鳥の保護活動/TSUBASAみらくる日記

 


 



 


会員専用ブログ【学びの小部屋】はこちら から。


※学びの小部屋閲覧には、2020年の会員パスワードが必要です。


 


TSUBASAへのお問い合わせは、下記にお願い致します。


(当ブログアカウントへのお問い合わせはご遠慮願います)


MAIL:tsubasa0615@gmail.com  TEL:048-480-607(13:00~17:00)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

先週のお写真

皆様こんにちは!越阪部です。

今日は先週撮れたいいお写真をご紹介したい思います!

 

 

先週の木曜の朝はすごい霧でしたね、

↑TSUBASAの前

この中の運転は怖いですよね、🚙

 

他のスタッフと某霧映画の話題で盛り上がりました(笑)🎦

 

 

 

続いてはこちら

ピンク@オカメインコ

 

食器交換などで手を入れるとすごい怒られるのですが

外からだとカキカキさせてくれます。

 

実は甘えん坊なピンクさん照れ

 

 

 

 

 

お次はこちら

ソロ@ソロモンオウム

 

水入れに豪快に頭から、、、

寒くないんでしょうか、(笑)あせる

 

 

お次はこちら

小さく可愛らしいまん丸なお客さん@スズメ

 

TSUBASAの前に植わっているキウイの木に沢山来ていたのでパシャリカメラ

 

 

この後大きなトラックが来て飛んで行ってしました🐤

 

 

 

以上で先週の写真のご紹介でした

段々と冬に近いてきましたね、寒くなってきましたので

皆様もご自愛くださいませ。

それでは失礼いたします。ニコニコ

鳥インフルエンザの感染広がる、、、!?

いつもありがとうございます。

 

各地で新型コロナ感染者数の記録を更新しています。

この関連のニュースが大きすぎるため、つい見落とされていますが、

実は鳥インフルエンザの感染が広がっています。

香川県、兵庫県、福岡県で大量の鶏が処分されているようです。

福岡の動物園では動物たちとの「ふれあい」も中止になりました。

 

新型コロナの感染拡大も当然心配ですが、鳥インフルエンザに

ついても注視していきたいと思います。

 

そんな中、来年の2月末に渦中の福岡でセミナーを開催予定です。

もちろん新型コロナや鳥インフルエンザの感染が広がれば中止または

延期します。

新型コロナや鳥インフルエンザが収束することを願って、

以下の通りのご案内致します。

 

●2月27日(土)福岡(12月2日20時受付開始)

TSUBASA愛鳥塾

https://www.kokuchpro.com/event/210227acj/

 

●2月28日(日)福岡(12月2日20時受付開始)

バードライフアドバイザー3級認定講座

https://www.kokuchpro.com/event/210228bla3/ 

 

「鳥と私が幸せになる」をコンセプトに啓発活動を行なっている

「バードライフアドバイザー認定講座(以下、BLA)」のことを知って

ほしいと思い、無料メールマガジン

「入門:バードライフアドバイザー 」を配信しています。

 

以下のサイトからお名前(ハンドル可)を登録していただけたら、

翌日から4日間メールが届きます。

よろしかったらこのメールマガジンをお読みいただいた上で

ご検討いただけたら幸いです。

https://mail.os7.biz/add/2Zi2

 

素晴らしい週末になりますように ♪ (^o^)/

 

               (松本壯志 記)

 

=== セミナー・イベント情報 ===

(赤字は新規、追加、変更です)

 

●11月29日(日)東京(受付中!!)

バードライフアドバイザー3級認定講座

https://www.kokuchpro.com/event/201129bla3/

 

2021年

●2月27日(土)福岡(12月2日20時受付開始)

TSUBASA愛鳥塾

https://www.kokuchpro.com/event/210227acj/

 

●2月28日(日)福岡(12月2日20時受付開始)

バードライフアドバイザー3級認定講座

https://www.kokuchpro.com/event/210228bla3/

 

●【延期】9月12日→日程未定:新潟(満席)

バードライフアドバイザー3級認定講座

 

相方の鳥が亡くなったときのメンタルサポート

こんにちは!涌井です。

先日実際にあったお電話相談について書いてみたいと思います。

(相談者様からご活用下さいといっていただきました)

実は、良くあるケースなので皆様のお役にも立てれば良いなと思います。

 

○相談内容

18歳のオカメインコと16年間ずっと仲良しだったボタンインコが2日前に他界した。

その後オカメさんは食器の隅っこでずっとうずくまっている。

時折呼び鳴きをするが、食事に全く手を付けない。

どうしたら食べてくれるのか?淋しいようなら別の鳥を急ぎ迎えるべきなのか?

 

こういったご質問でした。

愛鳥家さんの中には同じ経験をしていたり、そうなる未来を心配している方は多いのではないでしょうか?

 

○回答内容

正直正解がないというのは皆様もお気づきの事と思います。

このオカメちゃんの望むことは、ボタンちゃんが帰ってくることです。

それ以外は全て補助的でしかありません。

それでも、食事を取らないままでは死んでしまいますので、色々とお伝えしました。

 

①24時間電気を付け何でも好きな物を食べさせる

→夜間、食べたい気持ちになったときに確実に採食をできるように

 

②Youtubeで鳥の動画、音声を流す

→淋しい気持ちを埋める効果がある場合があります

 

③食器を増やし食べられる機会を増やす

 

④鏡、お気に入りのオモチャを付けてみる

 

⑤人がそばでなるべく一緒に食べる

→普段出し惜しみしているオヤツも大放出!

人間側が食べるのは、おせんべいのような音の出る食事が効果的。

 

⑥病院へ行く

→絶食は大変危険です。落ち込んだ気持ちのサポートが上手くいかないときは栄養補給を優先し、入院なども検討する。

 

⑦新しい鳥を迎える

→効果がある場合もあります。ですが、亡くなった子の代わりにはなりません。

手っ取り早いようでいて、年齢のかけ離れた鳥同士は上手くいかないこともあるのでリスクも一緒にお話しします。

(すぐ会わせたいのでこの場合は検疫も出来ません、、、)

 

⑧元々は仲が良くない鳥(文鳥さん)に手伝って貰う。

このご家庭は元々3羽飼いでした。オカメ・ボタンと仲の悪い文鳥さんがいました。

飼い主さんは、最初から仲が悪いのであまりオカメさんの慰めにはならないと考えていたようですが

ケージを隣に置いて、食器を向かい合わせで食べられる位置に設置するよう伝えてみました。

 

○効果が見られた物

今回は、⑤と⑧の対策での効果が見られたと後日ご報告を頂きました。

(新しい鳥さんはお迎えしませんでした)

 

まず、人間が傍でなるべく一緒に食事を共にする事。

小さい頃にちょっとだけあげたことのある「人の食べ物(本当はNG)」も、少し使用したそうです。

呼び水になり体に毒ではなく、いつものご飯にすぐに移行できるなら多少はありなのかもしれません。

人が目の前でおせんべいなど食べるとそれから少しずつ、採食が増えていったそうです。

 

そして、決め手になったのは文鳥さんの存在だったようです。

食器を向かい合わせにして、止まり木の高さやケージの高さまで全て揃えたそうです。

それまでは、ボタンちゃんしか眼中になかったオカメさんが文鳥さんが食事を開始すると食べることがどんどん増えたそうです。

 

以上がご報告となります。このオカメさんは、今では通常通りの食欲に戻ったそうです。

対策が功を奏した部分と、時間が解決した部分どちらもあるかもしれません。

また、もしかしたら仲良しの鳥さん同士の依存関係に気づいた時点で、1羽になっても耐えられるように練習出来たら良いのかもしれません。

でも仲良しさんを引き離すのはなかなか難しかったり、いざそうなってみたら食欲が激減することもあるでしょう。

今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

病気のエメ(右)に寄り添うムーちゃん(左)。TSUBASAにて。

 

 

 

 

 

大掃除の季節です

ハロウィーン🎃も終わって、街はもうクリスマス🎄の季節

クリスマスカラーといえば

(チャイナさんは里親募集中です 画像をクリックすると紹介ページが開きます)

わたくしオオハナインコの出番ではありませんか?

 

とはいえ、今年は厄介なウィルスの影響で、

きれいなイルミネーションの中をウィンドウショッピング🎁やお食事🍴を楽しむ

というわけにはいかなそうですものね

 

お家で楽しく過ごす準備としてこの時期はやはり

ですよね。

今年も古本募金のきしゃぽんでは、

12月1日から、

査定金額10%アップのキャンペーンが開催されます!!

不要となった本やDVDを買い取ってリサイクル。

買い取り金額は 希望の団体へ寄付をしてくれる仕組みです。

きしゃぽんさんから、100円/件の協賛金も寄付されるという、

なんともお優しいお心遣い(*´▽`*)

環境にも私たちのような団体にもやさしい仕組みです。

 

お電話やWEBからお申込みができて、

5点以上から送料無料で集荷していただけるので

とっても便利。

 

さあ。お家時間を楽しませてくれた本やDVD📀

しっかり整理、感謝をしてきしゃぽんさんに送り出しませんか?

お部屋はスッキリ 寄付先はにっこり

 

それではまたいつか。

 

好みは鳥それぞれ?

こんにちは、TSUBASAの柴山です。

数日前から気温がガクッと下がり、一気に冬らしくなりましたね。

中々気温が安定せず、身体に負担のかかる日が続いていますので、

皆様、どうぞご自愛くださいませ。

 

さて、本日はTSUBASAのお世話事情を少しご紹介していこうと思います。

TSUBASAの施設には常に100羽前後の鳥さんたちが暮らしています。

そんな鳥さんたちは種類が一緒だからと言って性格がみんな同じというわけではありません。

人と同じように鳥さんにもそれぞれ好みがあります。

たとえば、「食器」なんかでも好みやその子に合った食器があったりもします。

TSUBASAでも大型、小型それぞれに合わせた様々な食器を用意しています。

 

【大型の食器】

【小型の食器】

このように様々な形のものを使い、体の不自由な子やご飯を床に落としてしまう子など、

その鳥さんに合ったものを使用しています。

また、食器に限らず、ご飯なんかも鳥それぞれです。

写真は大型鳥のご飯の容器になります。施設の鳥全てがこれではありませんが、

大型鳥は約半数はこのように餌を測って管理しています。鳥さんによって食べ物の好き嫌いや

太りやすさ、太りにくさなどがあるため、みんな一緒の食事にすることは出来ません。

なので、その子に合った食事を用意しています。

これ以外にも人の好き嫌いや平均体重など本当に鳥さんの個性や性格はそれぞれです。

 

そういった個性は日々お世話をしていく中で徐々にわかってくるものだと思いますので、

普段から愛鳥さんをよく観察し、好みなどを把握しておくと距離を縮めやすくなったりするかもしれませんね。

 

今週はこれにて失礼致します。それではまた来週!

 

【おまけ】

新しく仲間入りしたベロリン@タイハクオウム

 

 

12月のボランティア様募集のお知らせ(公共交通機関を利用されない方に限り)

皆様こんにちは!今年も残すところあと1か月ちょっとですね。

施設の大掃除もそろそろ本腰をいれて、始めようかと思います。

では、12月のボランティア様募集のお知らせです。

何卒皆様のお力添えをいただけますと嬉しく思います。

恐れ入りますが今月も、ご自宅からとり村まで公共交通機関を利用せずにお越しいただける方のみ募集とさせていただきます。

電車やバスをご利用の方々には、重ね重ね申し訳ございません。

 

★お願い★

ボランティアにご参加される方には新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

以下の事柄にご協力いただきます。

①体温が37.5℃以上ある・息苦しさや倦怠感・のどの痛み、

ほか少しでも体調に違和感がある場合は、ボランティアをキャンセルしてください。

②咳エチケット・マスク着用・手洗い及び手指消毒を徹底してください。

③ソーシャルディスタンスを常に意識していただきますようよろしくお願いいたします。(施設があまり広くないため、密にならないよう換気の徹底やボランティア様の人数を調整させていただきます)

④新型コロナウイルス感染拡大防止対策の一環として、ボランティアにお越しいただく際には必ず、厚生労働省が公式提供する接触確認アプリ(COCOA)をインストールしていただきます。事前にご自身のスマートフォンにアプリをインストールしておいてくださいませ。当日スタッフが確認いたします。接触確認アプリについて詳細はコチラ

⑤ボランティア当日、施設に到着いたしましたら、体温測定と問診表をご記入いただきます。(体温計はこちらで準備しております)

☆問診表の内容☆

□風邪に似た症状(のどの痛み・関節の痛みなど)はありますか?

□強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(咳・呼吸困難)はありますか?

□味覚・嗅覚に異常はありますか?

□2週間以内に、新型コロナウイルスの患者・またはその疑いがある方との接触はありますか?

□2週間以内に、海外に渡航しましたか?(渡航の場合は、場所も記入)

※問診票に1つでも当てはまる方は、

大変恐れ入りますが当日ボランティアにご参加いただけません。

くれぐれもお気を付けくださいませ。

 

なお、ご参加につきましては政府やお住いの都道府県のガイドラインに従って、

ご判断くださいませ。

また、今後の社会情勢や感染状況によっては、

急遽ボランティアをキャンセルとさせていただく可能性もございます。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

【初めての方へ:ボランティア保険加入へのお願い】
初めてボランティアへご参加される方に関しまして、

ボランティア保険への加入が必須となります。

 

ボランティア保険とは?
日本国内におけるボランティア活動中に起こる

様々な事故に対する備えとして、

無償で活動するボランティアの方々を補償する保険です。
詳しくはこちらをご参照ください。

 

加入して頂きたいのは「Aタイプ」となります。
(保険料350円で、4月1日~翌年の3月31日までの1年間保証されます)
ボランティア保険の加入については、

各都道府県の社会福祉協議会が運営する、

ボランティアセンターの窓口で行えます。
初めてご参加される方につきましては、

ご参加当日までに手続きをお願い致します。
※保険料は都道府県により異なる場合がございます。

 

 

【お申し込み方法】
ボランティアが初めての方はコチラをご覧ください。
ボランティアへのお申し込みフォームは、コチラをご覧ください。

 

※ボランティアカレンダーが表示されない場合、
解決方法としましては、cookieの削除が必要です。
「お使いのブラウザ cookieの削除」と検索してお試しください。
表示できない方は、以下のアドレスに直接お申し込みください。
volunteer0615tsubasa@gmail.com

メールでお申し込みの際は、
●参加者様のお名前
●初めての方は、可能ならば住所(無記入でも大丈夫です)
●ボランティア希望日

●ボランティア可能な時間(以下よりお選びください)

・9:00~16:00(終日コース)

・9:00~12:00(午前のみコース)←特に人手が足りません!

・13:00~16:00(午後のみコース)

※その他ご希望の時間帯がございましたらご相談くださいませ。


ーー

 

☆★☆オマケ☆★☆

あーくん@アオメキバタンのいたずらシーンを激写!

え?俺の足の届くところに置いておくのが悪い??

・・・ごもっともです(^^;。

来年の愛鳥祭に関してのご案内

 

いつもお世話になります。

先日は愛鳥祭に関してのアンケートのご協力をいただきまして、

誠にありがとうございました。

お陰様で多くの方にアンケートをご記入いただき、

貴重なご意見も多数頂戴することができました。

 

来年の愛鳥祭の開催についてアンケートを元に協議を重ねて参りました。

その結果、来年の愛鳥祭は、オンラインで開催することを決定致しました。

 

まずコロナウイルスの影響は、いつまで続くか予想がつきません。

現在の状況でオフラインで開催をする場合、会場の規程や、来場者、

出展者の皆様の安全面を考慮すると、

会場内の収容人数を制限しなくてはなりません。

入場者の制限をかけることはもちろんのこと、

クリエイターや企業の出展者のブースや出展者の人数も、

大幅に縮小する必要があります。

出展者や来場者含め、多くの方に学んで、

楽しんでいただくことを目指して開催しておりましたが、

現在の情勢や制約を考えますと、

従来通りでの開催は困難であると判断致しました。

また、現状オフラインでの参加に不安がある出展者の方や、

遠方で会場まで中々行けないという一般の方の声も多く寄せられました。

元々遠方からの参加者も多いイベントでしたので、

そういった方々にも安全に、

そしてより多くの方に参加できるよう、

来年はオンラインでの開催に踏み込むこととなりました。

 

なお開催の日程につきましては、

6月15日(オウムとインコの日)のあたりで

複数日かけての開催を予定しております。

また、前回の愛鳥祭に出展頂いたクリエイター様、

企業の皆様につきましては、

全員出展ができるように致します。

詳細につきましては改めてご案内致しますが、

まずは取り急ぎご報告をさせていただきます。

 

オンラインでの開催により、

参加へのハードルが高くなってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、オフラインの時と同様、

より多くの方に楽しんでいただけるイベントを目指して参りますので、

多くの方にご参加ただけますと嬉しく思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

メールマガジン「入門:バードライフアドバイザー」

いつもありがとうございます。

 

連日、新型コロナ感染者数の最多更新が続いています。

政府や行政の抽象的な対策でどこまで感染が抑えられるか不安です。

他国の成功・失敗例を見習って、早急に収束させてほしいと切望します。

 

こういう時期にペットショップでは犬、猫の価格が高騰しています。

先日私が視察したショップでは1年前のほぼ倍の価格になっていました。

ステイホームが多くなった今、ペットを飼いたい人が急増したようです。

 

同様に鳥を飼う人も増えていると聞きました。

鳥の素晴らしさを知ってもらう意味では嬉しいですが、同時に鳥の難しさも

併せて伝えていなければ心配が残ります。

 

今こそ「鳥と私が幸せになる」をコンセプトに啓発活動を行なっている

「バードライフアドバイザー認定講座(以下、BLA)」のことを知って

ほしいと思いました。

 

BLAは資格を取ることが目的ではありません。

お世話している愛鳥さんの健康と心を守ってほしいと同時に、飼い主さん

に幸せになってほしいセミナーです。

 

でもどんなセミナーかわからない、

試験が難しいのでは?

など、不安がある方も多いでしょう。

 

そんな皆様のご要望に応じて、無料メールマガジンをご用意しました。

以下のサイトからお名前(ハンドル可)を登録していただけたら、

翌日から4日間メールが届きます。

よろしかったらこのメールマガジンをお読みいただいた上で

ご検討いただけたら幸いです。

https://mail.os7.biz/add/2Zi2

 

素晴らしい週末になりますように ♪ (^o^)/

 

               (松本壯志 記)

 

=== セミナー・イベント情報 ===

(赤字は新規、追加、変更です)

 

●11月29日(日)東京(受付中!!)

バードライフアドバイザー3級認定講座

https://www.kokuchpro.com/event/201129bla3/

 

2021年

●2月27日(土)福岡(準備中)

TSUBASA愛鳥塾

 

●2月28日(日)福岡(準備中)

バードライフアドバイザー3級認定講座

 

●【延期】9月12日→日程未定:新潟(満席)

バードライフアドバイザー3級認定講座

【情報共有】迷子の鳥達がお家に戻るために

こんにちは!

今日は、署名活動の情報を共有させていただきたいと思います。

まずこれは私達、TSUBASAが発起人の署名活動ではありません。

ただ私達も過去に思い当たる事が多かった事から、今回は共有したいと思いました。

 

警察は「落とし物検索サイト」を全国共有データベースで

運営する検索サイトにして、迷子のペットがおうちに帰れるようにしてください!

リンクはこちらから。

 

愛鳥さんを迷子にしてしまったご経験を持つ方もそうでない方も、鳥という生き物と暮らす方には知ってほしい情報だと思いました。

署名賛同は強制される物ではありませんが、ぜひ一度目を通していただけたらと思います。

 

 

★迷子に関してTSUBASA周辺で起きた出来事★

迷子の鳥達は警察の落とし物検索サイトに公表されますが、県をまたぐと警察は連携を取りません。

つまり飼い主さんが埼玉の警察に遺失物届(迷子にした申請)をだしても、保護した方が東京の警察に届出を出すと、埼玉県の警察からの連絡を待つ飼い主さんには連絡が来ないのです。

とり村周辺は少し距離を飛べてしまう鳥が移動してしまえば、あっという間に東京都です。

(河を2つ超えた所で保護されたなんて話も聞きます)

過去にも、迷子のご相談を下さった飼い主様に埼玉だけではなく東京の警察にも届出を出してみては?と伝えたところ無事、東京の警察に拾得物届(保護したという申請)が寄せられていてお家に帰れた事例がありました。

もし、この飼い主さんが東京の警察に届出を出していなかったら…?

ちゃんと、無事保護されているのに家族に巡り会えなかったかもしれません。

こうした事例はきっと全国に存在します。

複数の警察に迷子にした飼い主さんが届出を出せば済む話かもしれませんが、県同士が連携していないことを多くの飼い主様が知りません。

この事実は多くの方に知っていてほしいなぁと思います。

 

TSUBASAでも、【遺失物届】【拾得物届】についてポスターを作成しています。

こちらも併せて、知っていただけたら嬉しいです。

TSUBASAのポスターはこちらから

 

 

 

モヤモヤする…

こんにちは、望月です。

本日はとある日常の風景のご紹介です。

 

画像はアオボウシインコのつんです。

ボウシインコ全般に言えることですが、全身綺麗な緑のほか、所々に様々な色があって、鮮やかで綺麗な子です。

 

そんなつんですが、先日少しだらしない姿になっていました。

それがこちら↓

 

 

抜けた尾羽が他の尾羽について、とんでもない姿になっていました(・・;)

(便でくっついたようです)

本人は特に気にせずといった様子でしたが、見ているこっちはなんだかモヤモヤした気持ちになりました…

(数日後に取れました)

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>