【体操】【縄跳び】格段に上手くなっている年長さん | 【表現力は手段。ゴールは真の自立】大門式表現力アカデミー

【表現力は手段。ゴールは真の自立】大門式表現力アカデミー

個性的な子、特徴のある子、気質が強く出ている子、HSCの子などが表現力とコミュニケーションスキルを学んでいます。自分らしくいられるので、当アカデミーに来ると、みんな笑顔です。子供も大人も、自分の生きる道を堂々と歩んでほしい、と願って運営しています。


表現力は100倍人生を豊かにします。 

表現が変われば、未来が変わる!

人生の「ここぞ!」に表現力を活かそう!

 

 

大門式表現力アカデミー/ トリッピー表現力教室の大門まきです。

 

 

その人の良いところを見つけて、

それをのばしていく、個別対応のスクールです。

 

 

------------


表現力マンツーマンレッスンは、

個別に、今の課題や、その子のやりたいことをやることが多いのですが、

今回は、縄跳びをやりたいという年長さんの要望で、

縄跳びをレッスン内で教えました(^^)



とてもやる気のある子なのと、

理解度も高いので、

すぐにコツをのみこんでくれて、


回したら、縄を跳ぶ、というルールは、

すぐにできるようになりました!




前回はここまでやったので、

今回は、次のステップへ。



この基本ルールは、その後も家でやってくれていたようで、

レッスン時よりも上手になっていました!!!


やる気がすごい!!




今回は、連続して縄を回すことを伝え、

練習しました。



跳んだら、すぐ縄を回す!というルールを追加です。



子どもは、跳んだ後で、すぐに縄をまたすぐに後ろから前へ回すことを、

忘れる?というか、時差ができてしまうので、

連続跳びがなかなか難しいようです。



スピーディーに回していくことを伝えました。



練習していくと、

徐々に、縄を回すスピードが上がってきていたので、これに慣れていくと、

リズム感が出てきて、

スムーズになるかなと思います!




親御さんにも伝えましたが、

・体力(脚力)がなくなってくるので、10分から15分で、一旦終わりにすること。

ジャンプを見ていたら、疲れてきて、無意識に足の指が床にグキッと当たっていたりして、足を痛めてしまいそうだから。


・縄は、跳びやすい縄跳びと言うのがあるので、それを使うこと。今回は、トリッピーでお勧めしたものを購入してもらいました。

ビニールのフニャフニャになる縄跳びでは、

最初は、なかなか跳べるようにはならないのです。めちゃくちゃ引っかかって、テンションが下がり、モチベーションを再びあげるのが大変。




これらは、

親御さんとの約束です。



どうしても、オーバーワークさせてしまう傾向にあるので、

ほどほどにしてね、とお伝えしました。


それ以外のことに、響くほうが困るので。







ーーーーーーーーーーーーーー

 

舞台「ゴミが見える!」WEB紙芝居を作りました!

ナレーションを担当しています。よかったら、youtube見てみてね。

▼「ゴミが見える!」WEB紙芝居動画。

https://youtu.be/YfCBPVdpzqY 

 

 

●大人のトリッピー表現力教室である「大門式表現力アカデミー」スタート✨✨

子育て中の方、子どもに教えている方、子どもの発言を引き出したい方向けの講座です。

・講師養成講座 第二期生の募集は、2021年秋予定。

 

 

●子どもたちの未来を一緒に創りませんか?自分の気持ちや困っていることを伝える表現力があれば、

自立して生きていけると思っています。

誰かに「助けて」と言えて、「どうしたの?」と相手に言える思いやりのある子を育てていきたいと思っています。

相手をよく感じて、世界が何を求めているのか?洞察力と想像力を高め、

そこに、自分らしい表現でアウトプットする。

トリッピーには、個性豊かな様々な人たちが生徒としてやってきます。

そんな子たちと同じ目線で、子どもたちから多くを学べます。

トリッピーの理念に共感してくださっている方で、トリッピーにJOIN INしたい方、修業したい方、お問合せください。

お申し込み | トリッピーキッズ (trippi-kids.com)