東京喰種:re97話 感想 | ★✩林檎と達磨は瓜二つ✩★

★✩林檎と達磨は瓜二つ✩★

週刊・月刊不定期更新。


テーマ:

東京喰種:re97話の感想です*


感想もネタバレになりますので、本誌未読の方は読み進まれないようご注意下さい(*・ω・)*_ _)ペコリ



しゅーほー


■□■□■□■□■□■□■□■□■

97話感想


■入見さん...


前号ラストの、わんちゃんのマスクの正体は入見さんでしたッッ(๑ ơ дơ)✧

宇井さんの暴言的な言葉は、品を持ち合わせてこその魅力だったのに、だんだん薄れていってるなあ...(´;ω;`)

この戦闘に関して、目に止まったのは、宇井さんのクインケを片手で掴んだフードの喰種...

宇井さんフードの喰種を見て『.....そうかィ』って...。

なんだか色々と考えが広がりますね✩

死んだはずの喰種が生きてたとか...
時系列わかんないけどカネキくんとか...


□ニシキ先輩・クロナvsロマ・死堪...

クロナの攻撃がある意味きいたのか、終始マヌケな表情ばかりのロマーニ...


↑↑もう死堪と同じ顔...(笑)

死堪って羽赫、甲赫の二種持ちで、特別な赫包を持ってるんですねφ(.. )

それを強みに、まだまだこちらが有利!!だと強気なロマ...

そんなロマを尻目に走り出す死堪(爆)!!

もうやだーかえるーわーーっ=333

唯一の強みが、素直に退散してくれたおかげで、ロマにだけ流れる気まずそうな空気が可笑しかったデス...(号笑)


■亜門さんvs瓜江Qs班...

瓜江くんとシャオちゃんで亜門さんに攻撃を仕掛け、トドメを才子ちゃんに任せる瓜江くん...

才子ちゃん、亜門さんを死なない程度に赫子で押さえ付け、瓜江くんに所有権を主張しますが認めてもらえず...

俺たちの仕事は何だ?...借りが
出来るたびに躊躇する気か!?

不知くんを失って、みんなで手を重ねたあの日から、瓜江くんの正義は仲間を護ること、不知くんを取り戻す事で、如何なる理由であれ敵は敵...それ以外の何者でもないんだなあ...

自らの命を投げ打って、ノロ駆逐へと繋げた不知くんの勇姿を思い返して考えると、失いたくない思いが、瓜江くんを臆病にさせてる様に見えるのですが、気のせいでしょーか...

瓜江くん優しいもんなあ...

所有権の主張も、判断を間違うなって言いたいのは解るけど、私情を持ち込んでいるのは才子ちゃんじゃなくて瓜江くんの方。

護りたい想いの強さが、仲間の想いまでも押し潰すことだってあるかも..ヨ。

今、目の前で敵として立って
いればそれは【敵】だ━━━━

むっちゃんの前で発したこの言葉が、そのまま返ってきそう...

ラストは、銀喰を亜門さんに投げ刺し、遠隔起動させる瓜江くん...

一人でここまで戦って凄いよ亜門さん...
どうか耐えてくだされ...(´д⊂)


次号、どうなっちゃうのか...

そしたらまた(╥ω╥)ノ".+*:゚+。.☆

☆ナキ★さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス