夏休み 親子と猫のボランティア体験、無事に終了しました! | ツキネコ北海道 ブログ

ツキネコ北海道 ブログ

NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道の新しいブログです。

スタッフの滝澤ですニコ
 
7月29日〜8月8日まで開催した【夏休み 親子と猫なボランティア体験】が無事に終了しました!!
 
異例の連日猛暑の中、暑い店内にて頑張ってお掃除をしてくれた皆さんありがとうございました!!
酷い暑さで、途中から開催場所をニャイダーハウスからツキネコカフェへ変更することになりましたアセアセ
 
 
 
 
今年は、いつもお世話になっているあみたに動物病院の網谷先生と、北海道に初めてできた保護猫専門動物病院 Mobile VET Officeの大門先生が講師として来てくれました。
 
子ども達も保護者の皆さんも真剣に聞いていましたウインク
 
このプログラムでは、保護猫についての授業、猫達のお世話・掃除、ポスターやおもちゃの制作、紙芝居朗読と盛りだくさんの内容でしたが最後までみんな頑張ってくれました。
 
 
 
 
 
 
汗をかきながらのお掃除体験ですゲロー
 
猫を飼っている子は改めてお世話の大変さに気づき、飼っていない子はこんなにする事があるんだと知ってもらえました。
でも、猫ニコはとってもかわいいと喜んで遊んで帰ってくれました照れ
 
ポスターやおもちゃづくりは個性が光るキラキラ作品ばかりでした!
 
普段の営業や仕事、様々な案件、今月は多くのイベントがある中ですが、この親子参加型のボランティア体験はとても大切な事業のひとつです。
 
適正飼育すること、命を大切にするための啓蒙啓発活動は地道な活動になります。
 
『子供たちが大人になったときに野良猫がいなくなっていますように---。』
『将来的に日本全国で殺処分がゼロになっていますように---。』
『不幸な猫が居なくなりますように---。』
 
子供たちのこれからは無限の可能性があり、たくさんの想いと願いを込めて行っています。
1人でも多くの子に伝わってくれたら嬉しく思います。
 
このボランティア体験では、毎年たくさんのボランティアさんにお手伝いいただいています。
その中でも今年は何と言っても、小学生ボランティアのゆいちゃんがスタッフとして参加してくれたのがとても嬉しく楽しかったですラブ
ゆいちゃんは昨年のボランティア体験に参加したのをきっかけに定期的にお掃除・お世話ボランティアに来てくれています。
 
上矢印昨年参加時の写真。ポスター描きも上手!
 
上矢印今では、栄養給餌が必要な子猫のケアもお願いしています。
(必ずスタッフと共に行っています)
 
参加してくれた同じ年頃の子達に分かりやすく説明をしてくれていましたよにやり
 
そんなゆいちゃんの姿を見て「私もゆいちゃんみたくボランティアに来たい!!と言ってくれる子が数名いました。
もちろん、大歓迎ピンクハートで夏休み中に参加してもらうことになりました。
ボランティアにまた来たい子がいたらいつでもご連絡くださいね。
 
今回のボランティア体験の中では「ボランティアって何だろう?」と聞いたことがあります。
言葉は聞いたことはあっても意味までは知らなかった子どもたち。
私は<自分で考えて困っている人や助けが必要な活動を自分で考えて手伝うこと>と伝えました。
学校や家庭では先生や保護者の方がしていいこと、してはだめなことを教えてくれます。
ツキネコ北海道のボランティアでは自分ができることややりたいことを自分で考えて行います。
人それぞれ得意なことやスキルを生かせるのがボランティアで、小学生にしかできないこともあるかもしれません。
 
参加してくれたお子さんの中に今回も体験で心に残ったことがひとつでもあればとっても嬉しくてやって良かったし、いつも伝え続けていることが伝わったと実感することができます。
 


子ども達だけでなく私や他のスタッフ、ボランティアさんも多くの気づきがあったと思います。
 
また来年、この夏休み 親子と猫のボランティア体験でたくさんのお子さんと会えるのを楽しみにしています!
 

担当スタッフ  滝澤
 
 
花火浮き輪花火浮き輪花火浮き輪花火浮き輪花火浮き輪花火浮き輪花火浮き輪
 
猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
 猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
(Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫つながる募金右矢印こちらをポチ
(100円から支援ができます)