こんにちは😃
スマイル整骨院の田中です!


本日は肩を痛められている方の

お話になります!



俗に言う
★五十肩、四十肩
★スポーツ外傷である野球肩
★関節の柔らかさからくるルーズショルダー
★バンカート損傷やヒルサック損傷


の方々にとって大切な筋肉をご存知でしょうか?


それは

ローテーターカフ。


別名 肩の回旋筋腱板。




★棘上筋
★棘下筋
★小円筋
★肩甲下筋

の4つの事をさします。

これらの筋肉の機能や柔軟性が低下すると、


肩の障害や痛みを誘発しやすくなります。


★棘上筋
棘上筋は、主に上腕を外転させる動作(腕を上に上げる動き)をサポートしています。上腕の外転には三角筋などの大きな筋肉も関わっているため、棘上筋がメインとして活躍することはありません。

★棘下筋
棘下筋は、主に肩関節を外旋させる動作(腕を外に広げる動き)と伸展させる動作(腕を体よりも後ろに下げる動き)をサポートします。

★小円筋
小円筋は、主に肩関節を外旋させる動き(腕を外に広げる動き)と伸展させる動作(腕を体よりも後ろに下げる動き)をサポートしています。


★肩甲下筋
肩甲下筋は、主に肩関節を内旋させる動作(腕を内に曲げる動き)、肩関節を内転させる動作(腕を下に下げる動き)、肩関節を伸展させる動作(腕を後ろに下げる動き)をサポートしています。あまり知られていない筋肉ですが、肩甲下筋は全身の中でも上位に入るほど大きな部位です。肩関節の動きに対する貢献度は、三角筋に次ぐ第2位の筋肉と言ってもいいでしょう。


これらの筋肉を鍛え、ケアをすることが、

肩の痛み改善の近道になることが多いです。


肩の痛みでお悩みの方は、


スマイル整骨院へお任せください!


スマイル整骨院のホームページ

https://smile-seikotu.com


スマイル整骨院Instagram

https://www.instagram.com/smile.goriki