月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

愛あるエロ「エロ詩吟、まだまだ吟じます」

一冊目は10万部突破したという「エロ詩吟本」の第二弾。


「天津 木村のエロ詩吟、まだまだ吟じます」CD付き
 天津 木村:著

河出書房新社/2009.4.10/1143円


月灯りの舞-エロしぎん2

七転八倒の男の悲哀。
TVでは決して放送できない、生ネタ満載のCD付。
はるな愛のコメント、チュートリアル徳井との猥談収録。
               <帯より>



この人のエロには愛があるなあーと思ってたら、
本紙の対談の中でチュートリアル徳井が

「愛のあるエッチじゃないと成立してない
エロ詩吟がいっぱいある」
と、言ってた。


♪ お互い終わった後ティッシュで拭いてあげてる時
  お互い すごく幸せ


♪ コンプレックスを感じているであろう場所を
  あえて 舐めてしまう


            『戦時下の男の悲哀』より

            
愛なの、こんなのはマナーのうち?


でも、イッタ後の行動で人間性が
出るよね~。


フェラネタとクンニネタが多い。
ほんと、舐めるのが好きなのねー。


月灯りの舞-ercd

「舐めてて~」シリーズでは、
女の気持ちも吟じてます。


♪ 舐めてて
  口の中に陰毛が入った時
  自分の髪の毛っぽく取る



♪ 上へ乗った時に
  彼への愛が溢れすぎて
  砕けるくらい腰ふる

           『戦時下の女の悲哀』より 


あのユーミンも天津 木村のファンなんだって。
で、ラジオの番組で、

「なんだか今日はイケそうな気がするぅ~」のとこを

ユーミンが
なんだか今日はヤレそうな気がするぅ~」
って言ったんだって。



さすが、ユーミン!!



天津 木村のエロ詩吟、まだまだ吟じます。[CD付き]/天津 木村
¥1,200
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

息抜きに こんな本。

あまりのくだらなさと下ネタ全開に
笑ってしまう。


「天津 木村の エロ詩吟、吟じます。」

 天津 木村:著
 河出書房新社/2008.9.11/1143円


月灯りの舞-エロしぎん

あると思います。


テレビでは決して放送できない
「男の気持ち」を多数収録。
          <帯より>より


100万部突破だって。


「アンパンマン風に申しますと、
エロと詩吟だけが友達、の僕」
というエロ詩吟師範代の本。



♪ もう無理やと思ってても
  乳首を舐められたら
  すぐに二回目いける
 
   **ケーキと乳首は別腹




♪ やり慣れてないのに
  言葉攻めしようとして
  同じセリフを4度言う


    **3つくらいのセリフを使いまわす


       「第4章 戦闘中の男の悲哀」より




一番笑ったのが……


♪ バックのポーズで、
  後ろからお豆さんを舐めてる時、
  あそこには鼻を入れる


     **収納愛撫


        「放送禁止になった男の悲哀」より
      

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「話のつまらない男に殺意を覚える」

ドレミファガール編

   小学館/2007.1.10/1050円

殺意を覚える

世の中の勘違い男をぶった斬ります!!!

                 (帯より)


mixiのコミュニティからうまれた本。


「合コンで」「職場で」勘違い男、つまんない男は

どこにでも出没する。

また、彼氏の場合もある。


暴言、虚言、妄想などさまざまな男の

発言、言動を「女」の視点で語り、

容赦なく斬る。

実に痛快。


ナマミの女たちのナマの発言だから、

生々しい。

思わず、「いるいるいるいるこんな奴」と

うなづき、ミョーニ連帯感を感じて

なにやらストレスが解消されたりする。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「小エロのひみつ
  ―Webやぎの目研究発表」
  林 雄司:著
I  イースト・プレス/2006.2.1/1190円


コエロ

宴席でネクタイをゆるめる姿にキュンとなる。
美術館の隅に座る女性にドキッとする。
ダムの放水に毛穴が開く。
モロとか毛とか、もうそんなエロはうんざり。
日常からはみ出すささやかな妄想=「小エロ」。
ついでに中2、ブルジョワ、人んちのひみつもわかった。
               <帯より>

「死ぬかと思った」シリーズでおなじみの
「Webやぎの目」主宰の研究発表本。

どんなとこにちっちゃなエロを感じるかということを
写真と二人の会話で表している。
この二人の会話っぷりがなかなかいい味だしてて
笑える。


小エロの題材自体は、なんでもないものなんだけど、
著者が語る妄想ぷりがおもしろい。
大爆笑っていうより、クスクスって感じの笑い。
著者のイラストは、一見ほのぼのしてるのに、
案外過激。

「中2のひみつ」も“いるいるいる”って感じで
笑える。
“中2は上履きに「NIKE」と書く”とか
“中2は辞書や地図でいやらしい言葉を捜す”とかね。

著者が中2になって、学生服姿で、20年前に
エロ本を拾った公園に行ってみたり、中2気分で
いろいろ行動する企画もおもしろい。
その気になってる写真がいい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「世にも奇妙な職業案内」
   ナンシー・リカ・シフ 著(写真と文)/ 伴田良輔訳
   1,995円/2004.6.1/ブルース・インター・アクションズ



CMで話題になった「におい鑑定人」から、赤ちゃん調教師、
ゴルフボール・ダイバー、ポテトチップ検査士、殴られ屋、
恐竜掃除人、ボディ・ピアス師、ビールきき、女装学校校長まで。
一見ありえない職業で、明るく真摯に働く人々をご紹介。
 
全て白黒写真で、働いている人物を撮っているのだが、
どの人もいい顔をしている。
訳者もあとがきで語っているが、著者はとにかく人物写真が
うまいのだ。
その職業の特徴をとらえているのはもちろんのことだが、
どの人もその仕事をしているのを誇りにしているような顔だ。
「へえ~、こんな仕事ががあるんだ」と感心しっぱなし。
       
    (2004年12月11日読了分)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「メガネ男子」
  ハイブライト 編
  アスペクト/2005.9.27/1300円

メガネ男


私たちはメガネのキミが大好きです。
決定保存版 総勢120名掲載!
メガネ男子名鑑付き
ナイスメガネ男子インタビュー。
映画、ドラマ、ロック、お笑い、落語、
マンガの世界のメガネ男子たちを徹底研究!
     <帯より>


メガネフェチ、メガネ男子好きにはたまらない一冊。
ビジュアル満載で、とにかくメガネ男子がいっぱいで
メガネ男子の魅力をあますとこなく語っている。

座談会「メガネ男子愛好女子サミット」では
メガネ男子愛を語っている。
mixiの「メガネ男子愛好会」の管理人さん
の熱いけどクールな分析が絶妙。
モテメガネと非モテメガネに関しては
みなさんシビア。
容赦なく斬り捨ててる。
当然だけど、メガネかけてりゃみんな
いいわけじゃあないんだよね。

メガネ男子名鑑は、マンガも俳優さんも
一緒くたに掲載されてるのがいい。

メガネ男子ランキングは意外な人が入ってたり
して興味深かった。
自由課題では「欲張りな女子による○○したい
メガネ男子」には笑った。
「挟まれたいメガネ男子・・・・おぎやはぎ」
とかね。

「メガネ男子の好きな仕草、嫌いな仕草」は、
好きな仕草はだいたいみんな同じで予想通り。
嫌いな仕草で、「ケントデリカットのまね」とか
「手を使わず鼻の上下運動でズレたメガネを直そう
とする」とかって、笑っちゃった。
そんな奴いるのか。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

「自分の顔が許せない!」
  中村うさぎ・石井 政之:著
  平凡社(平凡社新書)/2004.8.11/760円

自分の顔が許せない

なぜ、顔や身体にこだわり、悩まなければならないのか?
「美容整形の女王」と「顔にアザのあるジャーナリスト」が、
その答えを求めて、ユーモラスかつ真面目に対話する。
美醜の競争、化粧と整形、東電OL、マイケル・ジャクソン…。
そして、技術の進歩によって、サイボーグ化するこの時代へ。
自分の顔に満足している人も、そうでない人も、
この「言葉の格闘技」にご参加ください。<表紙折り返しより>




中村うさぎの整形に関してはすでに女性誌で、
豊胸手術の時も仕様前、使用後の写真を
公開していて、興味深く見ていたし、お顔の整形の
写真も何度もおみかけしていたのだが、
この本にはプロセスの写真が載っている。
びっくり。


心臓の弱い人は見ちゃだめなんじゃないかってくらい。
フェイスリフトの手術なので、耳の周りの皮膚と肉の
一部を切り取って縫い縮めている写真なので、
皮膚の下が見えてる。ひー。怖い。
でも、うさぎさんは言う。
「きれいになる夢を見て、整形をするなら
こういプロセスがあることをちゃんと認識して
リスクを負う覚悟をして」と。

第二章「化粧VS整形」は、赤裸々すぎるほどの
あの口調でうさぎさんは語っていておもろしい。
“女は仕事でどんなに成功しても、「だってブスじゃん」
と言われたら、全部崩壊するから。林真理子がいい例
じゃないですか”と語っている。


で、第五章「身体が違うと文化が異なる」という章では
本を読むときに著者の肉体が気になるという石井氏の方も
“どんなに素晴らしい実績をあげても「あいつはブスだ」
で終わっちゃう林真理子の悲しみ~” 
と述べている。
もう完全にブスの記号として林真理子が語られている。
いいのか?

東電OL事件について、「女の価値って数字じゃないんだけど、
彼女は何か価値を確認したい、女の賞味期限へのあせりが
あった」というようなことをのべている。
「仕事はできるけど女としてはどうなのか」ということを
突きつけられたのではないかとも。
ちょっと解釈が違うのではと思うところもあるのだけど、
女性の価値観について語ってるところは興味深かった。
男は仕事で評価されることが当たり前なんだけど、
女の価値ってそれだけじゃないものね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ナンシー関の記憶スケッチアカデミーⅡ」
  ナンシー関:編・著 
   カタログハウス/2004.1.15/780円

記憶スケッチ

与えられたお題を記憶だけを頼りに描く
それが「記憶スケッチ」。
ナンシー理事長の絶評が冴える単行本。


カタログ雑誌「通販生活」に連載されたもの。

ほっと息抜きしたい時に読みたい本。
お題にそって、シロートさんが描いた絵を
ナンシーがとことん評する。
絵もおもしろいが、ナンシーの語りが強烈。
何度読んでも笑える。



裏をひっくり返すと

赤パソコン

「ナンシー関の赤パソコン 青パソコン」

ナンシーのパソコンはじめて物語。

ナンシーがパソコンの箱を開けて、
設置するところから始まっている。
写真入りで楽しい。
消しゴムを彫るナンシー、パソコンに向かうナンシー、
いとうせいこうと対談してるナンシー……。
どのナンシーもにこにこと笑ってて楽しそう。



ナンシーぃぃぃ~。
ナンシーが天国に旅立ってもう三年……。
もうナンシーの新刊は読めないのが
せつない。
ナンシーが天国に旅立ってもう三年……。
ナンシー以上におもしろいコラムニストは
まだいない。



こちらはそんなナンシーの魅力を一冊に
つめこんだ愛蔵版。

ナンシー大全

「ナンシー関大全」
  ナンシー 関:著
文藝春秋/2003.7.26/2800円

単行本未収録コラム&対談、カラーページアルバム&ギャラリー、
『クレア』対談セレクションなどを収録。

真ん中にカラーページがある。
作品の数々がカラーで掲載されている上、
ナンシーの子ども時代の写真や仕事場の写真など
「関直美」としての部分がたくさん載っている。
ナンシーのご両親や妹さん、ご家族の愛を感じる
文章にも涙してしまう。


学生時代のナンシーの愛読書に「家畜人ヤプー」とあった。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

「鉄道ファン生態学」
日下部みどり子:著
2002.9.15/1000円/JTB


鉄道ファン

鉄道と旅をテーマにしたシリーズ。
鉄道ファンを「撮影党」「実踏党」「模型党」
など13の党に分類して、それぞれのマニアぶりを
紹介している。

鉄道マニアといってもいろんなマニアがいる。
鉄道写真を撮るのが好きな人、時刻表が好きな人
など、それぞれの鉄道マニアっぷりを分類し、
その人たちのHPをも紹介している。

これだけならまあふうーん、という感じなのだが、
著者はなんと女装マニアでもあった。
男性である著者が女装して旅をして、
駅を巡っているのだという。
鉄道と女装のコラボ?ディープすぎっ……。 
ラストに著者の写真が掲載されている。
(2003.9.11読了分)

鉄道ヲタ、鉄チャン。
これがほんとの電車男……。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

「もっとできる 男のたしなみ」
  松岡宏行:文 高橋潤:絵
  扶桑社/2005.8.30 /1200円

男のたのしみ
職場の心得、恋愛の奥義。
読めばわかる人生の秘密。
味わい深い著者解説付き。  <帯より>



「男のたしなみ」第二集。
週刊「SPA!」の人気連載の単行本化。

タイツくんの絵柄がなんとも味わい深く
シニカルな言葉をより一層引き立てている。

男ってヤルことしか考えてないのかと
思うけど、なんだか憎めないタイツくんキャラ。
バカバカしさがおもしろい。
息抜きにぱらぱらと読むと なごむというか、
真剣に物事を考えるのが虚しくなってくるような

脱力本。

読者投稿編もついていて、みんななかなか上手い。
小気味なセンスで、大笑いというより
ニヤニヤ笑いの一冊。



笑ったのがこれ。↓

男のたしなみ 絵

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。