YPJ-R trkw3196ver. | 町田の自転車店 鶴川サイクルの独り言

YPJ-R trkw3196ver.

おはようございます。

今朝は曇りから雨の予報でしたが、起きて天気を見ながら、乗るか乗らないかは判断しようと思い、いつも通りに起床。

降っていなかったので、準備をするも降り出していたので、年末の忙しい時期に風邪でもひいたら、周りに迷惑をかけるかも?と思い、断念しました。

結果論ですが、乗れましたね。

判断ミスでした。

今はポツポツ程度ですが、降っていて、一日中こんな感じのようです。


さて、金曜日に入荷し、うちのかみさんや試乗したい方が気軽に乗れるよう、

ドロップハンドルからフラットバーに交換した、YPJ-Rあらため、

YPJ-R TRKW3196ver.が完成しました。


{CD3FFFE0-BDF3-4098-AA80-3362417F0E62:01}

ドロップだと乗ってみようかな?と思える方が少なく限定せざるを得ませんが、

フラットバーにすることで、よりすそ野を広げられると思います。

マウンテンバイクが東京モーターショーにも出品されていたようですが、

その発売時でもその前にでもスピードクロスをお願いしたいところです。

以前にもブログで書きましたが、ドロップともうひとつ、

フラットバーでコンポーネントをSORAあたりにして

20万円を切るくらいのところにで2車種を一緒に出してくれるとよかったのに!!と

今でも思います。

そのようなことも考えながら、ハンドル周りを交換しましたが、

完成車は、



カッコイイです。

{3EA14AD3-0A1B-4746-A8D6-A4D0906024A0:01}

(写真にはバッテリーが付いていません。申し訳ありません)

かみさんとのサイクリングは、私はロードまたは29er、かみさんは電チャリなのですが、

平坦では、かみさんが私についてこれないし、坂を登り始めると私がついていけない。

その繰り返しでお互いがストレスを抱え、気持ちよく走る場面が少なく、

中途半端なストレス発散になってしまっていました。

かといって、このYPJ-Rそのものではドロップハンドルが怖いだろうなあ?とも。



そんなことで私たちは時々しか一緒に走ることがですが、

もっとご夫婦で自転車を楽しんでる方は多く、

女性もロードバイクやクロスバイクで頑張ってらっしゃる方も多くありますが、

一歩を踏み出せない方も少なくないと思います。



そんな方に、このYPJ-R trkw3196ver.は最適です。

ハンドル周りを交換するとプラス2万円程度かかりますが、

フラットバーでスポーツバイクに慣れていただき、

後日、ドロップハンドルに戻すことも可能です。

当店は、YPJ-Rにピンときた方、フラットバーでならチャレンジしてみたいというお客様と

長~いお付き合いをさせていただきたいので、この作業は工賃無料で、交換作業をさせていただきます。



長くなりましたが、電動アシスト自転車ではなく、

アシスト機能付きロードバイクのYPJ-R。

皆さんに乗りやすい仕様のYPJ-R trkw3196ver.。

まずは一度、試乗に来てください。

もちろん、無料ですから。




{9BE425CD-9257-4FDE-97AB-089994DFC5F5:01}