【メモ】ワイヤレスでスマホの映像をテレビで楽しむ Miracast対応無線HDMIアダプター | 東京スカイツリーファンクラブブログ

【メモ】ワイヤレスでスマホの映像をテレビで楽しむ Miracast対応無線HDMIアダプター

世の中には、何のために買ったのか?を忘れてしまうことがあります。

 

そう、ミラプレ。正式名称は、Miracast対応無線HDMIアダプター。

 

 

ずいぶん前に購入したのですが、存在を忘れていたので、今さら記事作成です。比較したりするのに必要かなと思ったので。

 

 

Miracastとは?

 

 

Miracast(ミラキャスト)とはWi-Fi Allianceによって策定された、1対1の無線通信によるディスプレイ伝送技術である。AppleのAirPlayのミラーリングに代わるオープンな代替技術と銘打たれた。A社の携帯電話からB社のテレビの上にディスプレイをミラーリングしたり、リアルタイムで会議室のプロジェクターとノートパソコンの画面を共有したり、家のケーブルボックスからライブ番組をタブレットで見たりできる。Miracast接続はP2P型のWi-Fi接続を可能にするWi-Fi Directを介して接続する。MiracastはWi-Fi Direct経由でのみ動作する。標準的なWi-Fiネットワーク経由でイーサネット接続のデバイスにストリームするために使用することはできない。

 

 

2012年10月29日、GoogleはAndroid 4.2にてMiracastに標準対応することを発表した。2012年12月4日現在、Nexus 4, Sony Xperia T, Sony Xperia Vなどが公式にサポートしている。ELUGA X P-02EなどAndroid 4.1以前にも対応端末があり、また、Android 4.2以降でも非対応端末がある。

 

 

概要

 

コンテンツのレンダリング結果、アプリケーションGUI等を含めたディスプレイ出力を無線化する技術である。HDMIが実現している機能を無線化しているため、ワイヤレスHDMIと呼ばれることもあるが、共通部分も多いもののHDMIとは直接の関係はない。

通信路はWi-Fi Direct、伝送プロトコルはRTP、伝送制御プロトコルはRTSP、映像はH.264、音声はLPCM/AAC/AC3、多重化はMPEG2-TS、著作権保護技術としてHDCP2.0/2.1が使用される。 HDMIとは異なり、映像はH.264に一度圧縮されて伝送されるため、伝送によって不可逆な劣化が生じる。

 

クアルコムやNVIDIA、テキサス・インスツルメンツといったスマートフォン、タブレット向けSoCベンダーが対応を表明しており、GoogleのAndroidによるソフトウェアの対応も標準で行われることから、スマートフォン・タブレットでは追加投資なしにMiracast対応が可能になるため、今後対応端末が増えていくことが予想される。

 

 

さらにマイクロソフトのWindows 8.1以降もMiracastに対応している。

 

 

以上、ウィキペディアより抜粋。

 

Miracast ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/Miracast

※対応デバイスについては、上記リンクを確認してみてください。

 

前置きが長くなりましたが、私の持っているスマホはSO-04Eなので、Miracastに対応しています。しかし、東芝のレグザが「どうも、スクリーンミラーリングに対応していない模様」でありました。

 

 

ハードウェア的に、Miracastはスマホとテレビの両方が対応している必要があるので、このままではできな~い。


 

 

そこで、ワイヤレスでスマホの映像をテレビで楽しむ Miracast対応無線HDMIアダプター WFD-HDMI(アイオーデータ)、通称ミラプレの投入であります。

 

 


物理的にHDMIケーブルとUSBケーブルを本体とテレビに接続するだけ。

 

かなりアナログチックな機器であります。


テレビのUSB端子から電気も供給されるのでACアダプタ不要。しかもUSBケーブルもHDMIケーブルも同梱なので、すぐ使えます。

しかし、あまり売れない商品らしく、私が購入したヨドバシ・アキバでは店頭展示は無く、「ありますか~?」と聞くと、バックヤードから持ってきてくれるという形式でした。


いきなり、動き始める。なぜならオンオフのスイッチが無いから。

 

 

しばらくすると、設定画面に。

「Miracast対応機器からの接続を待っています。本デバイス「○○.○○.○○.○○.○○.○○」(←数字の並び具合から見るとMACアドレスかと思われます。)を選択してください。※PIN方式で接続する場合は、次に「○○○○○○○○」を入力してください。」と表示されます。

 

下の方には、Miracast→iOS→MediaPlayer→設定の順で選択肢が登場。

 

 

 

ちなみに、とうやって切り替えていくかというと、ミラプレ本体の脇に茶色のスイッチ(上の写真の本体、左側側面)があり、ポチポチ押すと、一個ずつずれて選択可能となります。

 

 

私のスマホ(ソニーのSO-04E)はMiracastに対応しているので、設定→画面設定→スクリーンミラーリングの順でいけます。

スクリーンミラーリングをON ここをタップして、機器を検索し、出力する機器を選択します。

ポチッとする。

さらに検索開始もポチッとする。

すると検索結果として、ミラプレのデバイス番号(WFD-HDMI「○○.○○.○○.○○.○○.○○」)と表示されるので、それを選択します。


接続が成功すると、いきなり始まっています。

ちなみに終了する時も設定→画面設定→スクリーンミラーリングの順でいけます。


ツムツム、笑。

 

ちなみに、MHL変換ケーブルで見る方法も以前に書いたことがありますので、ご参考にしてください。↓

 

【メモ】スマホをテレビで見る方法:MHL変換ケーブル編 2013.12.8作成記事

http://ameblo.jp/tstfc/entry-11723189612.html

 

以下、弊社の宣伝です。よろしかったらご覧ください。

 

エレベーターにもスマホで見えるカメラ、エレカメの開発、実用化に東京アンテナ工事(株)が成功しました。

 

 

弊社オリジナルのスカイツリーカレンダーを今年も作成しました。

2016年に東武スカイツリー本社がB2判の大型カレンダーの作成を終了したことから、「じゃ、東京アンテナ工事で作成しよう!」と決断し、公認カレンダーのカメラマンだった新湯氏を招聘し、2017、2018、2019年版を3年連続で作成しています。

日本一大きいスカイツリーカレンダー(弊社調べ)は、弊社のお得意先様にだけ差し上げております。来年もよろしくお願い申し上げます。

 

2018年10月14日(日)に柴又公園で開催された平成30年度葛飾区総合防災訓練のドローン空撮動画が葛飾区の公式ユーチューブページで公開されています。東京アンテナ工事(株)が全編を編集、作成しています。

https://www.youtube.com/watch?v=RiY2ADX7Jjo

 


東京アンテナ工事株式会社ホームページ

http://www.diginet.ne.jp/