先日の関西ペイントKIP's会議で、MBS取材用の塗料が参加者にプレゼントされました(トップ画像のもの)


で、関西ペイントのビューティー桂川さんが「坪井さんはこれで何か塗ってInstagramにアップしてください!」と目をキラキラさせてるので。。やるしかありません(笑)

頂いた色を弄らず、
そのまま塗装。

弄ったら意味がありませんから。
先日、近所の建築現場で頂いたサイディングパネルを使います。

折角だからストーリーを頭に描きました。


~✨~✨~✨~✨~

サイディングの住宅。

塗り替えの時に、
旦那さまの欲しい色、
奥さまの欲しい色、
お子さまが欲しい色、
それぞれが違い、
話し合いが平行線。

そんなとき。

「旦那さま、奥さま息子さん、娘さんは
ご家族であっても
考え方が違うじゃないですか。

色彩のように。

それであれば、一つの色とせず、
家族みんなの色を多彩な模様として
表現しましょう」

と塗って見せる。

それぞれが特徴的な色だけど、
一つの板に表現されたのは
そのご家族らしい多彩色。

ご家族の色が表現され、
マイホームに対する愛着と、
ご家族の結束が深まる。

そんな塗り替えだったら楽しいなと
想像しながら塗りました。

これも塗装ならではの可能性の探求。

これが、ツボイ塗工 Design plusです。

大好きなお客様がデザインプラスという名称を下さいました。

そのお優しい気持ちを私はこれからカタチにしてゆきます。




左から
①サイディング生地
②RSプライマー(リフォームサミット専用)
③目地ベースカラー
④多彩カラー1
⑤多彩カラー2
⑥多彩カラー3

実際の運用になるとここにクリアを塗るか、
ベースカラー部分を二回塗りとして、
耐久性を担保するかになります。

強めのパターン。
色を見るために適当に塗ったもの。
目地に色がついているので失敗ですが、
筆で目地をなぞればきれいになりますので、
大した失敗ではありません。

こちらは馴染ませタイプです。