気楽に行こう

自分のメモ帳です。
①自分が幸せで人にも喜んでもらえる生活
②健康でほどほどに活動的な生活 ③エコで楽しい生活を模索中


テーマ:

これまで豪ドル売買で早めに売りすぎて、すこしの利益しか取れなかった。今日、なんとなく感じていたことを下記のHPで再発見した。

ー以下抜粋ー


スワップ生活で悠々自適 野村雅道さんが教えるFX投資法



http://www.trade-trade.jp/contents/fx_cfd/swaplife2/index_2.html


長期スワップ投資は時間さえ味方につければよいのですから。 豪ドルで2倍のレバレッジなら、仮に急激な円高が進んだとしても、即ゲームオーバーにはならないはずです。


ここが長期スワップ戦略のポイントで、とにかく退場させられないようにリスクをコントロールする必要があります。そのためには過去のレートを見て、ここ数年間にどの水準まで円高が進んだのかを把握。そして、現在の水準で、レバレッジを2倍にしてエントリーしても、マージンコールがかかったり、最悪、強制ロスカットになったりせずに済むかどうかを検証します。そして大丈夫だと思ったら、エントリーするわけです。

あとは基本的に持ち続けること。ある程度、円高になったとしても、スワップポイントによって、そのロスは徐々に穴埋めされていくからです。どうでしょう。これならデイトレのような精神的プレッシャーから開放され、楽な気分で相場と向き合うことができるのではないでしょうか。

最大のリスクを想定してポジションを取ることが大切です。過去の値動きを見て、23倍のレバレッジをかけても、マージンコールや強制ロスカットという憂き目に遭わないかどうかを把握します。


買った外貨をキャッシュで受け取り、外貨のまま使えば為替リスクを気にしなくても済みますので、現受けというシステムがあるFX会社を選ぶというのも、リスクをコントロールするためには必要です。



基本的には長期スワップ投資が7、短期のデイトレが3という比率です。あくまでもベースは長期スワップ投資で、ちょっとしたタイミングを見つけてデイトレを繰り返す。この程度が精神的にも楽だと思います。


損切りも大事です。長期スワップ取引では、損切りせずに済むようなレバレッジで運用しますが、短期トレードの場合は、多少なりともレバレッジを高めにしてトレードします。それだけリスクも高くなるので、シナリオに間違いがあったと思った時は、潔く撤退することも大事です。








いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。