甲子高原ホテルに行ってみたい!! | 素人の乱5号店・店主日記
2018年06月05日

甲子高原ホテルに行ってみたい!!

テーマ:リサイクル業
リサイクルショップをやっていると、いろんなものが店に舞い込んで来る。
数日前に入って来たものの中にあったのがこの田舎の旅館にありそうなこの大きな灰皿。
なんとなく懐かしい感じ。
 
で、ふとよく見てみるとこんな記載が…
おお、甲子高原ホテル! 聞いたことない!
まさか、宿からかっぱらって来たんじゃ…、それとも記念品でもらったのかな? 普段はいちいち気にしないんだけど、たまたまヒマだったので、ちょっとした興味本位がてら調べて見ました「甲子高原ホテル」
 
出ました〜、レビューがたくさん。どうやら那須のあたりにある観光ホテル。
で、このレビューがやばすぎる!!!! すごい!! こんなにボロクソに書かれるレビューってなかなか見たことない! いや〜、サービス過剰でちょっとでも何かあったらクレームの嵐の現代日本で、これはすごい!! 行ってみたい!!!!!
誰か、合宿しに行きませんか〜
 
あ、ちなみにこの灰皿、300円です。
 
以下、各サイトでのレビュー。行きたい行きたい! 楽しそう!!!!
 
あまりに酷いホテルでした。
何から書いていいのかわかりませんが。。。季節が悪いのか(真夏)、まずホテル前の駐車場に入った途端におびただしい数のアブに車が襲われ(熱に反応するそう)、死に物狂いで宿の中へ入りました。
宿の様子は、壁亀裂&壁紙ボロボロ&汚い&ホコリなど。至る所に蜘蛛の巣。真夏暑いのにエアコン無し。網戸が隙間だらけ&虫だらけで窓締め切り。部屋の急須がきちんと洗われていなくて茶葉こびりつき。部屋風呂は未清掃で髪の毛ビッチリ。大浴場の床は汚い&湯船に虫の死骸。宿の衛生面に不信感を持ったまま薄汚い雰囲気の食堂で食事になりましたが、全く食欲がわきませんでした。作り置きなのか、冷めて水っぽい川魚の塩焼きやキンキンに冷えたサラダなどが出ました。鯉の刺身も出ましたが、とても生ものに手を出す勇気はありませんでした。
従業員の方々も清潔感が無く、対応もいいかげんです。7ヶ月の子供に勝手に源氏パイを食べさせようとしたり。お金を払って宿を出る時の見送り&挨拶すらありません。
たまに思い出して夫婦で話をしますが、話すたびに気分が悪くなります。きちんと調べずに行った私達も悪いですが、いい値段したのに騙されたとしか思えません。いい勉強代になりました。

普段レビューなんて書きませんが、2度と被害者が出ない事を願い投稿させて頂きます。
(トリップアドバイザーのレビューより)
 
彼と、バレンタインデーに絡めて福島旅行で利用させていただきました。3階建ての3階の部屋で、懐かしい位に古めいた部屋で、風呂付きではあったものの、シャワーは壊れて使えないし、お湯を張る気にもなれなかった。ワンフロア貸し切り状態。館内は全体的に寒いです。食事&お風呂がB1階なので、防寒着がないとカタカタ震えるほどでした。食事は家庭的で、美味しかったケド、私には食べきれない量でした。大浴場も貸し切り。天井が壊れて雨漏りバケツ。シャワーはお湯が出なくて、仕方なく浴槽から桶で洗髪するしかありませんでした。露天も使えません。季節外れの雨が降ったので、雪どけの落ちた音が何かに叩きつけるかの様で何度も目が覚める程でした。たぶん、もう、行かない。
(楽天トラベル・レビューより)
 
初めての白河の温泉で楽しみにして伺ったのですが、大変残念でした。
まず、建物内が非常に寒く、温泉に入っている以外は震えている状態でした。
(楽天トラベル・レビューより)
 
こちらのホテルに泊まる機会があり、先日行ってきました。
通された部屋は掃除が行き届いておらず、窓ワクなどにホコリがたまっていました。 おまけに、今は使用していない大昔の冷蔵庫(飲み物を1本抜くとフロントでカウントされるタイプ)が置いたままになっていました。子供さんに昔の遺物を見せてあげるのにはよいかもしれません。 浴場へ向かうエレベータホールには、誰やらが捨てたゴミが散乱したままです。
温泉については無色透明のお湯で、あまり好きなタイプのものではありませんでした。
ベランダに造ったような露天風呂もあるのですが、大人2人入るのがやっとの広さです。しかし、それ以前に湯温が低く、入る気になりません。(注湯口からお湯が殆ど出ていないので、お湯は冷めていくばかり)
朝の露天風呂は昆虫たちがいっぱいです。虫嫌いの方は卒倒するでしょう。でも、虫が来ても、客が風呂に来る前にすくっておくといった気遣いがほしいですね。
このホテルでも日帰り入浴ができるようです。が、700円もします。一考されたほうがよいと思います。
また、風呂上りに飲みたいビール等の自販機は、ほとんどが売り切れでした。
(@nifty 温泉・レビューより)
 

 

松本 哉さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス