会社の常識は世間の非常識 | 南国の知財兼法務屋

南国の知財兼法務屋

仕事や趣味のこととか気の向くままに書いてます


テーマ:

良くも悪くも。

 

ウチは一流企業でもいわゆる大手企業でもない。

 

社員も、そこまで意識が高い人間は入ってこない(当然、私も含む)。

 

だもんで、いわゆる一流とされる世界を垣間見ては、ウチはバカばっかり、なんて言っちゃう人間も結構多い。

 

私も、たまに凄くさばけない人間を見るとそう思ってしまうこともある。

 

でもねえ・・・それでも、世間からすると結構まともな人間が多い気もするんだわ。

 

少なくとも、下記記事のアンケート女のようなクズはいない。

 

迷惑電話

https://ameblo.jp/tropical-ip/entry-12296146838.html

 

まあこんなのいたらヤバいがなw

 

それに、何だかんだで頭も良いと思うわ。

 

私が仕事で接するのって、大体は弁理士会とか知財協とかなんで、まあそういうとこは当然、一定以上のレベルの人しかいない。そこと比べると、会社の人間は意識も知識も低いようにも感じてしまう。

けど、そういうのは極一部の世界なんだよね。

 

仕事とは全然関係無いとこで知り合う人を見ると、こちらの想定以上に頭が悪くて、コミュニケーションが困難だったりする(すまん)。

それと比べると、ああウチの会社の人間って結構頭良いのが揃ってたんだなあ、って気付かされる。

 

良くも悪くも、会社の中での当たり前は、世間の当たり前ではないってことやな。まあ当たり前のことなんだけどね。

 

(追記)

そういえば仕事関係でも凄え頭悪い人いたわ。

ここに書きたいところだが、色々と問題が起きたらいかんので、涙を呑んでやめておきます。

今のところ当ブログは1記事につき1円ぐらいしか収益になってないので、いくら面白くてもリスクがある内容は避けざるを得ません。

チョビやんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス