Follow My Heart

本心の赴くままに、お父様を慕いながら,亨進様をお支えできれば、、


テーマ:

インターネットを代表する情報時代の中で、正しい情報を見極めるのが、大切なことになってきました。私は、お父様のみ言葉を基に判断しながら、情報を得、学んで、、現実に、この世界を変える、いや救うことができる道を見出しながら、日々の生活で少しでも何か、貢献できるばと、教会のサポートと共に歩んでいます。


カナダにいながらも、最近は、日本、アメリカ、韓国等の動向を思うと、やはり、日本が重要になるのを感じています。 


お父様が、こよなく愛され続けた日本人、この不思議な民族には、お父様の願いを実体化できるものを与えられてる人々としかいえない、今日。




失われたイスラエルの十支族でも書きましたが、いろんな意味で、これからの世界、環境問題にしろ、経済にしろ、、、日本人が、なさねばならない役割は、大きいのを感じます。しかし、その中心には、お父様の統一思想、神様を中心とした、為に生きる思想がなければ、世界を変えるほどの力は発揮できないでしょう。




しかし、失われた十支族は、飛行機にのって、さっと、日本に舞い降りたってことはありえません。とうぜん日本の到達するまで、東アジアに足跡が残っていなければならないはずであり、たとえ、日本まで来たとしても、その一部の人々でしょう。


ある説では、ドラマの「朱蒙」でおなじみの扶余族も、イスラエルの失われた支族とも、いわれており、その子供で百済を建国した兄弟のひとり、沸流が日本に来ていたとの説もあり、お父様と日本人とのかかわりは、ずっと以前から、あったのかもしれません?




このことはどうであれ、今の世界を、良き方向に変えれるには、お父様が立てられた、神様を中心とする統一理念、平和メッセージ、家庭盟誓等であり、多くの面で、世界をリードしている優秀な日本人とが、世界の為に活躍、貢献しなければならないと感じます。







奥義の書




「それは、悪が義の前から退く時に起こるだろう。

悪は永遠に終わるであろう。

そして義が世界の基準として、太陽とともに現れ出るであろう。

驚くべき奥義を止めておくすべての者は、もはや存在しない。

この言葉は確実に実現し、この託宣は真実である。」(1章6~8節)












参考サイト(時間がある方は、あくまで参考に)




日本神話・祭祀とアジア6~夫余族とヘブライ人




http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=279938
 







死海文書のなぞ


http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Drum/8132/sikai.html
 







失われたイスラエル10支族


http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/usi.html
 













にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。