月乃聖五オフィシャルブログ「魂響~たまおと~」Powered by Ameba
☆☆神鏡カードをマスターする「スピリチュアルカードマスター養成講座(コンプリート版)」【新:講座詳細&お申し込み】

書籍「お金を引き寄せる「成功オーラ」のつくり方 Amazon総合ランキング1位!「誰もが振り向く!愛されオーラが輝くスピリチュアルマジック

月乃聖五スピリチュアルサロン【ダイアモンドダスト】
【オフィシャルメルマガ(無料)】「スピリチュアルサクセスしよう!~ミラクルが日常になる




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

4月17日:湯津津間櫛

2021年4月17日(土)


今日の神鏡カード:[34]湯津津間櫛(ユツツマグシ)

34.jpg

~見る勇氣~

●真実を見る目を開く
●真実を見る勇氣
●これまで見ていたものは絶対的な真実ではないと知る
●物事はあらゆる側面によって支えられているという悟り
●これまでの立ち入り禁止領域に踏み込み、成長進化する

宇宙創造の神の視点からすると真実は一つなのですが、進化の途上段階にある私たちの心は、その段階に応じて、その真実をいろいろな階層として見てしまいます。

私たちが知る真相というのは、私たちの心の相を通して見た真実のことです。

私たちの心の相は、いろいろな記憶となっている決め事と信念、観念、意図から成り立っています。

私たちはその心の相の中に、ありのままの真実とは違った、私たちの人生にうまく行かない流れを創り出す葛藤をしまいこんでいます。

老子が道徳経の中で、この宇宙から醜いものをすべて無くすには、美しいものをすべて無くせばいいと語った本質は、この葛藤について語っています。

この葛藤を明らかにする時、私たちのものの見方は、私たち個人個人の真相から真実へと近づいていきます。

完全な真実の世界にはまだ住みたくないという願望が、見てはいけない世界を創り出します。

宇宙創造の神には見てはいけない世界がないにも関わらずです。

このカードが出たら、今までのものの見方の世界が大きく変わる、新たなる目が見開かれていくことを告げています。

今まで、美しいと思っていた世界が醜いものに支えられていたり、今まで醜いと思っていた世界が美しいものの仮の姿だったりするようなことに氣付いて、これまで創りあげてきた相対的な思い込みの世界を抜け出して、次の真相の世界に踏み込む力が流れ込んできています。

本来、宇宙創造の神の心をありのまま映していることを、現くしき〈うつくしき〉世界といい、何らかの曇りがあり、ありのまま映せないことを、曇って見えないので見にくき〈醜い〉と言ったものなのです。

成功というのは真実を知っている度合いと思ってもいいかもしれません。

今までの真相を抜け出すためには、真実に向かう勇氣が必要です。

この勇氣は自分自身についての勇氣だけでなく、これまでその真相を共有していた人々と一緒に住んでいる世界を離れることも意味しますので、関わっていた人たちへの影響やそこからの旅立ちということを含んでいるのです。

たとえば、地動説が今では当たり前の真実ですが、それが受け入れられる時に起こった変遷というのは、ある一人の人や少数の理解者が天動説の世界を離れるところから始まりました。

真実に近づくというのは、そのようなプロセスなのです。

このカードが出たら、真実というものを自分の人生の太き柱にするという氣持ちを持ちましょう。

そして、自己の内側にある真実をただ見据えることを選んでいる力につながってみましょう。

真実を見る力というのは、実は最高にパワフルなものなのです。

あらゆる問題が解決しないのは、故障しているところを見間違っているためなのです。

故障していないところに問題があると見ている目には未来永劫にその問題を解決することはできません。

新たなものを創造する時に、それを行なうために一番大事なところを大事なものとして見ることができない目には、未来永劫にその新たなものを完成させることはできません。

真実を見る目こそが、一番的確に簡単に物事を解決させ、創造を完成させます。

(神鏡カード解説書&書籍「実践カードリーディング~神鏡の秘密~」より抜粋。(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)


「神鏡カードの一枚引きサイト」はこちら


神鏡カードをマスターする「スピリチュアルカードマスター養成講座(コンプリート版)」
【講座詳細&お申込み先】


月乃聖五


月乃聖五スピリチュアルサロン【ダイアモンドダスト】

4月16日:天の沼矛

2021年4月16日(金)


今日の神鏡カード:[10]天の沼矛(アメノヌボコ)

10.jpg

~天意合一~

●魂の知っている真実
●天命に進んで行く心を受け取る
●魂が地上で活躍する準備
●人生のあらゆる場面で魂の真実(創造の心、和する心、幸の心、叡智、やり遂げる)を貫いて生きる
●魂の真実に現われる強固な意志
●天命の成就

私たちの魂は天意(あい)でできています。

そして実は、その愛のみが魂の真実です。

この愛の部分を一霊四魂(いちれいしこん)と呼びます。

一霊とは創造の力そのものであり、四魂とは和魂(にぎみたま)、幸魂(さちみたま)、奇魂(くしみたま)、荒魂(あらみたま)と呼ばれる合い和して共に栄える心、新たなものを切り拓く心、それを行なうための奇(くし) けき叡智、そしてそれを具現化させる完全な意志と力です。

このカードは、私たちの深い意識にそれが何(い) 時(つ) いかなる時も存在することを思い出すように示唆しています。

このカードが出たら、自分の一霊四魂に深く思いを馳せ、自分の人生にその力を強固に顕わしていくことを意識しましょう。

またこのカードは天命の成就を示唆します。

真の天命というのは人間社会における天職や役割といわれるようなものでなく、一霊四魂の導く魂の真実に違(たが) うことなく従順に従って人生を生き抜く時に成就します。

このカードはその力の大切さに目覚め、また、それが成就できることを示唆しています。

(神鏡カード解説書&書籍「実践カードリーディング~神鏡の秘密~」より抜粋。(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)

「神鏡カードの一枚引きサイト」はこちら


神鏡カードをマスターする「スピリチュアルカードマスター養成講座(コンプリート版)」
【講座詳細&お申込み先】

月乃 聖五

⭐️【あおいアート】のWEBショップ



⭐️あおいアートがLINE公式アカウントに登場!
お友だち登録しますと、限定壁紙やイラストをプレゼントしています!
⭐️月乃聖五スピリチュアルサロン【ダイアモンドダスト】

4月15日:意富加牟豆美命

2021年4月15日(木)


今日の神鏡カード:[35]意富加牟豆美命(オホカムヅミノミコト)

35.jpg

~痛みを楽にすることから始める~

●まず痛みを癒す
●痛みを癒した後必ず改める
●形に顕われる前に問題を解決できる可能性

人生における苦難や苦悩やいろいろな問題は、いろいろな意味での曇りから顕われます。

物事を的確に見れない曇りや正しいことを素直に行なえない曇り、自分の本来の深い神聖さの目的のために生きられない曇りなどから生まれてきます。

そして、苦悩が顕われると、苦しさをどうにかする方に心が奪われて、その曇りを払うことで苦悩が無くなるということを思い出すことができず、目前の苦しみを無くすことばかりに心が向いてしまいます。

確かに喉がからからに乾いている時に、喉の渇きを癒して楽にしなければ、自分が喉がからからになるまで自らを鞭打ってしまった本当の訳を振り返りましょうと言われたところで、そういう氣持ちが湧いてこないのは事実です。

ですから、曇りを無くしていき、問題や苦悩を無くしていく力というのは、癒しと澄みきらす改めの力が一対で開顕することで初めてその効果を発揮します。

このカードは、今あなたがテーマとしていることや、問題について、癒すことと、澄みきらし改めることの両方を必要とすることを示唆しています。

ここで言う癒しというのは、まず痛みを楽にしてあげるということです。

これは、甘やかしたり、逃げるということではなく、まず楽になる道や方法や行ないを選択しましょうということです。

たとえば、あらゆる病は意識の変革で治すことが可能ですが、痛みがあったままでは、意識の変革を促す瞑想も振り返りもセルフヒーリングもできないでしょう。

まず、薬や何らかの処置や、誰かからの援助によって痛みを無くしてあげることで、自分自身の力を取り戻すことができます。

そういうふうに、まず一度楽になりましょうとこのカードは告げています。

それは、今の環境から一度抜け出すことかもしれません。

ですが、その後必ず、痛みが楽になったら、改め澄みきらすことをしましょう。

この二つが一対になって、人生が新たなステージに向かって行けることをこのカードは告げています。

そしてそのような援助が流れ込んでいます。

このカードが出たら、自分の中の癒す心とつながりましょう。

まず痛みを和らげるために、その癒す心は何をしましょうと告げているかを感じてみましょう。

そして、それを行ない、楽になったら、次には必ず自分の中を改め、澄みきらすことを促す心とつながってみましょう。

そして、もし分かるとすれば、それまで出会っていた苦悩や問題、創り出した自分の苦悩はどこから来たか教えてもらい、それを改めて行きましょう。

その時には、曇りを払い改めるために新たにカードを展開させてもいいでしょう。

また、禊のカードを引いてみるのも役に立つでしょう。

またこのカードは物事が最悪の事態になる前に、形に顕われる前に問題を解決可能であるということも示唆しています。

今あなたがこのカードを使ったテーマに関わる問題がまだ顕われていなかったり、大きくなっていなければ、未然に収束させることも可能です。

そのような氣持ちで先んじて、対処するといいでしょう。

(神鏡カード解説書&書籍「実践カードリーディング~神鏡の秘密~」より抜粋。(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)

「神鏡カードの一枚引きサイト」はこちら

神鏡カードをマスターする「スピリチュアルカードマスター養成講座(コンプリート版)」
【講座詳細&お申込み先】


月乃 聖五

月乃聖五スピリチュアルサロン【ダイアモンドダスト】
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>