精子分離装置(スパームセパレーター)による精子の選択

1.異常を持つ精子が、受精卵の発育と赤ちゃんに及ぼす影響

父親の遺伝情報DNAは精子の中に、母親のDNAは卵子の中に入っており、精子と卵子が融合して赤ちゃんのDNAを形成します。

 異常なDNAを持つ精子が卵子と受精すると、受精卵の発育や赤ちゃんに良くない影響を及ぼす恐れがあります。

2.精子DNAの断片化

DNAは二重のらせん構造をしていますが、これが損傷している状態を「DNAの断片化」と言います。

精子のDNAの断片化は、高温や低温、その他の物理的損傷や、活性酸素による酸化ストレスなどによって引き起こされるとされています。

 精液検査所見が正常の場合や、顕微鏡で正常形態の精子でも、DNAの断片化が起こっていることがあります。

3.精子DNAの断片化率

精液中の、DNA損傷を受けた精子が含まれている割合です。

精子DNAの断片化率が25%以下の場合に、パートナーの妊娠率が高くなるというデータがあります。

また習慣性流産では、精子DNAの断片化率や活性酸素値が高いという報告もあります。

4.精子DNAの影響は、胚発生の3日目以降に出現

精子のDNAは、受精後3日目以降の受精卵の発育に関係します。そのため、精子のDNAが断片化していると、3日目以降の受精卵の発育に悪影響を与え、胚盤胞到達率や妊娠率の低下、流産率の上昇に関連します。

5.DNAの修復機能

卵子には卵子DNA断片化などの異常を修復する能力が備わっていますが、精子にはそれがありません。そのため、DNA断片化が起こった精子が卵子と受精すると、卵子のDNA修復機能により胚の修復がされます。

しかし、その卵子のDNA修復機能が低下している恐れもありますので、DNA断片化が起こっていない精子を選択することが重要です。

6.精子分離装置(スパームセパレーター)

約30分で運動性精子を回収する装置です。

高温や低温、その他の物理的損傷や、活性酸素による酸化ストレスなどによって引き起こされるDNAの断片化の危険性を低減します。

回収した精子のDNA断片化率は低く、顕微授精では胚盤胞到達率、着床率、妊娠率などが向上したとする報告があります。