自動車業界の動向...

テーマ:

今日は、モータースポーツが暑いね!!まずは、F1ハンガリーグランプ。なんて言っても、パワーサーキットでは無いので、マクラーレン・ホンダに取って絶好のチャンスだよね。日本人として、自動車メーカーのエンジニアとして、レースエンジニアとして応援しているけど、なかなか難しい状況。あとは、アロンソのドライビングに期待だ。

あと、ベルギーで行われているスパ24時間レース。これはGT3車両がメインだから、仕事がら関係もあって気になるね。GOODSMILE RACINGからも参戦しているから期待していたんだけど。。。残念ながらクラッシュ。

特別措置で出走できるようね。ふつうはホモローゲトされているから車両交換はできないと思うけど。。。うまく交渉できたんだね!!レースの世界って交渉が大事。ロビー活動含めてね。

ちなみにスパと言えば、温泉ではなくて、オールージュ!!ちなみに可夢偉はここでクラッシュしたみたいだよ。速度乗っているからかなり怖いね。

 

 

さてさて、前座が長かったけど自動車業界は変化点に差し掛かっている。ドイツ、フランス、イギリスがこぞってICE内燃機関 ガソリン、ディーゼル車の生産及び販売が禁止されるとのこと。2030年〜2040年だからね、もうすぐだよ。今後は、電動化、EVに力を入れていくとのこと。

 

これはレースの世界も同じ。ドイツのDTMからメルセデスが撤退。

WECもポルシェが撤退。

こぞって参加するのはフォーミュラーEなんだよね。これからはやはり電動化、EVというのがどんどんと伸びるんだろうね。世の中の人は、「電気かよ!!」という人が多い気もするけど、個人的には嫌いじゃない。

 

  • ハイブリッド → エンジン設計してわかったことだけど、アイドリング、加速中なんて燃料を無駄に噴いているだけ。あんなのモーターで回したほうが燃費もいいし、トルクもでる。LMP1-Hを見ると、コーナーの立ち上がりで化け物みたいに早い。やはりモーターアシストは最強です。
 
  • EV → ハイブリッドよりいいのは、モーターだけなのでシンプルだし、複雑な協調制御もなく違和感を感じにくい。そして、加速のよさ、静粛性、フロントが軽いのでノーズの入りが良くて走りやすい。トルク感は3.5Lフーガにはおよば無いけど、2.5Lくらいはあるんじゃないかな?というトルク感。航続距離が気になるという人が多いけど、1日で200kmも走る人はそんなにいるのかな?毎日100km走っているけど、あまり困ったことはない。いかに隙間時間に充電するか、これでフラストレーションはだいぶ下がる。
 
  • PHEV → EV走行もできて、ハイブリッド走行もできる。EVなみの航続距離だったりかなり使える。アウトランダーは相当良いみたい。個人的にはレンジエクステンダー希望。
レースも山奥のサーキットでするより、市街地コースでEVレースする方が会社のコマーシャルに取って目に付きやすいし、環境にも優しいことが良くわかると思うから企業戦略にはぴったりだよね。ラジコンみたいだけどな笑 久しぶりに真面目に記事を書いてしまった。実は今日はPCからの更新。使いやすいね〜^^