カリフォルニア 会議通訳・翻訳会社 EJ EXPERT代表のブログ ザ・トランスレーター

カリフォルニア 会議通訳・翻訳会社 EJ EXPERT代表のブログ ザ・トランスレーター

40歳過ぎて専業主婦からプロの同時通訳者と起業家に転身。会議通訳の仕事、翻訳や通訳スキルの習得、通訳翻訳会社の経営、独自のプロ養成コースなど、北カリフォルニアはシリコンバレーを中心に発信しています。

こんにちは、北カリフォルニアの会議通訳者、EJ Expert代表のブラッドリー純子です。


同業者の皆さん、最近はオンサイトの仕事も増えてきましたよね。


閉塞感たっぷりだったコロナ禍に比べて対面で仕事ができる幸せをあらためて噛み締めているのは私だけではないはず。


休憩時間に通訳仲間とおしゃべりしたり食事を共にしたり。


そんな時間が意外とガス抜きになっていたんだなぁと思います。


在宅のリモート通訳だけの毎日を何年も続けるのはやっぱり精神的に厳しいですよね。



先月シアトルに1泊で弾丸出張。


実質1時間半の会議でも是非純子さんにと呼んでくださるクライアント企業には感謝しかないです。



クライアント先へ向かう前に立ち寄ったスターバックスリザーブ・ロースタリー。


シアトルから帰ってきた翌日にまた空港に向かい今度は家族とバケーションでアリゾナへ。



スコッツデールというリゾート地に4泊だったのですが、レンタカーでセドナにも日帰りで行ってきました。



バケーションと言っても定期的に受けている指名リモート案件はできるだけ対応します。


ウェスティンが経営しているヴィラ型のホテルでベッドルーム2つとリビングが別になっていました。



外食もしますが、朝食くらいは地元のスーパーで食料を調達してパティオで食べます。



日が暮れて家族が夜のプールで泳いでいる間にキッチンでお茶を淹れてプラットフォームに30分前ログイン。



仕事しつつもたまにパティオに出て手を振るw


WiFi接続も問題なく、4時間のRSIでしたが眠気にも襲われず無事終了。

さらに...



その翌々週は、Amazonのカンファレンスでラスベガスに4泊で行ってきました。



昨年末のAmazonカンファレンスはAWSでデータの話で満載したが、


今回は機械学習、オートメーション、ロボット工学、宇宙産業がテーマの講演がびっしり。


Amazonはもちろん、NASAやボーイング、ブルーオリジンからも多くの専門家が参加。


通訳チームですが、今回はアメリカ国内から8言語16名の会議通訳者が集まりました。



今回はステージ裏ではなく会場ステージに向かって右奥に通訳ブースがずらり。


画像はエージェントの通訳チーム担当が撮影。Amazonのカンファレンスではビデオ撮影もOKでSNSでの発信が推奨されていることが多い。



進行役はMyth bustersに出演していたAdam Savage、なんと宇宙服で登場。



通訳が入るのは基調講演のみだったので1日2時間の業務。ただ毎日入念なサウンドチェックが行われて集合は本番1時間半前。


本番2時間でも半日レートが適用されますが、終わったら基本は自由行動なので別のリモート通訳案件を入れてもOKとのことでした。



なのでお昼には解散し、夕方以降にホテルの部屋からRSIの指名案件をいくつか入れます。


ただ今回泊まったホテルでWiFi接続に不具合があったとのことで


Zoomは特にプラットフォームが重いらしく、途中落ちてしまって冷や汗をかきました。



出たり入ったりしてその間はクライアントでバイリンガルの方が代わりに通訳してくださって何とか繋ぎ、


何とかスマホのZoomアプリにAirpods Proで途中から通訳しました。逐次だったのが幸い。


一方でそのあとInteractioを使ったら特に問題なかったという...。


そのせいで一件、私が登壇する予定だったウェビナーを延期していただくハメに。


コロナのおかげでリモート通訳だけでもフル稼働できるようになったのは、働き方の選択肢が増えて有り難いですが


出張先でのリモート通訳環境の確保 は大きな課題です❗️


さらには 現場の通訳案件とのスケジュール調整も悩ましいところ。


こちら時間で夜中まで続く会議だと、どうしても翌朝の現場通訳に支障が出てしまいます。


特に連泊出張の場合はフライト時間が早朝だったり、私の場合出発までバタバタと忙しくてすでに寝不足になっていることが多いので


本番に備えてエネルギーと体力を温存しておく必要性を痛感しましたガーン


多忙スケジュールをこなすための秘訣は何かと先日受講生に聞かれたのですが、


私の場合は、ほぼ毎日のジム通いで体調を整えることくらいです。


あとは出張先でもなるべく時間を見つけて外に出て気分転換して楽しむこと!※下の写真参照 


通訳市場でリモート需要も伸び続け、そこに待望の現場案件が戻ってきたのは嬉しい限り。


でもこのペースで秋の繁忙期に突入するとどうなるのか... 少々心配ではあります。




じつはまた今週から3週連続で出張が続きます


期待にこたえばなければ... 頑張ってきます!


今期の通訳講座


今月からスタートする第12期会議通訳講座、クラスによってはまだお申し込みが可能です。


私は引き続きRSI・リモート通訳講座を担当します。

現在リモート通訳で多い案件分野の事例を用いながら、4つの遠隔同通プラットフォームで実技トレーニングができるのはEJ Expertだけ。

ここをクリック

すれば詳細をご覧いただけます。


説明会の録画をご希望の方は 

info@ejexpert.com までご連絡ください。





         聴講ワークショップ


​英訳に必要なのはじつは日本語力だった!

東京大学で教鞭をとる日本語指導のプロが通訳者向けにカスタマイズした貴重な講座。

一般 $60
元・現受講生 $55

オンデマンド聴講のお申し込みはこちらから受付中です。




出版・メディア掲載


通訳翻訳ジャーナル2022年春号の特集『未来を切りひらく通訳・翻訳の仕事 Vol.1 宇宙開発』の記事が掲載中!SpaceXや天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン氏の同時通訳をした時のエピソードや今後の宇宙産業分野の通訳需要について3ページにわたって書いています。

 

イカロス出版から書籍 『通訳の仕事・始め方・続け方』 (通訳翻訳ジャーナル編集部・日本会議通訳者協会) が好評発売中。

 

私も共同執筆させていただき、リモート通訳、さらに録音同時通訳についての特典動画を担当しています。
 
 
 

プロボノ制度のご案内

 

EJ EXPERT独自のプロボノ制度で初の同時通訳を経験したり、通訳デビューをする受講生が増えています。

 

画像をクリックすると詳細をご覧いただけます

 

 

  

こんにちは、北カリフォルニアの会議通訳者、EJ Expert代表のブラッドリー純子です。


4月〜5月は春のカンファレンスシーズンで今年はハイブリッド型の会議が多くなっています。


通訳者はオンサイト勤務の場合もあれば、自宅から専用プラットフォームで通訳する場合も。


週末も休まず仕事をすることもたまにあるのですが、そうすると交感神経がオンになりっぱなし。意識して休日を入れていかないとダメだと反省。


先日の企業リーダーシップサミットでミシェル•オバマ元大統領夫人が基調講演にてリモート登壇されました。



こういう方のスピーチは初見であることがほとんど。


経済界や政治の世界の著名人は大型イベントなどでゲストスピーカーで招待されることが多いです。


普段からメディアで近況などをチェックしておくと基本的な知識ができるので本番で慌てなくて済みます。


とはいえ、日々忙しいとなかなか自分で時間を見つけてネット記事を探して読んで...はハードル高いと思います。


そこでオススメなのはSNSで気軽に情報に触れる方法。


例えば、Facebookでは自動フィードで仕事に関係する情報が上がってくるようにしています。


CNNなどの主要ニュース以外にも私が取り入れているメディアを紹介しますね。



【Entrepreneur】

1日にアップされる記事数も多く、内容のクオリティも高いです。



【FT】

企業買収や企業リーダーの話題など普段から関わる通訳案件に直結しているので重宝しています。


【Wired JP】

同じトピックのニュースは英語だけでなく必ず日本語でもチェック!


【ニュースピックス】

有料サブスクに登録していると色んなテーマでディスカッションが見れます。エンタメ要素があると勉強も長続きします。

ちなみに今日のRSI案件でもこの話題が出ました。



通訳させてもらう講演者はTEDスピーカーであることが多い。


【IFL Science】

サイエンス系の記事が多く、ここで触れた最新ニュースは仕事にも役立っています。


【Bloomberg】

こちらも長年お世話になっております。

               

クライアント企業でもあるので最新情報は見てます。


と、まだまだありますが、とりあえず私にとって役立っているなと感じるメディアでした。


単に友達と繋がっているだけでは勿体ない。


SNSはなるべく楽して最新情報を得られる素晴らしいツールです!




来期の通訳講座


7月からスタートする第12期の申し込み受付を開始しました。

無料レベルチェックもあと一回6月中旬に予定しています。

ここをクリックすると詳細をご覧いただけます




出版・メディア掲載


通訳翻訳ジャーナル2022年春号の特集『未来を切りひらく通訳・翻訳の仕事 Vol.1 宇宙開発』の記事が掲載中!SpaceXや天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン氏の同時通訳をした時のエピソードや今後の宇宙産業分野の通訳需要について3ページにわたって書いています。

 

イカロス出版から書籍 『通訳の仕事・始め方・続け方』 (通訳翻訳ジャーナル編集部・日本会議通訳者協会) が好評発売中。

 

私も共同執筆させていただき、リモート通訳、さらに録音同時通訳についての特典動画を担当しています。
 
 
 

プロボノ制度のご案内

 

EJ EXPERT独自のプロボノ制度で初の同時通訳を経験したり、通訳デビューをする受講生が増えています。

 

画像をクリックすると詳細をご覧いただけます

 

 

  

こんにちは、北カリフォルニアの会議通訳者、EJ Expert代表のブラッドリー純子です。

 

前回の記事で海洋冒険家の堀江謙一氏の通訳の様子をお伝えしました。

 

3日間に分けてレセプション、講演会、会食、出港式での通訳だったのですが、最終日の出港式の集合時間が早まったこともあり、前日の晩に現地入りすることに。


ヨットハーバーのあるティブロンという美しい街で前泊


ちょうど週末だったのでベイエリアに用事があった娘16歳も同行しましたダッシュ


普段仕事先に家族を連れて行くことはないですが、今回は家族連れも見られるイベントということもあり特別にクライアントの許可をいただいて。


これまでリモートでママが仕事をする様子を目にすることはありましたが、現場は初めて。


私がどういう所で仕事をしているか普段から話してはいましたが、実際に大勢の前でマイクを持って通訳をしたり、インタビュー取材に対応したりと働いている様子を見る機会だったのですごく刺激になったようです気づき


ちなみに娘は将来何になりたいとは決まってないようですが、飛行機に乗って色んな場所で働けるキャリアに就きたいそう。


完全に母親の影響を受けてしまっているよう...アセアセ


今回はTVニュースにもなったイベントだったこともあり、メディアの背景を知ることができて良い社会勉強に。



さらに83歳という世界最高年齢で太平洋横断という並外れたスケール挑戦を繰り返す、堀江さんの出港式を目の当たりにして思うところがあったようです。


通訳という仕事の醍醐味は、経営者であれ研究者であれアスリートであれ政治家であれ、普遍的なことをやり遂げる方と身近に関われること。


その方の耳となり口となって大衆にメッセージを伝えられること。


文化を超えた非言語の部分までどうやったら聞き手の心に響くかをいつも模索して


頭を悩ましながら私たち通訳者は常に試行錯誤しています。

 

少し話が脱線してしまいましたが...


どんな職業でも年齢を重ねると経験や知識で対応できる部分が増えてきます。


特に努力しなくても、流れていく日常。チャレンジすることを避け、安心安泰を選んでしまう。否応にも人生守りに入ってしまう。

 

例えば20代からFIREと呼ばれる生活をして周りに翻弄されることなく、隠居生活を送る。


煩わしいことはなしで特に向上心も持たず、自分が生きる分困らないだけの最低限の収入を得るミニマムな生き方をしたい... それはそれで今風の生き方なのかもしれません。

 

コロナ禍で世の中が変化し、改めて自分を見つめなおした結果スローライフを選んだ、という人も多いと聞きます。

 

そんな生き方はラクだろうし、それはそれで幸せな人生なんだろうなとある意味羨ましくもある。人それぞれ自分の人生だもの、自分で決めればいい。

 

でもアメンボのようにずっと水面に浮いているより、ザリガニのようにガシャガシャと生きていくほうが楽しいに違いないと思ってしまうのです。


大変なことにチャレンジして目標を実現していく楽しさの方を子どもたちには選んで欲しい。


それは仕事かもしれないし、それ以外のことかも知れない。

 

いくつになっても自分自身に挑戦する

 

攻めの人生気づき気づき

 

をやり続ける。



一生現役、守りに入らず、リスクも厭わず、何事にも挑戦し続ける

 

80過ぎになった時、堀江さんのように凛として少しでも自分なりに何かにチャレンジできているのだろうか?


最近ラクな方向へ流され気味な私もよい刺激をもらった気がしています。


娘と家までのドライブ中、日本語と英語を混ぜつつそんなおしゃべりを延々としていました。


帰りはサンフランシスコにも寄ってカツカレーと抹茶パフェとクレープを平らげた後、大好きなお寿司で〆ていましたうずまき


食べ過ぎやろ〜!


 

出版・メディア掲載

 

 
通訳翻訳ジャーナル2022年春号の特集『未来を切りひらく通訳・翻訳の仕事 Vol.1 宇宙開発』の記事が掲載中!SpaceXや天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン氏の同時通訳をした時のエピソードや今後の宇宙産業分野の通訳需要について3ページにわたって書いています。

 

イカロス出版から書籍 『通訳の仕事・始め方・続け方』 (通訳翻訳ジャーナル編集部・日本会議通訳者協会) が好評発売中。

 

私も共同執筆させていただき、リモート通訳、さらに録音同時通訳についての特典動画を担当しています。
 
 
 

プロボノ制度のご案内

 

EJ EXPERT独自のプロボノ制度で初の同時通訳を経験したり、通訳デビューをする受講生が増えています。

 

画像をクリックすると詳細をご覧いただけます

 

 

 

会議通訳講座のご案内

 

画像をクリックすると詳細をご覧いただけます