旧・日常&読んだ本log

流れ去る記憶を食い止める。

2005年3月10日~2008年3月23日まで。

以降の更新は、http://tsuna11.blog70.fc2.com/で。


テーマ:

桜庭 一樹, むー

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない -A Lollypop or A Bullet-」
富士見ミステリー文庫

ふわふわしたお菓子は欲しくない。現実に必要のないものは欲しくない。必要なのは実弾、現実の実となるもの。生活に打ち込む、本物の力。

だって、あたし、中学二年生の山田なぎさ。十年前の突然の大嵐で父は亡くなり、ある日突然、家を一歩も出なくなった兄は、母のパート代や父の保険金を食い潰して、引き篭もって好きなものを代引きで買いまくる。好きなものだけに熱中し、傍観者で居る事を決めた兄は、つまり現代の貴族になったのだ。学校帰りに買い物をし、毎日ご飯を作り、主婦しているあたしに必要なのは、この現実を撃ちぬく弾丸。

そんなあたしの前に、ふわふわしたお菓子のような転校生、海野藻屑(うみのもくず)が現れた。冗談みたいな名前に、自分を人魚の「姫」だと言い張る嘘吐きの藻屑は、まるで砂糖菓子のような甘い弾丸、他愛無い嘘を現実に向かって撃ち続ける。

リアリストのあたしに比べ、藻屑の数々の言葉はあまりにも他愛無いものに見えたけれど・・・。藻屑が砂糖菓子のようなその言葉で、必死に撃っていた現実とは何なのか?

目次
第一章 砂糖菓子の弾丸とは、なかよくできない
第二章 砂糖菓子の弾丸と、ふたりぼっち
終章  砂糖菓子の弾丸とは、もうあえない
あとがき


鳥取県、境港市を舞台としたこの物語。甘い表紙に美少女二人。でも、騙されてはいけない。早い段階でネタは割れるし、文庫扉にもあるけれど、これは「青春暗黒」ミステリーなんである。

彼女たちの担任は、子供に必要なのは、安心なのだという。安心から零れ落ちた二人の少女の行方はかなしい。生き残った子供だけが大人になる。でも、

 砂糖でできた弾丸(ロリポップ)では子供は世界と戦えない。

萌え系っぽい表紙とは裏腹に、ひりひりと痛い暗黒小説でありました。武器をとれ、と言ったところで、13歳。子供に何が出来ようか?

*臙脂色の文字の部分は引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

つなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。