今日は「月暦八月(葉月) 九日」白露・第三侯」

 

明後日は「彼岸」

 

🌙七十二侯【第三侯 : 蟋蟀在戸 しっそつこにあり

キリギリス(一説にはコオロギ)が家の中に入って鳴くころ。(八月九日〜十三日頃)

 

🌙雑節【彼岸】

先祖供養の日。秋分・春分を中心とした前後七日間という彼岸の日取りは、1884年以来のもの。春の七草に対する秋の七草は、ハギ、ススキ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウ。(八月十一日)

 

志賀勝「月と季節の暦  戌年(2018年版)」より

 

暑い日が続いていたと思ったら、朝夕は冷え込み、浅間山麓では霧が立ち込めるようになりました。周りを見渡せば稲の穂が垂れ、稲刈りが始まっています。

 

子供の頃は「時間」が長く感じたものですが、大人になると一日一日が早く、あっという間に過ぎて行くように感じます。不思議なものです。長野はこれから寒くて長い冬がやってきますが、その前に、虫の鳴き声や木々の色の移り変わりを、ゆっくりと楽しみたいと思います。

 

写真は、長細い形をした固定種「浅科カボチャ」。ホクホクして甘く切りやすいので、女性にはとても重宝します。これは苗を植えたものですが、実生(みしょう、みおい)という種がこぼれて自然に育った、通称「土手カボチャ」は、意外にも美味しいものです。カボチャ保存がききますし、煮物、おほうとう、カボチャパイなど、色々な料理に大活躍です🎃

 

 

 

今日は「八朔」

 

二日後は「月暦八月(葉月) 三日」白露・第ニ侯」、三日月

 

🌙雑節【八朔 はっさく】

八月朔日の略で、農業をはじめとしてさまざまな行事が行われた日。(八月一日)

 

🌙七十二侯【第ニ侯 : 鶺鴒鳴 せきれいなく

このころ水辺でセキレイが鳴き始める。(八月三日〜八日頃)

 

志賀勝「月と季節の暦  戌年(2018年版)」より

 

この頃、早稲の穂が実るので、農民の間で初穂を恩人などに贈る風習が古くからあった。このことから、田の実の節句ともいう。この「たのみ」を「頼み」にかけ、公家や武家の間でも、日頃お世話になっている(頼み合っている)人に、その恩を感謝する意味で贈り物をするようになった。

※ウィキペディアより

 

長野県の東信地区では、新暦の8月1日にお墓参りをする風習があります。西暦1742年、壬戌の八月一日に南佐久から北佐久、小諸方面にかけて起きた「戌の満水」と呼ばれる千曲川の氾濫による大災害があったからです。お盆が過ぎ、水害が増えるこの季節に起きた276年前の出来事が、佐久地方では言い伝えとして残り、お墓参りが受け継がれています。今は新暦8月1日に変わってしまいましたが、月暦八月一日(朔日)の今日、慰霊の祈りをするのが本来なのでしょう。

 

昨日は友人達と飛騨の方へ行ってきたのですが、日中は大荒れの天気で、土砂降りの雨に見舞われました。文月の晦日だったので、友人が「これは禊ぎだね」と。まさにその通りだと思いました。

 

写真は、この時期佐久地方で作られるフナの甘露煮。1kg 2000もする高価な食材ですが、販売が始まるとあっという間に売り切れてしまいます。かつて佐久の人々には、ハレノ日の貴重なタンパク源のひとつだったのでしょう。お酒のおつまみに最高です🍶

 

 

今日は「月暦七月(文月)廿九(二十九)日」白露・第一侯 

 

🌙二十四節気【白露】

冷気が増し、草葉の上に露が結んで、白く涼しく見えるようになる。(七月二十九日〜八月十三日)

 

🌙七十二侯【第一侯 : 草露白 そうろしそし】

草に結ぶ白露は和服の露芝模様に象徴されている。(七月二十九日〜八月二日頃)

 

志賀勝「月と季節の暦  戌年(2018年版)」より

 

朝夕はだいぶ涼しくなり、羽織る長袖も必要になってきました。降る雨も冷たく感じます。

 

関西地区を中心に被害が出た台風、北海道を襲った震度7の地震と、自然災害が続いています。人間は万能な生き物と思っていたのが、自然にはかなわないのだと思わされているような気がします。写真は露に濡れた、庭のキキョウ朝顔と秋桜です。