「写実画のすごい世界」「島村信之画集」 | 月灯りの舞

月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

誕生日にいつも本をくださる方が、
今年も4冊くださった。


どれも買おうと思ってた本ばかりで、
びっくりした。
テーマは「アート」と「緊縛」か。





◆「写実画のすごい世界  限りなく『本物(リアル)』な女性たち」
   月刊美術 (編集)
実業之日本社/2013.5.29



現在、注目を集めている写実絵画の中から
女性像と裸婦をメインに構成。

森本草介、野田弘志といった巨匠を筆頭に、
島村信之、生島浩、小尾修、原崇浩、石黒賢一郎ほか、
日本の写実画をリードする28名の精鋭たちの女性像を掲載。
                   <帯より>



細密であることが写実画ではない。
そこに凄腕写実画家の「存在」を通してこそ
深く豊かで個性的な作品となるのだ。

ため息が出るばかりの存在感と美しさ、
匂い立つエロスが漂う画集。





◆「島村信之画集」
求龍堂/2011.11.11

「生命の力、健やかな心、究極の理想美 
写実界に清らかな風を吹き込む、待望の初画集」
<帯より>


妖艶だったり、清楚だったり、美しい女たちの
美しい肢体と憂いをおびた表情。
命がふきこまれたようは肌の質感にみとれてしまう。
大切に何度でも眺めたい画集。



写実画のすごい世界/実業之日本社
¥2,052
Amazon.co.jp

島村信之画集/求龍堂
¥4,104
Amazon.co.jp

ユカリーヌさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス