窓の内側はポカポカ春本番ですが、しかし気温は未だ厳しく予想最高気温は0℃!ましてや海の水は... | つじの蔵 旬のブログ
2019年03月07日

窓の内側はポカポカ春本番ですが、しかし気温は未だ厳しく予想最高気温は0℃!ましてや海の水は...

テーマ:ブログ
View this post on Instagram

窓の内側はポカポカ春本番ですが、しかし気温は未だ厳しく予想最高気温は0℃!ましてや海の水はまだまだ冷たかろうに。当別町に海はありませんが実は海にすごく近い。海の幸の恩恵は少なからず受けられる環境です。もっとも、私は狩猟するよりお買い物系、もしくはありがたく分けていただく恩恵です。 親しい狩猟民族様に「銀杏藻」を分けていただきました感謝感謝。 「銀杏藻」別名「ホトケノミミ」。氷点下の海に入り手作業で摘み取ります。極寒の海で大変な思いをしてまでも食べたくなる「銀杏藻」。食べる分だけ水で洗ってお椀に入れて熱々のお味噌汁を注ぐ。サラダや天ぷらも美味しいそうですが私はお芋のお味噌汁が1番!と思います。それにしてもちょっとなみなみと注ぎすぎた。 申し訳ありませんが《つじの蔵》では時々「銀杏藻」が入荷します。すぐ売り切れます。運がよければ入手可能、という状況です。 一食分で200円です。 #銀杏藻 #銀杏藻の味噌汁 #ホトケノミミ #ターサイと豚肉のオイスターソース炒め #タコのカルパッチョ #油揚げのパリッと焼き #当別町 #つじの蔵

つじの蔵さん(@tsujinokura)がシェアした投稿 -

つじの蔵さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ