こんにちは!
スマイル整骨院の田中です!

先日、
右側の腰痛で来られた女性の患者さんのお話です。


以前に、
左側のヘルニアと診断され、

その時には左側の大腿部後面に神経痛が見られました。


今回はそれとは違い、
右の腰部が痛く、

立位での上体回旋を行うと、
右の回旋時痛とROM制限があり、腰部屈曲も伸展も行いにくいとの事でした。


治療としては、
右の腹斜筋へのアプローチと
右腕の挙上ROM制限があったので右腕の尺骨の治療を実施しました。


右腕のROM制限は回復し、

再度、検査を行うと、

腰部の屈曲と伸展動作の改善および右回旋の回復と疼痛が消失しました。


この方の腰痛は

腰痛は原因ではなくて症状なのです。


腰以外の動作制限が腰へ負担がかかり痛みがでていました。

多くの場合は股関節の動きの制限より腰痛が誘発されますが、

今回の女性の場合は介護による
上肢の使いすぎと、
上肢を使うときに上体の捻れにより
右の腹斜筋の緊張が、
腰部に負担をかけていたと思われます。


帰る際には
腹斜筋のストレッチを行ってもらい、
もう一度、腰部の屈曲と伸展を行なってもらったところ、

ROM制限が回復し、
ぽろっと『めっちゃ楽にいける』とお言葉を溢されて、

こちらもほっこりと、安心いたしました。


一見ヘルニアが原因かも?と
早とちりされる方も多いかと思いますが、

なんでもかんでも紐付けをせず、
むしろ紐をときながら治療をすると、

効果は得られやすいかもしれませんね。