新左軸スイング-シンメトリ- | tsukapiko-blog
2012-07-09 21:13:52

新左軸スイング-シンメトリ-

テーマ:ゴルフ
シンメトリーを意識する場合
正面と背面後方からのアングルで立体的に考える
もちろんどちらが欠けても曲がるもの。
ミドルアイアン以下は直線的にぶつけて済むが…



シンメトリーに振る意識では身体が感応しトップも浅くなる


正面から見た場合
トップポジションとフィニシュポジションが
左右対称か?が見れる。
つまりトップでオーバースイングになったり
インパクトまでの力が強すぎて、
フィニシュが力負けしクラブが寝てしまうと、
フィニッシュが収まり切れずに小さくなる、
もしくは左脇の畳みが90度より肘が下がり
結果的に引っかけてしまう。


後方から見た場合

トップとフィニシュの
シャフト角度が揃ってるか?で解る
実際は腕はややフラットに回転してるが
シャフトとヘッドはプレーンの上を通過させる
(トップ→ダウンのみフラットになるが…)

外見や結果論はともかく実際スイングする時
ボールの位置を頂点とした扇となる
シンメトリーに振る意識しか持たない
というか持てないハズ。


だからクラブを立てつつ
トップでフラットにしたり
フィニシュでまた立てたりする等
一番身体が緩み易く力任せに
スイングすればするほど
横降りになってしまう部分は
常にゆったりスイングでチェック!!
普段の素振りでやっとくべき事。

そしてさらにシャープに振るべく
グリップを素早く畳み込む事も
シャドウスイングで刷り込んどく

↑マイHPゴルフコーナー

tsukapikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス