鳥の保護活動/TSUBASAみらくる日記





会員専用ブログ【学びの小部屋】はこちら から。

※学びの小部屋閲覧には、2021年の会員パスワードが必要です。


TSUBASAへのお問い合わせは、下記にお願い致します。

(当ブログアカウントへのお問い合わせはご遠慮願います)

Mail:tsubasa0615@gmail.com  Tel:048-480-6077(13:00~17:00)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ブランコが好きっ

とある日のNizuU-WAたちの様子

 

さて。ブランコに乗っているオカメさんたちは何羽オカメインコオカメインコオカメインコ

 

このこは・・・

 

乗ってませんてへぺろ

 

正解は

 

 

9羽中 4羽ベルベルベルベル

けっこう高い確率で乗ってる気がする・・・キョロキョロキョロキョロキョロキョロ

 

ちなみに。

ブランコに乗っていたのは

カンカン

 

テンテン(左) トン(右)

 

ブランコといえば、このこ、ジュンさん

 

この状態で長いことぶらさがってます

 

NizuU-WAオカメはブランコが大好き。

なので。基本、すべてのケージにブランコが入っている爆  笑

 

ある日のブランコ順番待ち??!の光景

 

今日も一日お疲れさまでした。また明日。

元気なカタリーナ

皆様、こんにちは!大西です。

今回は、カタリーナをご紹介します。

TSUBASAのとり村の鳥たちの中でも

とても存在感のあるカタリナコンゴウインコ

の男の子。1997年3月生まれです。

カタリナコンゴウインコとは、ルリコンゴウと

アカコンゴウインコのハイブリットです。

朝、鳥たちのいる二階に行くと、「おはよ~⤴」と元気良く

挨拶してくれます。

それが高めの可愛い声なんです。

『かわいいなー、ギュッとしたいなー』と思いますが

そんなことをした時には大変です。

咬む力が強くて速いからです。

おもちゃとして段ボールや、箱をあげると、すぐに破壊します。

これは2個目なんです(・∀・)

1ヵ月前は、名前を呼ぶだけでカツーンとくちばしを

ケージにぶつけて『あなたじゃなーい』

といわれているようでしたが、今は、くちばしとベロと

頭を撫でさせてくれるようになりました。

見た目は大きいし声も大きいし、強いけど、気持ちは

甘えん坊のやきもちやきなのかなー。

皆様も、とり村にいらした時にはカタリーナに話かけてみて

くださいね❤

手は気を付けてくだいね!!

ありがとうございました。

レスキュー文鳥里親会:お申し込み開始のご案内(12/4〜5まで)

 

こんにちは。

先日ご案内をした「文鳥103羽レスキュー報告会」の配信につきまして、多くの方にご視聴並びにシェアをしていただき、大変嬉しく思います。

 

本日4日(土)から5日(日)までの期間で、レスキュー文鳥里親会のお申し込みが開始となります。

条件や制約も多い中での里親募集となり恐縮ですが、無理のない範囲でご検討いただけますと幸いです。

文鳥里親会のお申し込み、詳細はこちら

 

また、報告会の配信も同じく5日までとなります。

こちらはどなたでもご視聴いただけますので、ぜひご視聴くださいませ。

 

ノーリアクションが、いいの?

 

いつもありがとうございます。

 

顔から火が出るくらい赤面する恥ずかしい言動をしたことはありますか?

 

私の場合は、歳を重ねても相変わらず恥ずかしい言動がたくさんあります。(^_^;)

 

その中から20代後半の頃(大昔です)赤面した思い出をご紹介します。

 

雨の日の夜、中央線「武蔵小金井」駅下り線ホームに停車中の電車のドアが閉まりかけていたときでした。

一緒に飲んだ仲間と一斉に走り飛び乗りました。

最後に飛び乗ったのは私です。

「滑り込みセーフ」と思った瞬間に、滑ってしまいました。

そして、その直後ドアを閉まってしまったのです。

そのとき私の身体は電車の中、首から上が外(ホーム)という状態でした。

慌てて仲間や周りの人がドアを力づくで開けようとしましたが、なかなか開きません。

ちょうど改札に近かったので駅員も気づいてくれて、ドアを開けてくれました。

 

いやぁ、恥ずかしかったですね。

一気に酔いが醒めてしまいました。

 

苦笑いをしながら周りを見渡すと、車内の皆が私一人に注目しているように見えました。

顔の表面温度が急上昇している感じがします。

仕方なくこの恥ずかしさを仲間と共有しようと思ったら、なんと皆は知らんぷり。

冷たいなぁ~(苦笑)。

 

つまり私の飲み仲間は「ノーリアクション」。

私の気持ちとしては、一緒に笑って欲しかったです(苦笑)。

 

降りる駅ではありませんでしたが、次の駅で降りるしかないと思いました。

その次の駅までがいつもより、とても遠く長く感じてしまった次第です。

皆さんもくれぐれも駆け込み乗車はしないようにしましょうね。

特に雨の日は滑りやすいので。

 

ところで鳥たちは赤面することってあるのでしょうか?

 

鳥たちの行動を観察していると、振り向いた瞬間にケージに顔をぶつけたり、飛び移ろうとした止まり木にうまく着地できなくて落ちたり、歩いていて物に足を取られ、つまづいたりする光景をときどき見ます。

 

そんなとき鳥たちは、ぶつかった物に八つ当たりをしたり、一瞬、周りを確認して素知らぬ振りで立ち去ったり、あるいは笑って(?)ごまかしたりする子がいます。

 

こんな光景を見ていると人間と一緒だなと思ってしまいます。

もしかしたら鳥たちも恥ずかしいという気持ちがあるのでしょうか?

 

もし、あるとしたら「ノーリアクション」がいいのか、一緒に笑ってあげるのがいいのか悩むところですね。

 

素敵な週末になりますように ♪ (^o^)/

 

 

               (松本壯志 記)

 

=== セミナー・イベント情報 ===

 

●【延期】9月12日→日程未定:新潟(満席)

バードライフアドバイザー3級認定講座

中学生たちの見学がありました♪

こんにちは、望月です。

先日、中学校の生徒さんたちが見学に来られたので、その時の様子をご紹介します。

 

 

今回来られたのは中学校の生物部の子たちです。

まずはTSUBASAの紹介や鳥についての簡単な勉強会を行い、その後に施設をご案内しました。

生物部ということもあり、皆動物が好きな子たちのようでしたので、真面目に聞いてくれていました。

 

 

2階の中庭で鳥についての説明をしている様子です。

とりわけ主張が激しかったのは、オオバタンのトキちゃんです。

久しぶりの大人数でお客様が来られたせいか、喜んでいるようでした。

私が説明している側で、私や学生さんたちの周りをウロチョロ歩き回って、アピールしていました。

 

 

たくさんの人の注目を浴びれて、よっぽど嬉しかったのでしょう。

しまいには、雄叫びで喜びを表現してくれました(^^;)

この雄叫びは学生さんたちにとって衝撃だったようで、しばし呆然としていました。トキちゃんの姿を見て、可愛さだけでなく、飼育の難しさも同時に伝わったようでした。

彼らにとって、少しでも学びの機会になれば嬉しい限りです。

 

【文鳥レスキュー】たくさんのご支援、ありがとうございます part3

こんにちは。トキ(オオバタン)です。

 

 

今週月曜から 103羽の文鳥レスキューについての報告会を公開してます。

すでにご覧になられた方もたくさんおられると思います。

 

報告会の中でもお伝えさせていただいておりますが

レスキューについて皆様にお知らせさせていただいて以来、

たっくさんのご支援、差入れ、暖かいお言葉をいただいておりますので

ボク トキからもご報告と御礼をお伝えさせていただきます。

 

【ご寄付について】

11月24日現在、500名を超える皆様から

750万円を超えるご寄付をいただいております。

ボクたちが想像していたよりはるかに大きなご支援・・・びっくりおねがいびっくりおねがい

みなさま、ありがとうございます飛び出すハート

 

文鳥たちの検査代はもとより、

これからも続くであろう投薬・治療、保温などの環境整備、

残念ながら命を救えなかった文鳥さんの剖検など・・・

これから起こりうることに対応できるほどのご支援は、大変心強いものです。

ボクたちに何かがあった時、スタッフはもちろん、お金のことよりボクたちの命を最優先して行動をとります。

とはいえ、心の片隅に費用のことが気にかかるのも、また仕方のない事実泣くうさぎ

たくさんのご支援をいただけたことは、

大きな気がかりがひとつ減ったということ。

とってもとっても心強いです。

 

今回の文鳥さんたち、手ごわそうなやつらがお腹にいたりするんだって。

お腹の部分を獣医師さんが触って確認すると、

健康な文鳥さんのお腹とはだいぶ様子が異なるらしいんだ。

施設に入ってきて間もなく、文字通り徹夜で糞便検査を

獣医師さんがしてくれたんだ。

その結果に基づいて、一定期間投薬をし、

また便を採取して顕微鏡をのぞいてその効果を確かめる・・・・・・・

それを100羽分滝汗滝汗滝汗

聞いただけで、気が遠くなる作業だよね。

こればかりは飼育スタッフはお手伝いできないから、

施設の獣医師が夜間に地道に進めているんだ。

時々、ボランティアの獣医師さんがお手伝いに来てくれてる。

 

これは、投薬のほんの一部。

1.5リットルのペットボトルに入ったお薬は、2本/日使用するらしい。

錠剤は粉状に砕いて使うんだけど、

1回じゃミルサーに収まりきらないくらいの量を砕いて使ってるんだって。

 

薬の量や種類もだけど、その労力がスゴイ・・・ガーンガーン

 

決して健康な文鳥さんたちとは言えないけれど

それでも手を尽くして、少しでも良い状態でお迎えしていただけるよう

獣医師さんと飼育スタッフはお世話を行っています。

今週末、里親さんの募集が行われます。

ご検討いただけたら、うれしいです。

 

(報告会・里親会についてのご案内はこちら↓

文鳥103羽レスキュー報告会&文鳥里親会のご案内 | 鳥の保護活動/TSUBASAみらくる日記 (ameblo.jp))

 

(和(のどか)ちゃん。 飼育スタッフによると

見た目は一番心配になるけれど、一番元気いっぱいの文鳥さんらしい)

 

まだまだお伝えしたいことはあるけれど。

この続きは、また。

文鳥103羽レスキュー報告会&文鳥里親会のご案内

 

こんにちは、本日29日(月)から12月5日(日)まで、文鳥103羽のレスキューについての報告会を配信します。

どなたでも無料でご視聴いただけますので、多くの方にご視聴いただけますと幸いです。

 

【文鳥103羽レスキュー報告会】

○開催方法:TSUBASAのYouTubeチャンネルにて配信します。

 

○配信期間:11月29日(月)〜12月5日(日)

 

○報告担当:松本(代表)

      望月(理事)

      越阪部(飼育スタッフ)

      戸島(獣医)

 

○内 容 :今回の103羽の文鳥たちをレスキューするまでの経緯や、

      現在の状況、里親会に関しての詳細をお話しします。

 

○参加費 :無料(お申し込み不要、どなたでもご視聴いただけます)

 

動画のURLはこちら↓

https://youtu.be/n1X_NmjPlUc 

 

【レスキュー文鳥里親会】

今回のレスキューした文鳥たちを対象とした里親会です。

(通常の里親会とはルール等が別となります)

 

文鳥里親会の流れ
・12/4~12/5  :里親会お申し込み期間
・12/7~12/10  :面談期間
・12/16~12/30:文鳥の受け渡し期間

 

里親会ご参加並びに里親への条件
一生涯可愛がってくださることを最低条件としその上で、以下の事柄にご納得いただける方に里親になっていただけますと幸いです。

①.文鳥レスキュー報告会の配信をご視聴ください。(11/29〜12/5まで配信)

②.12/7~12/10いずれかの時間帯で面談(zoom)をお願いします。

③.12/16~12/31の期間で文鳥を引き取りにお越しください。
(施設:埼玉県新座市まで直接お越しいただく必要がございます)

④.現在鳥を飼われていない方は、2羽以上(上限5羽:1ケージ分)でのお迎えをお願いします。
※先住の文鳥さんがいるご家庭は1羽でも可。

⑤.お迎え後、3月末までに健康診断に行ってください。(報告の義務有り)

⑥.お迎え後は繁殖を行わないでください。

⑦.寒さに弱い子たちですので、保温ができる準備をお願いします。
(現在27〜30℃で管理しております)

 

レスキュー文鳥里親会のお申し込みや詳細、その他の注意事項に関しては、下記のURLをご参照くださいませ。

※里親会のお申し込みは、12/4〜5の期間となります。

https://www.kokuchpro.com/event/buntyou103/

 

 

インコ・オウムのおしゃべりはスマホで音声認識できるのか?

いつもTSUABSAの活動をご支援いただきありがとうございます、飼育の佐藤です。

仕事中いつも鳥たちのおしゃべりを聞いているのですが、よく聞き取れず実際に何て言っているのか疑問に思った事が多々あります。

もしかしたらスマホの音声認識機能で文字にしたら理解できるのではないか?と考えてみました(笑)

そんな訳で実際のやってみました・・・

まずは人間がはっきり認識できる言葉をおしゃべりできる鳥さんで実験です。

●モモイロインコのモモちゃんで実際に音声認識できるか試してみました。

方法はスマホのメモ帳でマイクボタンを押して音声入力モードでおしゃべりして

もらうだけです。

モモちゃんのおしゃべりする様子は過去にYoutubeのNPO法人Tsubasaのチャンネルでアップしているので参考にしてみてください。

モモちゃんのおしゃべり - YouTube

はっきり言葉として認識できると思います・・・

今回モモちゃんには「バイバーイ」とおしゃべりしてもらいました。

落花生を持って手を左右に振るとすぐおしゃべりしてくれます(笑)

頭を振りながら「バイバーイ」といつものようにハッキリと大きな声でおしゃべり

してくれました、さすがモモちゃんは安定しているなぁと感心して画面を確認、

しかし・・・

 

結果は何も入力されず・・・

その後何度か挑戦して何とか入力されたのは・・・

まさかの「あぁあぁ」(笑)

 

自分で「バイバーイ」と言った場合はちゃんと入力される

まぁ当たり前ですが・・・

なんなら、囁き声(ささやき女将みたいな声?)でもちゃんと認識します。

なのに鳥の声は認識できない謎・・・

皆さんもぜひ試してください(笑)

文鳥レスキューの報告会&文鳥里親会開催のお知らせ

 

こんにちは。

103羽文鳥レスキューについてメルマガやブログでのご報告以降、沢山の温かいお言葉、ご寄付、施設の鳥たちのボランティア等、皆様には様々な形でご支援頂きました。

この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

 

表題の件ですが、この度今回の文鳥たちのレスキューについての報告会並びに、文鳥たちの里親会を開催することになりました。

報告会はYouTubeにて配信致します。

参加費は無料で、お申し込みも不要ですので、多くの方にご視聴いただけたらと思います。

里親会の詳細につきましては、後日また改めてご案内させていただきます。

 

今回のレスキューについて多くの方に知っていただき、参考となるところがあれば嬉しい限りです。

 

【文鳥レスキュー報告会】

○開催方法:TSUBASAのYouTubeチャンネルにて配信します。

 

○配信日 :11月29日(月)〜12月5日(日)

 

○内 容 :今回の103羽の文鳥たちをレスキューするまでの経緯や、

      現在の状況、里親会に関しての詳細をお話しします。

 

○参加費 :無料(お申し込み不要、どなたでもご視聴いただけます)

 

報告会のURL並びに里親会の詳細は、29日に改めてご案内致します。

 

 

 

動物たちが持っている神秘的な力!?

いつもありがとうございます。 

 

特に目的もなくウインドショッピングをしていると、つい店内に入ってしまうことってありませんか?

そんなときに限って、すぐ店員さんが声をかけてくることがあります。

 

「早すぎる!」

 

なんて思いながら、結局何も見ないでそのお店を後にしてしまいます。

 

逆に買う気満々で行くと、定員さんが忙しそうで声を掛けれずに店を後にした、という経験が私の場合よくあります(苦笑)。

  

さて、今日の話はペットショップです。

 

デパートやホームセンター内にあるペットショップだと、10時開店の20時閉店という所が多いと思います。

10時に開店させるために、ケージやお店などの掃除、動物たちへのお世話だけでも手一杯です。

すべての業務を終わらせるのは至難の技ではないでしょうか。

 

結局開店前に終わらせることはほとんど無理なので、どうしても開店したまま作業を行うしかないのが実情かもしれませんね。

 

しかも開店してからは商品の管理や電話、そしてお客様への対応など、息する暇さえないような状況です。

 

 先日、とあるホームセンターのペットショップに行ってきました。

予想通り店員の皆さんはとても忙しいそうに働いていらっしゃいます。

忙しい、というオーラが全開で、声をかけるにも勇気が必要です。

こんな状況でしたら、たしかに業務は忙しく疲れるでしょう。

 

そんな定員さんに、こうすれば疲れやストレスが和らぐ方法をおご伝授します。

 

動物たちはかまってほしいようで、視線を店員さんに投げかけています。

どんなに忙しくても動物とすれ違うときに、動物たちを見てほしいのです。

もう一歩進めるとしたら、このとき名前を呼んであげてください。

きっと動物たちの目が輝き、笑顔の瞬間を感じると思います。

 

たったこれだけのことですが、きっと疲れとストレスが和らぐはずです。

だまされたと思ってやってみてはいかがでしょうか。

動物たちが持っている神秘的な力を、お借りしてもいいんじゃないですか。

 

動物たちのおかげで疲れやストレスが和らいだら、今度はもっと動物たちが幸せになれるようにしてあげてほしいと願います。

 

   

素敵な週末になりますように ♪ (^o^)/

 

               (松本壯志 記)

 

=== セミナー・イベント情報 ===

 

●【延期】9月12日→日程未定:新潟(満席)

バードライフアドバイザー3級認定講座

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>