みなさま、


「自分は、すごいんだ!」


続けていらっしゃいますか?



今日は、なぜ、ひとりさんが


「『自分は、すごいんだ!』 をやってみるといいよ…」



とおしゃっているのか…



その理由が

しみじみわかるような

エピソードをひとつ、ご紹介しますね。






ある青年が、

ひとりさんにこんなことを

話してくれたそうです。




「僕は、自分の母親から…


『お前なんか、価値がない子だ』


って言われながら、

ずーっと育ってきたんです。



だから、いまでも、

自分のことを


『価値がある人間だ』


とは、なかなか思えません。




自分に自信がなくて、

ビクビクしながら

仕事をしているせいでしょうか?




仕事場でも、みんなから、

いじめられてばかりいるんです。





この前、僕は、

風邪をひいていたんですが…



『仕事を休んだら、悪いなあ』


と思って、

無理して仕事場に行きました。




そしたら、みんなから…


『お前のせいで、風邪をうつされた』


ってすごく責められちゃったんです…」





この青年のお話に対して、

ひとりさんのお応えが、

すばらしいものだったので…



みなさんにシェアさせていただきますね。




**********************




あのね…



「自分なんて、価値がないんだ」



って思いながら生活していると…



あなたから


「自分なんて、

この場にいていいんだろうか…」


っていう


「ビクビクした波動」


が出ているんです。





その反対に


「自分は、すごい人だ」


って思いながら生活していると…



あなたから


「自分は価値のある、すばらしい人間だ!」


っていう


「イキイキした波動」


が出るんです。






この「波動」の違いで、

周りの人が

あなたをどう扱うかが決まるってくるんです。





たとえば、

君は風邪ひいていて、

体調が悪くても…



がんばって職場に行ったんだよね。




でも、

「ビクビクした波動」

を出している人間がこういうことをすると…




みんなは…



「アイツに風邪をうつされた」って、

あなたが一生懸命やったことを

悪くとるんです。





ところが、

「イキイキした波動」

を出している人間が同じことをすると…



みんなは、こうとるんだよ。




「あの人は、体調が悪いのに

がんばって職場に来ている。


本当に、えらいよね!」





…ね、信じられないだろうけど…




実は「あなたが出している波動」によって

周りの人の反応って、

こんなに違うんです。






いま、みんなに


「自分は、すごいんだ!」


ってやってもらっているのも…




ひとりひとりが


「私は、価値がある人間だ」


っていうことに気づいてもらって…



波動を変えるために、やってもらっているの。





あなたの波動が変われば、

周りの人からも、

大切に扱われるようになる。




オレは、

自分についてきてくれている人が

いじめられたり、

ひどい扱いを受けているのが

耐えられないんだよ。





だからこそ、


「自分は、すごいんだ!」


っていう言葉を

やってごらんって、すすめたんだよね。




みんな、どうか、


「自分は、価値がある人間だ!」


ということに、

1日も早く気づいてください。





「自分は、すごいんだ!」


っていう言葉を続けていれば

そのことに自然と

気が付くことができるからね。





**********************





…なんか、涙が出てきますね。



ひとりさんの愛情や、

あなたを思いやる気持ちの深さに。



なんか、こういう話を聞くと、泣けてくるんです。





私たち、ひとりひとりが、

価値のある、すばらしい人」。




そのことに気づいて、

イキイキ明るく、楽しく生きる。




そして、昔の自分のように


「自分なんて、価値がない…」


と思いこんでいて

つらい状況にある人を…


ひとりでも多く、本当の幸せに導いていく。





これが、ひとりさんにできる、

私の唯一の恩返し。





私は、そう思っているんです。





あなたがますます

幸せで心地よくあることを

私はいつも応援しています(*^_^*)






今日も、ありがとう。

いつも、ありがとう。




ペタしてね