あくまで人気の話し。
実力の話しではありません。

ですから、ダノンキングリーが勝ってもクレーム受付ませんw


ようは、ダノンキングリーは、まだ、1番人気には早いでしょ?ってことが、言いたい。
勝つなら3番人気とかで、勝つならわかるってことだけが言いたい。


特に、大きく分けて、4つ
サートゥルナーリアは、暮れの有馬、前走の金鯱賞も結果出しましたね。

ただ、ロジャーバローズ不在
ヴェロックスは、不調回避
といわゆる世代に?がまだ、ある世代。
これが1つ目の理由 世代差

更に、ダノンキングリー
共同通信杯
毎日王冠
中山記念
に共通するのは距離1800

つまり、いわゆる非根幹距離というやつ。
1800とか2200で強いと、2000、2400がイマイチってやつね。

最近では、ルージュバックとかがそうですね。

この馬も結局G1には、届かなかった。

非根幹距離が得意かも知れないので、2000は?
これが2つめ

3つめはノリさん
確かに、ほんとに前走強かった。
相性も良いかもしれない。
ただ、イメージがわかない。
人気馬で関西のG1をノリさんがあっさり勝つのって。

最後に、世代のところでも触れた
ヴェロックスの回避
金子真人軍団4頭出し。
大将ワグネリアン
副将ヴェロックス
だったはず。
体調不良ということだが、ようは、ワグネリアンで足りるということでしょう。
ちなみに、4頭出しと5頭出しでは、
レースの進めやすさは、圧倒的に後者だったにも関わらずです。インで、どん詰まる福永にとっては特に。

なので、もちろんあっさり勝つかも知れないのは、否定しません。
ただ、1番人気はおかしいでしょ?ってのと
その上で、ダノンが人気なら、他からの方が妙味あるよね。

最後に、おまけで
ダノンだよ。
とにかく、G1勝ちきれない。
ダノンだよ。

最後がオカルトですいませんw