月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

少し前のA新聞の書評欄に載ってて、
読みた~いっと思ったら、翌日 書店に
平積みになってて、即買いしてしまったという
とても興味深い本。


「世にも奇妙な人体実験の歴史」
トレヴァー・ノートン (著), 赤根 洋子 (翻訳)
文藝春秋 /2012.7.6/1800円


月灯りの舞

マッド・サイエンティストの世界へようこそ。
常識を覆すマッドな実験が満載。


「全部ほんまに実話なんか?」とびっくりするような
面白い人体実験をよくこれだけ集めてくれたと、
著者のノートン教授に感謝せずにいられない。
               <帯より>


自らジャンクフードだけを食べ続ける映画が
あったが、この本にはもっとすごい実験者たちが登場。


十八世紀の医師ジョン・ハンターは、淋病患者の膿を
自分の性器に塗りつけて淋病と梅毒の感染経路を検証し、
十九世紀の医師ウィリアム・マレルは、ニトログリセリンを
舐めて昏倒しそうになったり等、
放射能、麻酔薬、コレラ、ペストなどの危険性の解明に、
自らの肉体で挑んだ人たち。



医学の為、科学の為、究極の自己犠牲精神をもつ人たち。

ただ、ただその探究心に圧倒される。
この著者も専門は海洋生物学なんだそうだが、
科学史に興味を持ち、科学者が挑んだ実験を
自ら追試し失敗したり痛い目をみたりしているって。


世にも奇妙な人体実験の歴史/トレヴァー・ノートン
¥1,890
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

なんだかちよっとエロティックなタイトルだけど、
官能小説ではなく、「人体」の不思議や謎にせまる本。


「体の記憶」
布施 英利:著
光文社 (知恵の森文庫)/2006.7.5/552円

月灯りの舞

体には30億年の進化の記憶がつまっている。
海底に生息する太古のゆずりのメスさばきと
解剖学への鑑識眼で、気鋭の批評家が体の進化を探る。


「乳房はどう動くか?」「脳の中の怖がり中枢とは?」
「人間以上に進化した生命がつくれるのか?」思わず唸る、
奥深い人体観察記録。解説:茂木健一郎
             <裏表紙より>  


表紙の題字とイラストは日比野克彦


著者は東京藝術大学美術学部卒業し、
レオナルドダヴィンチの研究などもされている批評家であり、
東京大学・医学部助手(解剖学)を経て、
現在は東京藝術大学助教授(美術解剖学)。
恩師は養老孟司。


進化の過程においての人体の変化や、脳のことを
エッセイとしてわかりやすく親しみやすい実例をあげつつ
語っていて、サクサク読める。


とても深く高度なことをのやさしい言葉で語り、
映画や本の引用も多く、解剖学医としの体験談など
話題豊富。


何百という「死体」を毎日解剖していた著者だが、
死体がモノに見えることはなかったという。


そして、著者は美大生でもあり、
裸体のモデルを毎日見て、デッサンしたり
彫刻していた時期もある。


著者にとって死体と裸体は常に探究の素材であった。
そんな著者による「裸とヌードの違い」や
「ポルノとエロス」「男と女の違い」などの
話はとてもおもしろく興味深い。



「女のかたち」という項目で、

“若い男は、女の顔に興味が向く。
 中年になると胸と尻、
 そして老境に入ると足に興味がいくようになる”

という言葉を紹介している。


どうだろう。

それは年齢的なものではなくて、性的志向もあるのかもね。



体の記憶 (知恵の森文庫)/布施 英利
¥580
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

「犯人は知らない科学捜査の最前線!」
法科学鑑定研究所:著
メディアファクトリー/2009.9.3/900円
(ナレッジエンタ読本24)

月灯りの舞


ドアの開閉、ノートの落書き、ケータイの留守電、
コンビニの防犯カメラ―。
普段、当たり前の行動をしているだけで、
私たちはあらゆる場所に「痕跡」を残している。
犯罪者もまたしかり。
一見、何もないように見える犯罪現場から、
わずかな手がかりを頼りに真実を解き明かす。
それが科学捜査である。
驚異的なスピードで発展を続ける科学捜査、
その最先端に迫る驚きの一冊。
          <表紙折り返しより>


人間だけが、生命維持の目的以外で
他者を殺す唯一の動物。
有史以前から、人は撲殺し、刺殺し、毒殺してきた。


「毒殺」の解明が科学捜査の原点だったそう。


そして、19世紀末イギリス人医師ヘンリー・フォールズが
「指紋は終生不変、万人不同」と唱えたことが
現在の科学捜査の幕開け。


指紋鑑定、画像解析、DNA鑑定、音声鑑定、火災鑑定、
交通事故鑑定、筆跡鑑定とそれぞれの章に分かれ、
最先端の科学捜査の実例、検証データが詳細に図表写真入りで
示されている。



「指紋鑑定」と一口にいっても数種類の鑑定方法があり、
どの鑑定が適切かを瞬時に見抜くことが要求されるそう。
今は、ジーンズなどの布地からも指紋採取が可能。


一方、ケータイ世代はケータイメールの打ちすぎで、
親指の指紋が摩擦で傷み、指紋が取りにくくなっているのだとか。

指紋一つからも様々な状況がくみとれる。


声紋分析、音声分析の技術の進歩にも驚く。

声が出るしくみを知ると、「声」の個体差は
大きく、骨格から歯並びはもちろん、
鼻腔や喉の大きさなどもわかり、
360億分の1人の確率で、個人を割り出せるとも。



自殺なのか他殺なのかを見極める鑑定や
事故の鑑定などは興味深い。
やはり無念の死を出してはいけないのだと思うから。


犯人は知らない科学捜査の最前線!(ナレッジエンタ読本24)/法科学鑑定研究所
¥945
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。