心屋仁之助さんにリブログされて

アクセス数が凄いことになり、

次も良い記事書かなくちゃと気負ってしまって

書けなくなった美麗です。


御機嫌よう。


良い記事なんて狙って書けないので

以前、書きかけていたものをアップします。


↓↓↓↓↓


3年前、ザ・シークレットという本に出会い、

引き寄せの法則を知った。


直感的に真実だと思った私は漁るように宇宙の法則や心理学、心のお勉強系のを読んだ。


たぶん200冊以上。もっとかも。


目に見えないものの話なんて怪しすぎる!

と思う反面、

私の直感は真実だと訴えてくる。


たくさん本を読んだけれど、

どれも言い回しやアプローチが違うだけで言ってることは皆大体同じ。


真実なのか、、、、?




それから人生が動き出す。



3年前、わたしはハタから見たらいわゆる

勝ち組の生活をしていたと思う。



軽井沢の大きな家に家族7人と

大型犬と一緒に仲良く暮らしている。

5人の可愛い子供達。

ポルシェに乗って、

年に数回海外旅行。

手作りのおやつに、

テーブルコーディネイト。

夫の稼ぎも申し分ない。



ハタから見たら幸せに見えたでしょう。


でも心はボロボロだった。



夫のやまない浮気、

知らない土地で5人の子供のワンオペ育児、

毎月原因不明の体調不良、


お前は体も弱いし なんの能力もないから

俺と離婚したら大変なことになる、、、

というモラ夫の洗脳。


バツイチ子持ちで結婚してもらったという

奴隷マインドが

わたしの我慢を加速させた。



うわべの話しかしないママ友しかいなかったし、

まだ小さかった子供達の育児、

私自身の体調不良、、、



それでも評価されたくて、

この家庭を壊したくなくて、

わたしが我慢すればいい、

わたしがもっと頑張れば問題ない、、

そう信じていた。



夫に浮気されたら、

わたしが至らなかったと言っては

さらに尽くす。


いつも小綺麗にして、

子供が5人いるとは思えないくらい

家が綺麗に片付いて、


愚痴は言わない、

泣き言も言わない、

夫と喧嘩もしたことない、

いつもニコニコ、、、


今考えたらサイボーグみたい。苦笑


とにかく心を殺して生きていくしかないと

本当に信じていた。



今思えば、たびたび起こる体調不良も、

心のSOSだったのだ。



当時の私はそんなことには気付くはずもなく、

体調不良はただただ嬉しかった。



高熱が出たり(微熱なら動かざるを得ないから)、

吐いたりしたら 大手を振って休めるから

嬉しかったのだ。


休む大義名分ありがとう。


そうこうしてるうちにある日、血を吐いた。





続く(気が向いたら書きます)