ちゅーっす。こんばんは。

つばっちですグラサン

 

 

あー、なんかですね、マジで忙しくて有難いてへぺろ

仕事で暇って本当に嫌で、あれこれ手を出すからいっぱいあってねアセアセアセアセ

 

在宅してると体力落ちるね…

昔なら8時30分〜22時が普通だったけど今は21時でもう頭が回らなくなっちゃうなぁ。明日もいっぱい働きまーす。したっけバイバイ

 

 

プロポーズしたい?されたい?

されてみたい(笑)

この前、会社の庶務さんにお願い事したら、

「大丈夫。私は翼の女だから」って言われたっ。

伊勢新聞および三重日報に、中尾勝三郎という人が「先頃女房を離縁して不自由勝ゆえ、貧富を論ぜず、十七歳以上二十五歳にて嫁にならうと思ふ物は照会あれ」という求婚の広告を出した。

結果、近くに住む19歳の女性が応募し、めでたく結婚したという。この当時は新聞が出始めた頃で、この求婚広告のようにユニークな広告が掲載されていた。

「求婚(きゅうこん)」は、結婚を決める前の一段階で、結婚を申し込むこと。お互いの結婚の意思の疎通を図るもので、「プロポーズ(propose)」とも呼ばれる。

関連する記念日として、ブライダルファッションの第一人者である桂由美が会長を務める全日本ブライダル協会が6月の第1日曜日を「プロポーズの日」に制定している。

6月の花嫁は「ジューンブライド(June bride)」と呼ばれ、6月に結婚すると女性は幸せになれると言われている。これは6月がローマ神話の女神で結婚と女性の守護神ジュノー(ユノー、Juno)の月とされることに由来する。

Reference : 雑学ネタ帳

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう