小説は確かに「日本沈没」のパロディになってた。


しかし、映画はパロディじゃないよね。

別物として楽しめということかな。
まったりと観る分にはゆるーく笑える。


おもしろくないだろうなって、最初から期待して
なかったにも関わらず、見終わって脱力。

うーん、水増ししすぎてカルピスが水になった
みたいか……。



確かに、原作は短編で、バーのシーンだけだから、
映画にすると短すぎるから、別のストーリーも
からめることになるとは思うけど、
からめなさすぎ。
それと肝心の本来の原作のおもしろさから
かけ離れてたみたい。

著名人とか登場させられないいろんな制約が
あるんだろうけどね。



日本の役者はまあまあよかったんだけど、
外国人俳優さんがねえ……。

わざとなんだろうけど特撮とかのチープ感には
笑えた。


でもは、かなりある。