ウィークポイント | tsukapiko-blog
2012-01-29 22:21:49

ウィークポイント

テーマ:ゴルフ
トップでの右足に体重を乗せた踏ん張りは
毎スイング時の最重点チェックポイント。
しかし、それよりも厄介なのは
気が抜けた時や徐々に浸透するエラー。

股関節がテイクバックで後ろに引っ張られ
スウェイする癖が自分にはあるみたい。
常に左膝は飛行線方向へ残しておかなければ~




【縦振りに必要なハンドダウンについて】

クラブをオンプレーンに乗せる事に
早々気持ちが行き過ぎると
アドレス時にセットアップで作った
ハンドダウン状態をギリギリまで維持して
→クラブをしっかり縦てれなくなる
この事はFWなどで芝にある直のボールを
捕まえにくくかつ引っかけやすくなる…

ただ…縦振りに必要なハンドダウン角は
一つ間違えれば、ボールに近づいている事もあり
シャンクやカット打ちの原因にも…(怖)

本来、ハンドダウンで構えてもインパクトで
腕はコックが解けた状態でハンドアップ気味に
ヒッティングしパワーが伝達される様にも感じるし
その逆でハンドダウン(アドレスの再現)を
意識してこそパワーが伝わるとも言う~

その場合、シャフトの長さが邪魔になり
必然的にヘッドのヒールにボールが当たる理屈だが
プロなんかはさらに頭が下がった状態でインパクトする

つまりドライバーでもハンドファーストでヒット、
もしくはシャフトの撓り加えてタメが効いている証明であり
早くタメが解けてダメダメ“ドアスイング”に成れば成る程
シャンクに陥り、左脇を必要以上に締めざるおえない(涙)
その辺の関係性は全くもって謎が多いが…?


↑これはフィニッシュで大きく振る練習か?~一本足打法だな~

引っかけ防止に通じる正確な
円弧を描く行為はフィニシュで前傾を
維持し大きく振る事も重要ですが…
これはパッティングで打った後に
目でボールを追わない事に通じる

特にFWとハーフショットは回転体でなかったり、
股関節がスウェイすると球が散るわ出玉が揃わないわで
理屈はともかくエラーの良いバロメーター!!


↑マイHPゴルフコーナー

tsukapikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス