来ますよね。Aさんからの一言に傷ついた、という事例も同じ。何も知らなければ、傷つけられた!と感情に飲み込まれちゃいますが、脳の認識の仕組みと考え感情の関係を理解していると、自分が何に反応して傷ついたと思ってしまったのかを観ることが出来ます。Aさんだったから傷ついたのか、あの言葉だったから傷ついたのか、それともシチュエーションなのか、理解してもらえなかったからなのか。その何かに反応してしまった自分は、いったいどんな自分だったのか。じっくりと観ることが出来れば、味覚による出会いや聞こえてくる単語に反応する関係だけではなく、世界観や宇宙観の深味を実感することできます。それは、味わい深い楽しみにもなるし、深い学びにもなります。あらゆる知の世界は、五感覚で見て反応するためにあるのではなく、より俯瞰した観る目、心の目を養うためにあるのです。最近、心の目、開きました?---------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「大阪Re・rise Festival」Dignity2.0 × SNS3.0で時代が変わる3月7日(土)13時~16時★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷2月1日(土)、9日(日)、15日(土)★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」2月16日(日)9:00-12:00・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」1月31日(金)14:00-16:302月1日(土) 14:00-16:302月2日(日) 14:00-16:302月7日(金) 14:00-16:302月9日(日) 14:00-16:302月14日(金) 14:00-16:302月15日(土) 14:00-16:302月16日(日) 14:00-16:302月21日(金) 14:00-16:302月28日(金) 14:00-16:30・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明2月2日(日) 09:10-11:00・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」2月7日(金) 、14日(金)9:10-12:102月21日(金) 、28日(金)9:10-12:10★配信登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c

  • 27Jan
    • 現実の世界と本質の世界 -当たり前を覗いてみる20-

      現実の世界と本質の世界 -当たり前を覗いてみる20-私たちは現実の世界に生きていると思いやすいですが、実は本質の世界に生きています。生きるということ自体が本質だからです。海とお魚の関係で例えてみます。海を本質とするとお魚は現実です。お魚は、海を認識することが出来ませんし、意識できるのはお魚だけです。お魚が消えても海は残りますが、海が消えればお魚も消えます。お魚が、多様性に溢れているのなら、本質は多様性を生み出す仕組みを持っています。お魚が、出会いを繰り返すのなら、本質は出会いを生み出す動きを持っています。お魚が、存在したい欲求で満ちているのなら、本質は存在したい欲求を生み出す意志を持っています。現実の世界を見ているだけでは、現実の存在・現象に振り回されるだけです。多様な出会いの中で存在したい欲求を満たすことは出来ませんが、本質の理解を深めて観ることが出来れば、「多様性」と「出会い」と「存在し続ける」ことが同じことを指していると気付くことが出来ます。現実を生きる人と本質から生きる人の格差ほど大きな格差はありません。本質の世界を見ようとしていますか?-------------------------------------------------♪♪お知らせ♪♪★全国・尊厳の未来をつかむイベント「大阪Re・rise Festival」Dignity2.0 × SNS3.0で時代が変わる3月7日(土)13時~16時★朝活・対話する朝活「Uchucle-Good Morning Cafe 新しいワ・タ・シ発見!!!」9時から11時 in渋谷2月1日(土)、9日(日)、15日(土)★講座・「相手を深く理解する質問レッスン」2月16日(日)9:00-12:00・「日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座」1月31日(金)14:00-16:302月1日(土) 14:00-16:302月2日(日) 14:00-16:302月7日(金) 14:00-16:302月9日(日) 14:00-16:302月14日(金) 14:00-16:302月15日(土) 14:00-16:302月16日(日) 14:00-16:302月21日(金) 14:00-16:302月28日(金) 14:00-16:30・「現実が創られている考えのクセの設計図を、自分の言葉で徹底解明2月2日(日) 09:10-11:00・「2回コース 自分の根っことつながる考える力の底上げ教室」2月7日(金) 、14日(金)9:10-12:102月21日(金) 、28日(金)9:10-12:10★配信登録するとブログやイベントの更新情報が届きます♪@zsy2733c