銃声

テーマ:
今日は暗い話です







昨日の夜の事


バンバンバンバンバン
バンバンバンバンバン



10発ぐらいの音が鳴り響いた



私は何か物が崩れたのかと思った



夫は
違う
今のは銃声だ




まさかである
私の住んでいるところはファミリー連れが
多く住む地域である



今年のトロントは銃犯罪が異様に多いが
まさか自分の住んでいるところで
銃犯罪など考えられなかった



夫は
僕は銃声の音を知っている



夫はクウェートにいた時
銃声や爆撃を幾度も聞いてきた




長い年月は経っても
忘れられない音として
夫の記憶にある




まだ信じられない私だったが
しばらくすると
警察や救急車などが
続々と現れた



そしてニュースで速報がながれた




夫の言う通り
私達が近くの買い物へ行く時に通る道
子供達と一緒に遊ぶ公園の真横
そして毎日息子がいく幼稚園までの道で
銃犯罪が起こった



被害者は1人
10発ほどの銃声を浴び死亡



あの鳴り響いた音で
1人の命が失われた



私は震えた



一夜明けても警察からの犯人情報はなく
目撃者が犯人らしき者が車で逃走
4-5人のグループが走り去ったのを見たなど
テレビで語っていた




人の命を奪った初めて間近で聞く銃声は
耳をつんざく
鈍く無情な響きだった




幸いにも息子と娘はすでに寝ていたので
銃声や鳴り響くパトカー
探知犬らしき犬が鳴いている
物々しい音達を
聞く事はなかったが




幼稚園で友達となった子
いつも一緒に帰るのだが
今日、犯行現場近くで足が止まった



こわいから通りたくない



母親はこの子が銃声を聞き
多くの警察車両のサイレンを聞き
怖がったという




大人な私ですら恐怖をおぼえたあの音
子供が受けた恐怖心は
はかりしれない




そして今日息子のバックパックには
幼稚園からのレターで
子供達に何か恐れや怒りなどの
変化があれば
今日から専門のスクールカウンセラーが
必要が無くなるまでつくと書いていた




犯行時間は夜8時だった
息子の友達のように
まだ眠りについていない子供達も
大勢いたはずだ




10発の銃声が与えた影響は
計り知れない