夫の散髪は423円

テーマ:
もう限界だ


夫が朝っぱらから悲観していた


もう3週間散髪に行ってない
今日こそ何がなんでも行く


(誰も止めていない)


夫の髪型は短髪だ
なので少しでも生えてくると
夫はかなり気にする


更に直毛ではないので
クリンクリンもしくは
パンチパーマのようになる


だからパンチ熊五郎になるのを
防ぐごとく月に2回散髪に行く


トロントには超激安散髪屋から
超お高い散髪屋がある


もちろん夫は
この超激安散髪屋に行く


だいたい毎回数ミリカットのみ
短髪なので
ヘアスタイルもあったもんじゃない


超激安散髪屋はほとんどが中国人経営だ
お値段タイトル通り
カナダドル 
5ドル=423円


以前すぐ終わるからと
待った事があった


423円のヘアカットはこうだ

洗髪なしからの

下矢印

霧吹き

下矢印

バリカン使用

下矢印

軽く乾かして

下矢印

一応そこらをカット

下矢印

ブラシで毛を払いのけ

下矢印

終了

15分もかからない


夫はたまに一回50ドル=4236円の
散髪に行く時もある


出来栄えは
ほとんど変わらない真顔


だけど夫いわく
サービスが全然違うらしい


せわしない中国人経営の散髪屋と違い
ゆったりと時間が流れるらしい
(しかも髭剃りサービス付き)


激安散髪屋は
卸市場のように中国語が飛び交っている
従業員は全くと言っていいほど
愛想がないらしい


夫いわく雰囲気自体が

5ドルなんだから文句言わせないあるよ

らしい



50ドルの散髪屋は
たまに談笑するが大抵は
静かにバックミュージックが流れている


サービスを取るか値段を取るか



私が423円散髪屋を
かなり持ち上げているのは
いうまでもない



短髪なのでヘアスタイルも
あったもんじゃないと書いたが
夫は数ミリ長めにおいてある前髪に
かなりこだわりがある



すき具合と流れにかなりうるさい



だから夫のこだわる前髪を思う通りに
してくれなかったら二度とそこにはいかない



前髪が印象を変える


前髪がスタイリッシュでないと
単なる短髪だ


朝の前髪で1日が決まる


この前髪が変だったら
君は僕を好きにならなかった

上矢印
これらは夫の前髪語録


こうやって書いているだけで
あほらしくなってきた


何回も言っておくが他に比べて
ほんの数ミリ長いだけ


そんなに気になるなら
前髪セルフカットしたら

と思わず提案した事がある


なんとそれ以来夫は
散髪屋から帰宅すると
バスルームを長時間占領し
スタイリッシュな前髪を作っている


なので正確には
423円➕セルフカット
である


今日のカットは結構思い通りだったらしく
ご機嫌で帰宅しなすった


今日はノリノリで
バックミュージックを流し
いつものように前髪をセルフカットし
自分でホットタオルまでつくり
セルフ髭剃りまでしていた



ちなみに私も強者である
私は年に一回ぐらいしか髪を切らない

バサっと切り貞子になるまで
放っておく
(この期間約一年)


夫婦共々かなり安上がりだ
    果たしてここは節約する所なのか、、、


虚しくなってきた、、