私は

 

小学校の頃

 

水泳を習っていました。

 

 

最初はバタ足から。

 

月末にあるテストに合格すると

 

そこから

 

クロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライを

 

習っていって、

 

その後はタイムを狙う。

 

 

 

私は、

 

クロールのときに

 

25m泳ぐのがテストだったけど

 

いつも20mくらいで足を着いて

 

不合格。

 

 

泳力が無かったわけではなく

 

クロールのクラスでは

 

いつもトップでした。

 

 

だけど

 

テストは不合格。

 

 

その理由は、

 

クロールのテストに合格すると

 

背泳ぎからは別のクラスに移ります。

 

 

クロールのクラスの先生や

 

クラスのメンバーが好きで

 

クラスを移るのが嫌だったのです。

 

 

3ヶ月連続で

 

わざと不合格になって

 

クラスの先生に

 

 

「力がある人がわざと力を抜くのは、

 

スポーツマンではありません。

 

いつまでもそんなんだったら

 

水泳を辞めてしまいなさい。」

 

と叱られました。

 

 

今のご時世だと、

 

なかなか言えないことかもしれないけど

 

その先生はしっかり叱ってくれました。

 

 

そこで

 

ようやく目が覚めた私は

 

次のテストで合格し

 

その後のクラスでも一発合格で

 

泳ぎを習得していきました。

 

 

 

 

何でもそうだけど

 

次に進むには
 

自分の1つの成功を

 

手放さないといけません。

 


これは

 

なかなか氣が進まないものです。

 

 

だって

 

いつまでも
 

好きなことをやっていたいと

 

思うからです。

 

 

だけど

 

それでは

 

慣れと安心は得られるけれど

 

成長は出来ません。
 


 

成長するということは

 

今出来ていることを

 

あえて捨てて

 

次のステップに行くことかもしれないと

 

私は思います。

 

 

つまり

 

成功を捨てる潔さが

 

成長には欠かせない要素。



 

 

追伸

 

私も

 

今、

 

施術スタイルの大幅チェンジ

 

というか


次のフェーズを見据えた内容に

 

移行するために

 

日々、どの成功を捨てるか

 

絶賛、モヤモヤしています。

 

 

究極、

 

全部捨てちゃう勢いで。

 

 

 

 

いつも
お読みいただき
ありがとうございます。

 

 

全ては

最高最善のタイミングで

やってくる♪

 

 

please one click!

 

 

トップ10復帰しました。

 

ありがとうございます。

 

次はトップ5!

 


人気ブログランキング

 

 

 

お知らせ
☆厳選アイテムたちを揃えています。

しゃららんの玉手箱

☆大好評の復元ドライヤーを
徹底解説しています。

【徹底解説】復元ドライヤーとは

現在の在庫状況はこちら

復元ドライヤー        5台

復元カールドライヤー 予約受付中!
復元パドルブラシ      3本
復元ジャンボコーム    予約受付中!

商品のお問い合わせはこちら



☆こちらもオススメ!

ドライヤー整体術マスター

オンライン講座!

 

時間と場所を選ばず
あなたのペースで学べます。

詳細、お申し込みはこちら

 

 

 

LINE@登録者数600名突破!

 

ライフアーティストつばさ公式LINE@ 

 

友だち追加