自分で自分を褒める

テーマ:

 

自分で自分を褒めるというのがなかなかできない。

 

資格試験に合格したとか、

運転免許に合格したとか、

なにか、結果がでないと、自分を褒めることはなかった。

 

洗濯して干した。

たたんで箪笥に入れた。

部屋を掃除した。

ごみを出した。

料理した。

仕事した。

買い物した。

 

そんな日常。誰も褒めてくれないし、自分も褒めていない。

 

だって、普通なんだもん。

 

むしろ、家事は、主婦の中で最低ランクだと思っているから、褒めるわけがない。

 

転職して就職が決まっても、会社がつぶれてバイトをつないで生活していた時も、

一人で頑張ったあの日を、

 

何一つ、私は、自分を自分で褒めていなかった。

 

あんなに、必死で生きてきたあの日さえも、暗黒の時代だったと悲しむことはあっても、よくぞ生きてきましたねと褒めることはない。

 

自分で自分の事を褒めることが、

今最大の課題ではなかとさえ思うのだ。

自分を褒めようって100回読んだし聞いた。

 

なぜやらない?なぜ褒めない?

 

 

 

もしかすると、

 

本音を言う事よりも、自分の事を褒めることの方が先決なのではないだろうか?

アダルトチルドレンの諸君へ告ぐ!

 

 

 

 

母に褒めて貰うことを諦めようではないか。

 
 

 

 

 

誰かに褒めて貰うことを諦めようではないか諸君!

 

誰も褒めてくれなかったね。こんなに頑張って生き延びたのに。

死ななかった自分。あきらめなかった自分を褒めよう。

良く頑張りました。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

AD