Twitterもしております→Twitter


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年05月14日

時。

テーマ:ブログ
本番まで約10日となりました。
上演時間は約90分となります。前後の予定のご参考にしてくださいませ。
よろずや久しぶりの着物芝居です。
そして、10年ぶりの再演。
懸命に生きた人々の熱い熱い舞台です。
初めて観る方はもちろん、一度観たことがある方にもご覧いただきたい舞台です。

※ありがたいことに26日(土)の15:00の回は増席分も満席となりました。
他の回はまだまだ大丈夫ですので、よろしくお願いいたします。

☆竹田の予約ページはこちらです。
もしくは、直接メッセージいただいてもご予約させていただきます。

***
演劇集団よろずや 第二十八回本公演
『オー・マイ・リョーマ』
作・演出  寺田夢酔

◆日時
2018年5月
25日(金) 19時 ○
26日(土) 15時 ×/19時 ○
27日(日) 13時 △/17時 ◎
※◎→まだまだあります、○→まだ余裕あり、△→残り少ないです、×→満席です

◆会場
應典院(地下鉄谷町九丁目もしくは日本橋下車)

◆料金
前売一般 3,500円
学生 2,000円
※受付は開始の一時間前、開場は30分前となっております。
※全席自由席です。受付順でのご案内になりますので、お早めのご来場をお勧めいたします。

◆出演
赤穂神惟・竹田朋子・寺田夢酔・鈴木愛里沙・山口晴菜

上杉逸平(メガネニカナウ)・松本大志郎(カン劇cockpit)・川村和正(Artist Unitイカスケ)・中山佳祐(劇団カンセイの法則)・本城咲月(イズム)・中村太亮(舞夢プロ)

◆スタッフ
舞台監督:ニシノトシヒロ(BS-Ⅱ)
照明:追上真弓(株式会社Karamelli)
音響:河合宣彦
宣伝美術:宣伝美術家TOM
制作協力:尾崎商店

「船を沈めたその償いは金を取らずに国を取る」
慶応三年(1867)四月二十三日深夜。坂本龍馬はじめ海援隊士を乗せた「いろは丸」が、武器弾薬を満載して瀬戸内海を航行中、紀州藩の船「明光丸」と衝突し沈没。責任逃れをする紀州藩に激怒した龍馬は、談判の舞台を長崎に移し、日本で翻訳されたばかりの国際法律書『万国公法』を手に、日本初の海難事故賠償交渉を行った。

長崎の料亭・丸山花月で繰り広げられる、龍馬を愛した人々が織りなす評伝劇シチュエーションコメディ。
2000年(芸術創造館)、2002年(扇町ミュージアムスクエア)、2008年(大阪城ホール西倉庫内特設劇場ウルトラマーケット)と、劇団が転機を迎える度に上演してきた劇団の初期代表作を10年振りに再演。

ご来場、心よりお待ちしております。







2018年05月11日

代。

テーマ:ブログ
【『オー・マイ・リョーマ』は代表作です】
ありがたいことに26日(土)の15:00の回は増席分も満席となりました。
他の回はまだまだ大丈夫ですので、よろしくお願いいたします。

この作品は、初演が2000年、そして2002年、2008年と上演してきました。
私は初演の時はまだ劇団に入ってなくて、客席から観ていました。
2002年、2008年は出演しましたが、今回の脚本は初演バージョン。 
稽古していると、やっぱり面白い脚本です。
間違いなく、よろずやの代表作です。
次回いつ上演出来るかはわかりません。
舞台は一期一会です。
ぜひ、ぜひこの機会をお見逃しなく。

☆竹田の予約ページはこちらです。
もしくは、直接メッセージいただいてもご予約させていただきます。

***
演劇集団よろずや 第二十八回本公演
『オー・マイ・リョーマ』
作・演出  寺田夢酔

◆日時
2018年5月
25日(金) 19時 ○
26日(土) 15時 ×/19時 ○
27日(日) 13時 △/17時 ◎
※◎→まだまだあります、○→まだ余裕あり、△→残り少ないです、×→満席です

◆会場
應典院(地下鉄谷町九丁目もしくは日本橋下車)

◆料金
前売一般 3,500円
学生 2,000円
※受付は開始の一時間前、開場は30分前となっております。
※全席自由席です。受付順でのご案内になりますので、お早めのご来場をお勧めいたします。

◆出演
赤穂神惟・竹田朋子・寺田夢酔・鈴木愛里沙・山口晴菜

上杉逸平(メガネニカナウ)・松本大志郎(カン劇cockpit)・川村和正(Artist Unitイカスケ)・中山佳祐(劇団カンセイの法則)・本城咲月(イズム)・中村太亮(舞夢プロ)

◆スタッフ
舞台監督:ニシノトシヒロ(BS-Ⅱ)
照明:追上真弓(株式会社Karamelli)
音響:河合宣彦
宣伝美術:宣伝美術家TOM
制作協力:尾崎商店

「船を沈めたその償いは金を取らずに国を取る」
慶応三年(1867)四月二十三日深夜。坂本龍馬はじめ海援隊士を乗せた「いろは丸」が、武器弾薬を満載して瀬戸内海を航行中、紀州藩の船「明光丸」と衝突し沈没。責任逃れをする紀州藩に激怒した龍馬は、談判の舞台を長崎に移し、日本で翻訳されたばかりの国際法律書『万国公法』を手に、日本初の海難事故賠償交渉を行った。

長崎の料亭・丸山花月で繰り広げられる、龍馬を愛した人々が織りなす評伝劇シチュエーションコメディ。
2000年(芸術創造館)、2002年(扇町ミュージアムスクエア)、2008年(大阪城ホール西倉庫内特設劇場ウルトラマーケット)と、劇団が転機を迎える度に上演してきた劇団の初期代表作を10年振りに再演。

ご来場、心よりお待ちしております。



2018年05月05日

回。

テーマ:ブログ
【『オー・マイ・リョーマ』残席状況】
ありがたいことに、26日(土)の回のご予約規定枚数の残りが少なくなってまいりました。
他の日は、まだまだ大丈夫です^_^

そんな今日も稽古!
楽しんでいただけますように。

どうぞよろしくお願いいたします。

☆竹田の予約ページはこちらです。
もしくは、直接メッセージいただいてもご予約させていただきます。

***
演劇集団よろずや 第二十八回本公演
『オー・マイ・リョーマ』
作・演出  寺田夢酔

◆日時
2018年5月
25日(金) 19時 ○
26日(土) 15時 △ /19時 ○
27日(日) 13時 ○/17時 ◎
※◎→まだまだあります、○→まだ余裕あり、△→残り少ないです

◆会場
應典院(地下鉄谷町九丁目もしくは日本橋下車)

◆料金
前売一般 3,500円
学生 2,000円
※受付は開始の一時間前、開場は30分前となっております。
※全席自由席です。受付順でのご案内になりますので、お早めのご来場をお勧めいたします。

◆出演
赤穂神惟・竹田朋子・寺田夢酔・鈴木愛里沙・山口晴菜

上杉逸平(メガネニカナウ)・松本大志郎(カン劇cockpit)・川村和正(Artist Unitイカスケ)・中山佳祐(劇団カンセイの法則)・本城咲月(イズム)・中村太亮(舞夢プロ)

「船を沈めたその償いは金を取らずに国を取る」
慶応三年(1867)四月二十三日深夜。坂本龍馬はじめ海援隊士を乗せた「いろは丸」が、武器弾薬を満載して瀬戸内海を航行中、紀州藩の船「明光丸」と衝突し沈没。責任逃れをする紀州藩に激怒した龍馬は、談判の舞台を長崎に移し、日本で翻訳されたばかりの国際法律書『万国公法』を手に、日本初の海難事故賠償交渉を行った。

長崎の料亭・丸山花月で繰り広げられる、龍馬を愛した人々が織りなす評伝劇シチュエーションコメディ。
2000年(芸術創造館)、2002年(扇町ミュージアムスクエア)、2008年(大阪城ホール西倉庫内特設劇場ウルトラマーケット)と、劇団が転機を迎える度に上演してきた劇団の初期代表作を10年振りに再演。







1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。