「美術手帖」バルテュス特集 なぜ、少女を描かねばならなかったのか | 月灯りの舞

月灯りの舞

自虐なユカリーヌのきまぐれ読書日記


テーマ:

今月の「美術手帖」

『バルテュス特集 なぜ、少女を描かねばならなかったのか」。


「ユリイカ」もバルテュス特集だったが、
活字ばかりだったので、それはもう
絵画がたくさん掲載されているこちらを。


バルテュスの画業と人生も詳細に語られ、
諏訪敦は彼が遺したポラロイド写真を
読み解いている。


具象画家を追求する諏訪敦の共感性と
深い観察眼が感じとれる。


少女モノといえば会田誠。
「パルティユスと僕」というタイトルで
彼に着いてを語っている。


多様化する「少女」の表現を様々な
角度から検証し、いろいろなアーティストが
語っている。



「バルテュス」展は、
東京都美術館で6/22まで開催中。
ああ、行きたいなあ。


美術手帖 2014年 05月号 [雑誌]/著者不明
¥1,728
Amazon.co.jp

ユカリーヌさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。