True Harmony with Green〜植物からの贈り物〜

True Harmony with Green〜植物からの贈り物〜

フラワーエッセンスや数秘術を使ったカウンセリング、
ワークショップを通して、いのちが発動するお手伝いを
させてもらってます。

いのち輝く生き方を!
その人の本質やいのちが発動するための、様々なサポートを提供させてもらっています。

・フラワーエッセンス カウンセリング
・数秘術&タロットリーディング カウンセリング
・庭やベランダのカウンセリング
・講座、ワークショップ、各種開催

フィールドワーク 代表・細田 美雪
お問い合わせはこちらまで
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/7019

5月の上旬にネモフィラの花畑に行ってきました。

場所は東京・立川市の昭和記念公園です。

 

 

 

真っ青な花畑は、まるで海のよう!

風に揺れて、優しいさざ波のようでした。

 


 

そんな青の海の中を歩いていると、

体中が優しく淡いブルーに包まれていくようです。

静かな幸福感で満たされていく感じでした。

 

 


ネモフィラは、

北米のフラワーエッセンス(FES)に入っている

「ベイビーブルーアイズ」でもあります。

 

 

「赤ちゃんの青い瞳」という名の通り、

無邪気な赤ちゃんのように、
魂の本来の純真さと

子供のような信頼感を回復するのを

助けてくれるエッセンスです。

 


 


 

たくさんの毛に覆われた葉や茎は触るとモフモフの柔らかさ。
それはなんとも言えない安心感をもたらす触感です。

 

一つ一つの花ははかなげで、弱そうなのだけど、

群落になると、

それは一つの大きな存在感を放ちます。

 

 

ベイビーブルーアイズは

父親との関係性にまつわるエッセンスです。

 

子供の頃に父親から支えてもらえなかった経験が、

基本的な安心感の喪失と繋がっているというもの。

 

一番身近な大いなる存在、

自分を保護してくれる存在であるはずの父親が

不在であったり、関係性が希薄だったりすると、

その子は思うのです。

 

「世界は安心できる場所ではないのだ」

「私は愛され支えられる存在ではないのだ」

 

人はたくさんの思い込みから、

自分の世界を狭め、

曇らせてしまうものです。

 

純粋無垢な意識で生まれてきて、

そこから沢山の経験を経て、

重しや制限のある世界を形作っていきます。

 

そしてまた、人生が成熟していく中で、

今度はその制限を一つひとつ外して、

生まれたときのピュアな自分へと還っていくのです。

 

泣いたり、笑ったりしながら、

そんな過程を楽しんでいるのかもしれません。

 

 

 

実際のネモフィラを目の前にすると、

不安や嘆きは吹き飛びます。

 

柔らかな葉や茎は強く手折れば

簡単に折れてしまうけれど、

それでもこの花の柔軟さ、健やかさは

決して失われないのです。

 

 

もっと信頼してごらん。

赤子のように、

素直に純粋に、

たくさんの光を受け取って、

健やかに育っていいんだよ。

 

そんなメッセージが浮かびます。

 

 

そして、誰の中にもある「父」という原型のイメージは、

大きな海のような存在であったり、

ゆったりと包み込んでくれる愛であったりするのかもしれません。

 

そうは言っても、

父親も一人の不完全な人間であり、

弱さも愚かさも情けなさもあったりします。

 

それは多くの子供たちが大人になった時、

自分に重ね合わせ理解することかもしれません。

 

それでも、やっぱり自分の中の幼い私は求めるのでしょう。

海のような父親の存在を。

 

たとえそれが幻想だとわかっていてもね。

 

 

その思いを実の父親に満たしてもらうことは

一生叶わないことかもしれません。

 

それでも、深い意識の根底にある父への渇望、

それを花に満たしてもらうことはできるかもしれません。

 

ネモフィラの海を歩いていた時の

あの感覚は、確かに大きな何かに守られ、

委ねられた時間でした。

 

そして、それほどの願いを持っていたと

自分自身が認めることで、

癒しは進むのかもしれません。

 

変わらぬ過去を嘆くよりも、

今ここから自分の願いを認め、

満たしていってあげよう。

 

ネモフィラ畑でそんなことを思ったのでした。