ボストンゆる節約生活

ボストンゆる節約生活

2018年秋にアメリカボストンでの生活を始めました。
物価の高いボストンでゆる節約をモットーに生きてます。

先週末、ボストンコモンのベンチでお昼を食べていると…


ぐいぐい来るリス達にたかられてしまい困りましたガーンガーン


そもそもダウンタウンで買い物をする前に腹ごしらえと思って、ハンバーガーハンバーガーをテイクアウトしました。

ハンバーガーはボストンコモンの目の前にある
MOOYAH BURGER(ムーヤーバーガー)ハンバーガー


先日、友人と食べたのですが、特にサイドのハンドカットポテトフライが美味しくて今度は夫と。


モスバーガーの菜摘みたいにバンズの代わりにレタスも選べます。
が、まぁ普通にポテトバンズで!
前回は全粒粉のバンズを食べましたが、それも美味しかったです照れ

私たちが注文したMOOYAH Cheeseburgerは野菜がレタスとトマトだけですが、ピクルスやオニオンなどが追加できます(ほぼ無料だけど一部有料)。


天気もまあまあ良かったので、ボストンコモンに移動紅葉


そしたらリスが前後左右から寄ってくる寄ってくるガーン

リスを追い払うのに必死で落ち着いて食べれなかったですガーン


でも、バーガーを食べ終えてポテトだけになったらみんな居なくなってしまいました。
別の日にハンバーガーをボストンコモンで食べた時もそうだったんですよね〜。

やっぱりタンパク質ステーキが食べたいのでしょうか?
匂いでわかるのかな?

家の近所のリスは近付いたらすぐ逃げますが、ボストンコモンのリスは全然人間を怖がらない。

公園から出る時にミックスナッツをあげているご家族を見かけたので、ボストンコモンにいるリスは人間は食べ物をくれると学習しているんだなぁ。

ちょっとイソップ物語の田舎のネズミと都会のネズミねずみの話を思い出してしまいました。


あ!でもリスは野生動物なので、餌付けしたり触ったりは絶対しないように。

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によると、北米においてリスとの接触や咬傷によって起こり得る感染症はレプトスピラ症、ペスト、野兎病などいずれも適切な治療を受けないと死に至る可能性がある疾病なので注意ですハッ
(リスの咬傷による狂犬病はアメリカではこれまで発生してないそうです。でもアメリカは狂犬病清浄国では無いので、リスからの感染が100%無いという保証はありません…アセアセ)

リスは可愛いですが、一定の距離を取って愛でたいですパー