包丁研ぎ師月山の包丁研ぎ磨ぎブログ

人として包丁研ぎ師としての日常や発見、気づきなどを書いています。

目指すは包丁研ぎ世界一。みなさんに少しでも刃物に興味を持っていただければ幸いです。

高級鍛造刃物販売、修理研ぎをする三代目です!

http://www.tsukiyama.jp/


テーマ:

先日も書いたかな?


最近我が家で急上昇ワードが「アレルギー」です。


今まさに花粉症というアレルギーで悩まされている方が多いですね。


僕は腰以外健康なのですが・・・。


アレルギーの勉強をしています。


アトピーやアレルギーって「変わった」とか「奇妙な」って意味だそうで、簡単に言うと原因不明の病気なんです(((゜д゜;)))


花粉症は昔、アトピー性鼻炎とかアレルギー性鼻炎と言われていたようです。


ですが一部花粉が原因だとわかり、花粉症と名前が変わりました。


今でもアレルギー性鼻炎と言われるのは、花粉以外の何かが原因で症状が出ているものを指すのだそうです。


これらアレルギーは基本的に薬で症状を緩和させても、原因を見つけて改善するか、体の抵抗力が上がらない限り、治すことは難しいと言われています。




で、今回調べて驚愕したのがこのワード!


「ダニ」です。(;°皿°)


アレルギーの原因だったり、アレルギー体質の免疫力を低下させると聞いたことはあったのですが、今まで勉強したことがありませんでした(;´▽`A``


実はアレルギー患者の多くの方が、このダニが悪さをしている可能性があるというのです((((((ノ゚⊿゚)ノ


なんで誰も教えてくれないんだ(;´Д`)ノ


当たり前だからでしょうかね?




我が家でやってしまった失敗なのですが、花粉症に加湿が有効と聞いたことはありませんか?


花粉症だけに限らず、ウイルスや菌も乾燥がひどいと舞うので加湿しようというものです。


アトピーですと保湿保湿とよく言われ、やっぱり乾燥しないように加湿をしてしまいます。


でも湿度は高すぎるとダニさんが絶好調になってしまうそうなのです∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


その湿度は70%を超えるとダメだとか。


我が家では2台加湿器があり、一つは湿度を管理してくれるのですが、寝室の加湿器は安物でただ蒸気が出るだけ。


朝起きるとのどが痛い為、ガンガン使用していました(;´▽`A``


湿度を測っていなかったため、かなり湿度は高かったと思われます。


8畳程度の部屋ですとすぐ70%くらいになるので(;´▽`A``


今の家は気密性が非常に高いからですね。


ダニさん大喜びです(笑)




また最悪なのがダニの住処。


我が家の布団はおばあちゃんが大切にしてきた布団で、お客様用のもの。


でも昔のようにお客様も泊まりに来ないので長年使用していなかったのですが、捨てるのはもったいないし、でも使わないのももったいないということで僕たちが使用していました。


わかりますよね(;´▽`A``


ダニに上下挟まれて寝ていたんです(((゜д゜;)))


しかも寝室は畳で、布団を敷いて寝ていました。


床から体が近いほど、アレルギーの影響は強いそう。


さらにはリビングに布製のソファーと毛足が長いラグ・・・。


どうやらダニを知らぬ間に飼っていて、一緒に仲良く寝ていたようです∑ヾ( ̄0 ̄;ノ




このダニの怖いところが、死んでなおアレルギーに影響するというのです(((゜д゜;)))


ですから単純に殺虫剤や防虫剤で殺しても、意味があまりないといえますね。


で、僕が調べた結果、どうするのがいいのか。


この4つを守ることでなんとか減らすことはできそうです。


①極力ダニが住みやすいカーペット、ラグ、絨毯、ソファーなどを使わない。


②食べ物のカス、人間の垢やふけを好むので、よく掃除する。


③20度から30度がダニの好む温度なので、それ以外の温度に。


④湿度は50%以下にする。


ということです。


室温はちょっと難しいかもしれませんが、他はなんとかできるかもしれませんね。


徹底的な掃除とダニの住処を排除するのが、ポイントのようです。


ちなみに我が家は昨日ソファーとラグを捨て、ベッドと新しい布団を入手してきました(;´▽`A``


僕以外の(笑)




問題の布団は天日によく干して湿気を取り、掃除機でダニを吸うことが大事だそうです。


叩いてもほとんど落ちず、天日でも温度が低い為ダニは死なないそうです。


しかし掃除機で吸い取るとかなりのダニがとれるそう( ̄▽+ ̄*)


こう考えると、やっぱり昔の人ってすごいと思いませんか?


毎日掃除して、布団を干して、家の戸や窓を開けて換気する。


昔の人の真似をしてればダニの発生がかなり少なくなる気がします(;´▽`A``


食べ物でもそうですよね。


先人の知恵をなんで捨ててしまったんでしょうね( ̄ー ̄;




時代が進むにつれて、いろいろなものが悪くなっているように感じます。


日本人の寿命は延びたのかもしれませんが、今までになかったアレルギーや病気が増えています。


物もたくさん均一のものが早く作られるようにはなりましたが、時間をかけて最高のものを仕上げる職人さんはほとんどいなくなってしまいました。


そんなことを考え、学べば学ぶほど昔の日本人はすごいと感じます。




論語で大好きな一文があります。


「子曰く、故きを温めて新しきを知る、以って師と為すべし。」


「温故知新」の元になった文です(-^□^-)


先生はおっしゃられた。昔のことを良く知り考え、そこから新しい知識や道理を知る。そうすれば他人を教える師となれるだろう。


研ぎでも他のことでもヒントは昔にあるようですね。


先人の知恵をもっと知る必要があると感じました(-^□^-)


ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。