【補助金】防犯カメラ11/12(じゅうにぶんのじゅういち)平成31年度葛飾区・東京都 | 東京スカイツリーファンクラブブログ
2018-12-29 10:18:39

【補助金】防犯カメラ11/12(じゅうにぶんのじゅういち)平成31年度葛飾区・東京都

テーマ:ブログ

安心・安全な町を自治町会様、商店会様で作るチャンスです!

街頭防犯カメラ(平成31年度):葛飾区・東京都補助金

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/bouhan-camera.html

 

開始から終了までが「短期間」で有名な補助金です。

実際の平成31年度の防犯カメラ補助金の決定は、例年通りですと平成31年3月の終わり頃ですが、その決定を待ってから補助金の申請の準備を始めるのでは遅いのです。なぜならば、平成31年4月初めに開始されて平成31年5月中旬ぐらいで締め切りを迎えてしまうからです。

 

ウワサでは平成31年度で補助金制度が終了?!

それでも平成31年度がダメでも平成32年度があるじゃないですか。昨年までは間に合わなかった町内会様にその様な対応が出来ましたが、補助金制度自体が平成31年度で終了してしまうというウワサが出ています。地デジでも太陽光でも補助金というと5年間というパターンが多くあります。つまり防犯カメラの補助金も平成31年度が最終年の可能性があるのです。

 

東京オリンピックを安心・安全に開催という目的もあった?!

ご存知のように平成32年度には東京オリンピックがあります。

 

じゅうにぶんのじゅういち(11/12)の意味

小池百合子知事の東京都が7/12(じゅうにぶんのなな)、青木克徳区長の葛飾区が4/12(じゅうにぶんのよん)の2つの自治体の助成金の合計が11/12(じゅうにぶんのじゅういち)となっています。

平成28年度までは東京都1/2(にぶんのいち)、葛飾区1/3(さんぶんのいち)で約分して、3/6(ろくぶんのさん)と2/6(ろくぶんのに)を足して、5/6(ろくぶんのご)の補助率でした。平成29年度に東京都の補助率が7/12(じゅうにぶんのなな)に上がりました。

 

準備を始めるのは、今でしょう!!

自治町会様(町内会様)で設置台数、設置場所を決定して頂ければ、図面作成や申請書類の準備は東京アンテナ工事株式会社にお任せください。しかしながら、会長様および会員様がご出席の会合において「決定」して頂かなければなりませんので、会合のタイミングを外してしまいますと「あっ」という間に締め切りになってしまいます。

 

遅くとも来年の2月、3月で決定してください!!

ご相談は、東京アンテナ工事株式会社までお気軽にお問い合わせください。今年は防犯カメラ専門チームがお待ちしております。

 

以下、弊社の宣伝です。よろしかったらご覧ください。

 

エレベーターにもスマホで見えるカメラ、エレカメの開発、実用化に東京アンテナ工事(株)が成功しました。

 

 

弊社オリジナルのスカイツリーカレンダーを今年も作成しました。

2016年に東武スカイツリー本社がB2判の大型カレンダーの作成を終了したことから、「じゃ、東京アンテナ工事で作成しよう!」と決断し、公認カレンダーのカメラマンだった新湯氏を招聘し、2017、2018、2019年版を3年連続で作成しています。

日本一大きいスカイツリーカレンダー(弊社調べ)は、弊社のお得意先様にだけ差し上げております。来年もよろしくお願い申し上げます。

 

2018年10月14日(日)に柴又公園で開催された平成30年度葛飾区総合防災訓練のドローン空撮動画が葛飾区の公式ユーチューブページで公開されています。東京アンテナ工事(株)が全編を編集、作成しています。

https://www.youtube.com/watch?v=RiY2ADX7Jjo

 


東京アンテナ工事株式会社ホームページ

http://www.diginet.ne.jp/

東京スカイツリーファンクラブさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]