今日地方から帰って来てまんねん子の亡骸と対面した

まだ柔らかくて生きているようだった

まんちゃん!!と声をかけるといつものように首をひょいと持ち上げて俺の顔を見るような気がした

でも、まんねんが動くことはなかった。


手に持って顔に息を吹きかける
いつもは、やめてくれよと首を振る仕草も何度も吹きかけたけど反応してくれなかった

急に悲しくなった・・・


人の後をついて回るのが好きだった
寝そべっているとすぐに上に乗ってきた
甲羅を擦ると腰を振って踊ってるようだった
何故かカミさんのスリッパだけに噛みついた

ケガもした
病気もした
犬にも噛みついた
ベランダからも飛んだ

いろんな事があったけど
19年間があっという間だったような気がする


歳のせいか涙もろくなっている


まんちゃんありがとう
最後の夜は一緒にいような